ニュース
» 2009年09月02日 08時36分 UPDATE

「Norton」そっくりの偽ソフト「Nortel」出現、Symantecが注意喚起

偽ウイルス対策ソフトの「Nortel Antivirus」は、Symantecの「Norton」そっくりの画面でユーザーをだまそうとする。

[ITmedia]

 米Symantecの個人向けセキュリティ対策ソフト「Norton 2009」とそっくりな画面を表示してユーザーをだまそうとする偽ウイルス対策ソフトが見つかったと、同社が9月1日のブログで伝えた。

 問題の偽ソフトは、Nortonにそっくりな画面を使っているが、製品名は「Nortel Antivirus」となっている。実態は、ユーザーをだまして悪質ソフトの購入を仕向けるトロイの木馬「Fakeavalert」だという。

fakenorton01.jpg 偽のスキャン画面(Symantecより)

 感染すると、画面全体がブルースクリーンになってしまい、「スパイウェアが検出されたので、コンピュータの損害を防ぐためにWindowsを停止しました」と警告した後に、Windows XPのログオン画面が現れる。しかし、実際にはFakeavalertがマウスとキーボードを操作できないようにしたうえで、画面全体を使って動画を再生しているだけだという。

 ユーザーが誘導される悪質ソフトの販売サイトはSymantecのサイトそっくりに作りこんであり、同ページに表示される製品パッケージのデザインもNortonに似せてある。

fakenorton02.jpg 偽の販売サイト(Symantecより)

 Fakeavalertと同じコードを使った「Green Antivirus」という偽ウイルス対策ソフトもほぼ同時に出現しているといい、Symantecではだまされて購入することのないようにとユーザーに注意を呼び掛けている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -