ニュース
» 2022年07月13日 14時30分 公開

キングジムのデジタルメモ「DM250」はどこが進化したのか真っ白なポメラが登場するも(1/3 ページ)

キングジムは、同社製デジタルメモ端末「ポメラ」シリーズの新モデル「DM250」を発表した。2016年に発売された「DM200」から約5年9カ月ぶりとなる新モデルは何が変わったのだろうか。

[渡辺まりかITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 キングジムは7月12日、テキスト入力に特化したデジタルメモ「ポメラ」の新製品「DM250」を発表した。これは、前モデルの「DM200」から約5年9カ月ぶりとなる新しいポメラだ。

 発売は7月29日の予定で、価格は6万280円(税込み、以下同様)となる。公式オンラインショップではDM250の発表を記念して、ホワイトモデルを250台限定で販売開始したが、既に完売となった。

Pomera DM250 ポメラ キングジム 久々の新モデルとなったポメラ「DM250」。ボディーカラーはダークグレーとなった
Pomera DM250 ポメラ キングジム ホワイトボディーのDM250。こちらは製品名にちなんで限定250台での提供となったが、既に完売している

ボディーサイズは従来モデルを継承しつつ中身をグレードアップ

 DM250は、折りたたみ式ではない一枚板タイプのキーボードと、1024×600ピクセル表示に対応したバックライト付き7型TFT液晶を備えたデジタルメモツールだ。

 ボディーサイズは、約263(幅)×120(奥行き)×18(厚さ)mmとDM200と同じで、重量は公称で約620g、実測でも621gとDDM200の約580gから重くなった。

 とはいえ、バッテリー駆動時間は約24時間に(前モデルでは約18時間)、1ファイルの保存文字数は20万字へ(同10万字)とスペックアップしている。同時に、本体メモリは1.3GB(DM200では128MB)となった。対応するSD/SDHCメモリーカードの最大容量は、それぞれ2GB/32GBのままだ。

Pomera DM250 ポメラ キングジム 初期状態のメモリ容量

 前モデルはMicro USB端子だった充電ポートも、本モデルではUSB Type-C端子に変更されたため、バッテリー容量が増えたにもかかわらず、充電スピードが約4時間(同約5時間)へと短縮している。バッテリーの充電状態を確認するためのLEDランプが追加されたのもトピックだ。

Pomera DM250 ポメラ キングジム 充電用のUSB Type-C端子は左側面にある。バッテリーの充電状態を確認できるLEDランプが追加され、オレンジが充電中、緑(後、消灯)が満充電、赤は充電を要する状態だ
Pomera DM250 ポメラ キングジム 付属するUSB Type-C→USB Type-Aケーブルと小型のACアダプター。出力は15Wで、重量はACアダプターが実測45g、ケーブルが40gとなる

 ボディーカラーは、DM200のブラックから柔らかな印象のダークグレーへと変更されたがキートップの色は黒のままのため、ボディーとのコントラストで入力ミスを防げるようになったという。

Pomera DM250 ポメラ キングジム ビジネスシーンにふさわしい落ち着きと品位を保ちつつ、柔らかさを兼ね備えたダークグレーカラーを採用する。手の油脂が目立ちやすいのは従来モデルと同様だ
Pomera DM250 ポメラ キングジム ホワイトモデルも天面部分はフラットだ

キー入力の静音化を実現 ユーザーインタフェースも改良

 入力と最も密接な関係のあるキーボード回りについても触れておこう。

 キー配列はJIS配列で、キーピッチは約17mm(キートップのサイズは縦が約12mm、横が約13.5mm)、キーストロークも約1.2mmを確保する。キー入力時の音も静音化され、カチャカチャという音を抑えて“しっとり”とした入力環境を実現した。

 前モデルで初めて搭載された「ATOK for pomera[Professional]を強化し、漢字変換前の読み仮名や、うろ覚えの慣用句を間違えて入力したとしても、入力システム側でそれを指摘した上で自動訂正したり、確定アンドゥの連続使用などをサポートしたりしている。

Pomera DM250 ポメラ キングジム キーピッチは約17mmあり、余裕でタッチタイピングが行える。キートップの印字も可読性の高いAXISフォントになった
Pomera DM250 ポメラ キングジム 自動変換するが、誤りを指摘してくれるため、自分の日本語力アップにもつながりそうだ

 新たにゴミ箱やバックアップ領域を用意することで、オートバックアップ機能を備えたり、誤ってテキストを上書きしたり削除したりしても、以前のバージョンに戻したり、削除してしまったテキストファイルを復旧させられるようになった。さらに、1ファイルあたりの保存可能文字数も20万文字(従来は10万字)まで増加した。

 正規表現でのテキスト検索機能も行え、台本や脚本などの執筆に便利なシナリオモードが加わった他、作成中テキストの文字数やバッテリーの残量を、画面下部のバー内に常時表示しているのも変更点だ。

Pomera DM250 ポメラ キングジム 前モデルでも縦書きモードやアウトラインモードを搭載していたが、新たにシナリオモードを追加。記号入力で「シーンエリア」「セリフエリア」を区切れる上、発言者名などが上段に表示される
Pomera DM250 ポメラ キングジム 文字数やバッテリー残量も常時表示される

 続いて、ユニークなキー設定機能を見ていく。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年02月23日 更新
  1. デルのプレミアムノートPC「XPS」に2024年モデル Core Ultraプロセッサを搭載してパワーアップ (2024年02月21日)
  2. マウス、Core i7+RTX 4070搭載ミニタワー型ゲーミングPCを約7万円引きで販売 (2024年02月21日)
  3. トラックパッド付きで実売1万円台後半! 保護性能もピカイチな第10世代iPad用のUAG製Bluetoothキーボードケースを試す (2024年02月22日)
  4. スマートホームを一括管理できるコントロールパネル「Amazon Echo Hub」登場 Amazon.co.jp限定販売で2万5980円 (2024年02月21日)
  5. もっと早く知りたかった? 壁面の照明スイッチにボットを簡単取り付けできるオプション2製品を試す (2024年02月20日)
  6. アイロボットが「ルンバ」のサブスクサービスを刷新 サブスクマニアも絶賛するその内容は? (2024年02月22日)
  7. 電源ユニットが続々! 奥行き210mmの1600W電源&ファンレス500W電源がSea Sonicから登場 (2024年02月23日)
  8. デル・テクノロジーズがKITTE丸の内にポップアップストアを開設 約90種類のPCやアクセサリーを手に取って試せる! (2024年02月22日)
  9. リンクスがBlackview製12型Androidタブレット「Blackview Tab18」の国内取り扱いを開始 (2024年02月22日)
  10. “40年前の名機”をオマージュした「AYANEO Retro Mini PC AM01」をセットアップした (2024年02月21日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー