ニュース
» 2019年06月01日 12時12分 公開

週末アキバ速報:400GB microSDXCカードが7000円切り! グラフィックスカードもピンポイントで値下がり中 (1/2)

SanDiskの400GB microSDXCカード「SDSQUAR-400G」が税込み6880円となるなど、相変わらずフラッシュ系メモリがお買い得だ。

[古田雄介,ITmedia]

 テクノハウス東映で今週末に目立っているのは、SanDiskのA1対応400GB microSDXCカード「SDSQUAR-400G」だ。3万2000円前後(税込み、以下同)で登場した2017年11月から値下がりが続くモデルで、今週末にはついに7000円を割り6880円となった。

「それでも売れ筋は200GBですね」――テクノハウス東映

 同店は「なかなかのインパクトだと思います。ただ、それでも売れ筋は200GBモデルですね。容量単価の差というより、200GBで十分と感じている人が多いのかなという気もします」と話していた。

 同じ「Ultra microSDXC UHS-1 Card」シリーズに属する200GBモデルもSDメモリーカードアダプタが付属しない「SDSQUAR-200G-GN6MN」が2980円となっており、目玉と目されている。

SanDisk SanDisk「SDSQUAR-400G」
SanDisk テクノハウス東映の価格表

 なお、メモリカード類ではLexarのSDXC/SDHCカード「Professional 1000x」シリーズが現行体制で再び売られるようになっている。256GB、128GB、64GB、32GBの4モデルがあり、同店の価格は順に8780円、5780円、3380円、2300円となる。「懐かしいと思われる方も多いと思います。これから安定して買えるようになるといいですね」

SanDisk Lexcer「Professional 1000x」シリーズ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう