ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「新規格」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新規格」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

SAP、弥生など5社、社会的システムのデジタル化研究会を発足、2020年内に「電子インボイス」の標準規格策定へ
SAPジャパン、弥生など、会計ソフトを手掛ける5社が「社会的システム・デジタル化研究会」を発足し、「社会的システムのデジタル化による再構築に向けた提言」をまとめた。手始めに、2020年内年内に「電子インボイス」の標準規格を策定し、2021年にシステム開発に着手する。(2020/6/26)

「スマホで身分証明」規格案、国際審議始まる 22年の標準化目指す
スマートフォンなどに身分証明書機能を搭載する国際的な規格策定に対し、日本が提出した案について国際標準化の審議が始まった。規格が定まり、対応するデバイスが普及すれば、スマホを使った本人確認の精度や信頼性が高まる他、“デジタル運転免許証”や“デジタルパスポート”などが実現する可能性がある。(2020/6/22)

米政府、Huaweiとの国際規格議論を容認 先進分野での出遅れ懸念
米商務省は、中国Huaweiが参加する国際的な標準規格策定に向けた議論に、米企業が参加することを認めると発表した。これまではHuaweiと米企業の共同作業を禁じていたが、先進分野に関する規格策定で指導的立場を確保したい考え。(2020/6/17)

オーディオ、動画を1本のケーブルで:
PR:車載情報ネットワークをシンプルにする新規格「INICnet」とは
INICnetテクノロジを使うと、ハードウェアとソフトウェアを追加せずに複数のオーディオおよびビデオチャンネルを並列、高品質、低レイテンシで伝送できる。加えて、Ethernet/IPチャンネルによりOTA(Over The Air)を含むソフトウェアのダウンロードと診断を可能にする。さらに、車載ネットワークの他の部分とのシームレスな接続を可能にする。しかし、既に各種規格が混在する車載ネットワークに、なぜ新たなオープン規格が必要なのか――。INICnetを解説する。(2020/5/20)

「LAN」新規格の動向【中編】
“10Gbps”を目指す無線LAN規格「IEEE 802.11be」とは? センサー機能も搭載
IEEEは無線LAN規格「IEEE 802.11ax」に続く新規格「IEEE 802.11be」の標準化を既に進めている。これまでになかった無線LANの用途を実現するというIEEE 802.11beの機能を見てみよう。(2020/4/3)

「LAN」新規格の動向【前編】
無線LAN新規格「IEEE 802.11ax」の標準化が6年たっても終わらない理由
IEEEは新規格の標準化に何年もの時間をかける。無線LAN新規格の「IEEE 802.11ax」は、ドラフト版に準拠した製品が登場しているが、標準化は完了していない。なぜそれほど時間がかかるのか。(2020/3/28)

ウエスタンデジタル iNAND MC EU521:
新規格UFS 3.1準拠の組み込み型UFS
Western Digital(WD)は、組み込み型UFSの新製品「iNAND MC EU521」を発表した。JEDECの新規格「UFS 3.1」に準拠した書き込みブースター技術により、スマートフォンの5Gモバイルアプリケーション向けに最適化している。(2020/3/12)

Nordic LE Audio Evaluation Platform:
Bluetooth LE Audio製品向けの評価ソリューション
Nordic Semiconductorは、Bluetoothオーディオの新規格「LE Audio」用製品に対応した評価ソリューション「LE Audio Evaluation Platform」を発売した。オーディオソースなどのソースでも、オーディオ再生などのシンクでも動作する設計となっている。(2020/2/25)

FAニュース:
産業用ネットワーク「M-4」対応のACサーボドライブとマシンコントローラー
安川電機は、新規格の産業ネットワークM-4対応のACサーボドライブ「Σ-7」シリーズと、マシンコントローラー「MP3000」シリーズの販売を開始した。伝送効率の改善などの機能強化により、データ通信量の増大を図る。(2020/2/17)

太陽光:
球状太陽電池のJIS規格を策定へ、発電する窓や布製品の市場創出を支援
日本産業標準調査会(JISC)が実施している「新市場創造型標準化制度」の活用案件として、球状太陽電池の製造販売を手掛けるスフェラーパワー(京都市)の提案を採択された。これにより球状太陽電池の国内標準(JIS)化に向けた検討あスタートする。(2020/2/7)

いまさら聞けないumati入門(3):
「umatiとはUSBのようなもの」キーマンに聞くumatiの最新仕様と将来像
工作機械の共通インタフェースとして注目を集める「umati」。「umati」とはどういう規格でどう活用すべきかを紹介してきた本連載だが、第3回は「umati」の規格策定を進める組織の中核を担うアレクサンダー・ブルース氏へのインタビューの内容をお伝えする。(2020/1/10)

無線LANはWi-Fi 6よりも「IPv6ブースト」が狙い目:
PR:「IPv6ブースト」って何だ? アイ・オー・データ機器のWi-Fiルーターがインターネットを加速する
無線LANの新規格Wi-Fi 6が話題を集めている。しかし、インターネット回りの高速化は他にも手がある。その1つ、アイ・オー・データ機器が手がける「IPv6ブースト」に注目した。(2019/12/5)

7nm対応のSRAMやTCAMなどを追加:
ルネサス、IPライセンスビジネスを強化
ルネサス エレクトロニクスは、IP(Intellectual Property)ライセンス事業を拡充する。最新プロセスや新規格に対応したIPを追加し、顧客への提供を始めた。顧客の半導体開発を支援するためのサービスも新たに開始した。(2019/10/30)

「5G」との兼ね合いは
「Wi-Fi 6」認証プログラム始動も、オフィスでの導入は限定的? その理由は
「Wi-Fi 6」準拠品の相互運用性を保証する認定プログラムがスタートし、この新規格が広く普及する準備が整った。ただ、企業ユーザーにとっては注意すべき点もある。(2019/10/16)

FAニュース:
工場内の複数無線通信を安定化させる新規格、技術仕様の策定完了
複数の無線システムが混在する環境下でも安定した通信を実現するための規格策定と標準化に取り組む、フレキシブルファクトリパートナーアライアンス(FFPA)は2019年9月24日、必要な通信規格の技術仕様策定を完了したと発表した。(2019/9/25)

USBの次世代規格「USB4」の仕様を正式発表 Type-Cで40Gbps伝送が可能に
USB規格の管轄団体USB Implementers Forum(USB-IF)は、USBの次世代規格となる「USB4」の仕様表を公開した。端子形状はType-Cで、最大伝送速度は40Gbpsに上るという。(2019/9/4)

産業オープンネット展2019特別企画(MECHATROLINK協会):
PR:現場革新を実現するMECHATROLINK、産業オープンネット展で次世代規格の魅力を訴求
スマート工場化など工場内でのデータ活用に関心が高まる中、現場に近い領域でのデータを活用するため産業用ネットワークに注目度が増している。そのうちの1つに、MECHATROLINK協会が推進する新規格「MECHATROLINK-4」と「Σ-LINK II」がある。(2019/8/27)

「Wi-Fi 6」の本領【後編】
「Wi-Fi 6」の本当のすごさは“速さ”ではなかった? その真価とは
製品認証プログラム「Wi-Fi 6」と共に知られる無線LAN新規格の「IEEE 802.11ax」は、そのスループットに大きな注目が集まっている。しかしこの新規格の魅力は、それだけではない。(2019/8/22)

「Wi-Fi 6」の本領【前編】
「Wi-Fi 6」無線LANルーターの速度が宣伝通りにならない“納得の理由”
無線LANのデータ伝送速度は仕様通りには実現しないことがほとんどだ。これは製品認証プログラム「Wi-Fi 6」と共に知られる新規格の「IEEE 802.11ax」にも当てはまる。その原因は何だろうか。(2019/8/14)

市場には準拠品が登場
「IEEE 802.11ax」が“期待外れのIEEE 802.11ac”とは違うこれだけの理由
「IEEE 802.11ax」と「IEEE 802.11ac」を比べた場合、新しい規格である前者のメリットは大きい。製品認証プログラム「Wi-Fi 6」と共に知られるこの新しい規格には、どのような新機能を期待できるのだろうか。(2019/8/5)

無線LAN市場の今【前編】
「IEEE 802.11ac」が無線LAN市場を席巻 新規格「IEEE 802.11ax」との違いは
企業が無線LANインフラのアップグレードを進める中で、無線LAN規格「IEEE 802.11ac」は企業向け無線LAN市場の成長に重要な役割を果たした。次世代規格「IEEE 802.11ax」はどうなるだろうか。(2019/7/23)

ワイヤレスジャパン 2019:
Wi-SUN FAN対応の無線モジュールなどを紹介
Wi-SUNアライアンスのメンバー各社は、「ワイヤレスジャパン 2019」で、新規格の「Wi-SUN FAN」に対応するICや無線モジュール、評価パッケージ、ゲートウェイ装置などを紹介した。(2019/6/5)

FAニュース:
ロボットサービスの安全マネジメントに関する新規格を制定
産業技術総合研究所がまとめた「サービスロボットを活用したロボットサービスの安全マネジメントシステムに関する要求事項」が、JIS規格「JIS Y 1001」として制定された。 (2019/6/4)

ASUS、Wi-Fi 6に対応したゲーミング無線LANルーター「ROG Rapture GT-AX11000」
ASUS JAPANは、次世代規格のWi-Fi 6をサポートしたゲーミング無線LANルーター「ROG Rapture GT-AX11000」を発表した。(2019/5/31)

準拠品は徐々に増加
ドラフト版でも「Wi-Fi 6」の無線LAN製品を買うべきなのか?
ネットワークベンダー各社が新しい無線LAN規格「Wi-Fi 6」に準拠したデバイスを発表した。ただし同規格はまだIEEEで承認されていない。この無線LAN新規格への適切な投資タイミングとは。(2019/5/13)

Wi-Fiセキュリティ新規格「WPA3」の脆弱性、対処するソフトウェアアップデートが公開
Wi-Fi Allianceは、2018年に発見されたWi-Fiセキュリティの新規格「WPA3」の脆弱性に対処するためのソフトウェアアップデートが公開されたことを明らかにした。(2019/4/12)

組み込み開発ニュース:
安心安全なグラフィックスAPIの仕様策定のため、新ワーキンググループを設立
クロノス・グループは、Vulkan GPUアクセラレーション向けにオープンでロイヤリティ不要のAPIの新標準を策定するため、「Vulkan Safety Critical」ワーキンググループを設立する。次世代自動車ディスプレイなどに高い安全性と信頼性を提供する。(2019/3/18)

FAニュース:
TSN対応FA製品が市場投入へ、三菱電機が「CC-Link IE TSN」対応102機種を5月に
三菱電機は2019年3月7日、産業用ネットワークの新規格「CC-Link IE TSN」に対応したFA製品群102機種を発表した。2019年5月から順次製品投入を開始する。(2019/3/11)

MWC19 Barcelona:
「microSD Express」は転送速度最高985MB/秒 スマホやドローンでの4K動画撮影などに
SD Associationが、新規格「microSD Express」を発表した。転送速度が最速985MB/秒で、スマホやドローンでの4K動画撮影、VRゲーム、IoTなど、高速で大容量データを扱う分野での活用を見込む。(2019/2/26)

既存のFC SANでも利用可能
NVMeの最新標準「NVMe over Fibre Channel」とは何か?
「FC-NVMe」とも呼ばれる新しい標準が公開された。ファイバーチャネルSANによるパフォーマンスの遅れをこの標準がどの程度軽減するかは、これから数カ月の動向を見守る価値があるだろう。(2019/2/20)

フルハーネス徹底解剖!:
PR:全ラインアップが新規格に適合済み、3Mのフルハーネスがプロに選ばれる理由
1940年に世界初のハーネス“安全ブロック”の特許を取得して以来、墜落防止ソリューションを世界中で80年近くも提供してきた3M。2019年2月1日のフルハーネス義務化と、新構造規格の告示に合わせて、日本法人のスリーエム ジャパンが発売する全モデルは、既に新しい規格への対応を済ませている。3Mのフルハーネスが、なぜ世界の建設現場で選ばれているのか?日本向けフルハーネス開発者へのインタビューを交え、徹底解剖する。(2019/2/19)

5Gの展開には課題もまだ多い:
関心がイマイチ高まらない5G、予測不能な6G
セルラー規格は、約35年間にわたる歴史の中で、3GPP(3rd Generation Partnership Project)が規格策定において先導的な役割を担うようになってから、予測可能な道のりを進んできた。だが、「6G」に関しては、予測が難しい状況にある。(2019/2/15)

IEEE 802.11axは何をもたらすのか(前編)
新高速規格「IEEE 802.11ax」が解決する無線ネットワークの課題
接続端末の増加や用途の変化により、無線ネットワークにはさまざまな課題が生じている。これらを解決しつつ高速な通信を実現すると期待されているのが次世代規格「IEEE 802.11ax」だ。(2019/2/14)

フルハーネス義務化で何が変わる?:
2月1日から建設業で5m以上の高所は“フルハーネス原則化”、新構造規格への適合も
高所作業での“フルハーネス型”墜落制止用器具(旧名称:安全帯)の原則使用などを盛り込んだ改正政省令が2019年2月1日施行し、建設業では5m以上の高所作業でフルハーネスの着用が求められる。同日には、安全帯の規格を改正した「墜落制止用器具の規格」も施行され、一定の措置期間を経て、新規格に適合しない墜落制止用器具は2022年1月2日以降、メーカーや代理店は販売することができなくなる。(2019/2/1)

IoT時代の課題を解説
無線LAN新規格「IEEE 802.11ax」「11ah」はなぜ必要か
接続デバイス数の増加や利用シーンの多様化によって新たな課題が浮上する無線LAN。新規格の「IEEE 802.11ax」と「IEEE 802.11ah」がその課題をどのように解決できるのか説明する。(2018/12/27)

ASUS、IEEE 802.11axにドラフト対応した無線LANルーター「RT-AX88U」を発表 最大通信速度は4804Mbps
ASUS JAPANは、次世代規格のIEEE 802.11axにドラフト対応した無線LANルーター「RT-AX88U」を発表した。(2018/12/21)

ITの教室:
【USB】第6回 USB充電を大きく変える新規格、USB PDとは?
USBは、さまざまな機器で電力供給のために利用されている。スマートフォンなどの充電にもUSBが利用されているのはご存じの通り。しかし、このような使い方は当初想定されていなかったものだ。そこで、新たにUSBの電力供給の仕様「USB Power Delivery」が作られた。今回は、この「USB Power Delivery」について解説する。(2018/12/14)

CC-Link協会:
スマート工場の構築を加速する「CC-Link IE TSN」の仕様策定が完了
CC-Link協会は、イーサネットベースの産業用オープンネットワーク「CC-Link IE」の次世代を担う新規格「CC-Link IE TSN」の仕様策定が完了したことを発表した。(2018/11/30)

産業用ネットワーク:
PR:FAとITを“真の融合”へ、異種プロトコルも通すCC-Link IE TSNの真価
スマート工場化への取り組みが加速している。しかし、その中で課題となっているのが工場内に存在するFAシステムとITシステムの融合の難しさである。工場内に存在する連携不能なシステムからどう一元的にデータを吸い上げるのか。その先でどう融合を進めていくのか。これらの課題解決に貢献する産業用ネットワークの新規格が発表された。「CC-Link IE TSN」である。(2018/11/28)

Baicells Japan、sXGP専用スマホ「BaiPhone-Q8001」発表 法人向けに2019年3月発売予定
Baicells JapanはTD-LTE Band 39(1.9GHz帯)をベースとした無線技術「sXGP」専用スマートフォン「BaiPhone-Q8001」を発表。5.72型のフルHD液晶とデュアルSIMを搭載し、sXGPとWCDMAに対応した新規格アンライセンスドLTEを利用する。発売は2019年3月を見込んでいる。(2018/11/21)

組み込み開発ニュース:
ロボット用フレームワーク向け通信規格「DDS-XRCE」の通信実証に成功
ルネサス エレクトロニクスは、同社の「RX65N」マイコンにロボット用フレームワークの次世代規格「ROS 2」向け通信規格「DDS-XRCE」を実装し、ROS 2の通信実証に成功した。(2018/11/14)

フルハーネス型安全帯のグローバルスタンダードとは?:
PR:40年間の開発を通じて、世界の現場で支持されてきた“3Mのフルハーネス”
2019年2月1日から、建設工事で5m以上の高所作業では、フルハーネス型安全帯の使用が義務化される。これに伴い、性能規格の改正も予定されており、これまで日常的に使われてきた「胴ベルト」はもちろん、新規格に沿わないフルハーネスの使用は2022年1月2日以降、全面禁止されることになる。国内最大規模の安全衛生保護具の展示会「緑十字展」でも多くのメーカーがフルハーネス型安全帯を出展していた。その中でも、デモトラックやVRを駆使したスリーエム ジャパンのブースがひと際目を引いた。世界75カ国以上で約40年に渡りフルハーネス型安全帯を販売しているという、3Mのフルハーネスの秘密を探った。(2018/11/5)

ITの教室:
【USB】第5回 既存のUSBコネクターの問題を解消する新規格「USB Type-C」とは
これまでのUSBコネクターの問題点を解消し、単一の構造のコネクターで全てのUSBホスト/デバイス/ハブを接続することを目的として作られた新しい規格「USB Type-C」について解説する。これまでのUSB規格とどのような点が異なるのか。(2018/9/4)

和田憲一郎の電動化新時代!(29):
日中共同による急速充電新規格は、世界標準となるのか
EV(電気自動車)用の急速充電仕様について新たな動きが出てきた。日本と中国の共同検討によって急速充電の新規格を策定する動きである。既に市場で固まってしまったように見える急速充電規格であるが、なぜ今になって新たな規格作成なのか。狙いや、具体的な統一方法、さらには実施時期や市場をどう考えるのか。まだ仕様が固まらないと思われる中で、関係者にインタビューを敢行した。(2018/7/30)

次世代EHT規格:
Wi-Fi、6GHz帯対応に向け始動
エンジニアらは、スループットを最大で4倍高めることができる次世代のWi-Fi規格の策定を開始することで合意した。このEHT(Extreme High Throughput)規格は、6GHz帯をサポートするよう開発された初めての規格となる見込みだ。(2018/7/26)

USB Type-C×1本でVR HMDを接続 次世代規格「VirtualLink」発表
次世代VRヘッドセットをUSB Type-Cケーブル1本だけでPCなどに接続できる業界標準規格「VirtualLink」を、米NVIDIAとOculus、Valve、AMD、Microsoftが発表した。(2018/7/18)

PHOENIX CONTACT PoEフルラインアップ:
IEEE 802.3bt対応のPoE接続機器
フエニックス・コンタクトは、PoE(Power over Ethernet)の新規格IEEE 802.3btに対応したPoE接続機器「PoEスイッチ」「PoEインジェクタ」「PoEスプリッタ」を発売した。(2018/7/13)

FAニュース:
スマートファクトリー対応を強化するMECHATROLINK協会、地域や領域の拡大強化
MECHATROLINK協会は2018年6月8日、2018年度総会を開催。インダストリー4.0やスマートファクトリーなどの動きが高まる中、新規格でスマートファクトリー対応機能を強化。さらに中国製造2025などの動きに合わせ中国を含むアジアでの加盟企業拡大に積極的に取り組む方針を示した。(2018/6/11)

VESA:
VESA「DisplayPortは大きな伸びが見込める」車載やVRも視野に
ディスプレイインタフェース規格「DisplayPort」(DP)の規格策定を行うVESAが、最新規格1.4aの概要とあわせてDPの現状を説明した。AR/VRや車載などでの利用を視野に入れた検討も。(2018/5/21)

4400MT/秒の転送速度を達成:
Cadence、7nmプロセスでDDR5インタフェースを試作
Cadence Design Systems(以下、ケイデンス)は2018年5月1日(現地時間)、規格策定中であるDDR5 DRAMの初期バージョンに対応するインタフェースIP(Intellectual Property)を、テストチップとして初めて試作したと発表した。(2018/5/8)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。