ニュース
» 2009年08月07日 07時00分 UPDATE

エルピーダ、グラフィックスDRAMに参入 QimondaのGDDR資産を取得

エルピーダがグラフィックスDRAMに参入する。破産したQimondaのGDDR技術ライセンスと設計資産を活用する。

[ITmedia]

 エルピーダメモリは8月6日、グラフィックスDRAM事業に参入すると発表した。破産した独DRAMメーカーQimondaが持つGDDR(Graphics DDR)技術ライセンスと一部設計資産を取得し、2010年上期には1GビットのGDDR3とGDDR5の出荷を始める計画。

 独ミュンヘンに新設するデザインセンターで、Qimondaの元従業員らエンジニア50人弱の体制で技術開発を進める。

 1GビットGDDR3/GDDR5はQimondaで量産・設計完了した実績があるため、Qimondaのプロセス技術を継承する台湾Winbond Electronics(華邦電子)に生産委託する予定。10年下期には、2GビットGDDR5の量産を広島工場で始める計画だ。

 同社は「汎用DRAMを始め、GDDR、高速なXDR、モバイル機器向けのMobile RAMと、全てのDRAM分野をカバーするベンダーは世界的にも限られており、エルピーダが今後のDRAM市場にて果たす役割は非常に大きい」としている。

関連キーワード

DRAM | Qimonda | エルピーダ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -