ニュース
» 2009年08月17日 08時09分 UPDATE

Twitterが3度目のダウン、外部のAPIが関係か

Twitterが8月15日に再びダウンした。8月に入ってダウンするのは3度目となる。

[ITmedia]

 マイクロブログサイトのTwitterが8月15日(米国時間)に再びダウンした。8月に入ってTwitterがダウンしたのは、6日と11日に続いて3度目となる。

 Twitterは15日、サイトに掲載したステータスメッセージで「突発的なダウンタイムに見舞われ、復旧に努めている」と報告。その後サイトは復旧し、原因は外部にあるとみて調べていることを明らかにした。

 TwitterでAPI開発サポートを担当するダグ・ウィリアムズ氏はGoogle Groupsで、「われわれは再びサイト復旧のための措置を取る必要があるが、それが原因でAPIのダウンタイム発生が予想され、特にOAuthへの影響が見込まれる」と説明している。OAuthはAPIのアクセス権を制御するためのプロトコルで、8月初旬に出回ったスパムDMに悪用されたこともある。

 Twitterは6日と11日にも、サービス妨害(DoS)攻撃を受けて一時的にダウンしている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

Twitter | API | DoS | ダウンタイム | OAuth


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -