ニュース
» 2009年09月29日 09時00分 UPDATE

戦闘機の資料に見せかける:旧版PowerPointを狙う攻撃、脆弱性を悪用

McAfeeによると、古いバージョンのPowerPointの脆弱性を突いたターゲット攻撃が最近になって浮上した。

[ITmedia]

 古いバージョンのPowerPointの脆弱性を突いた攻撃が最近になって浮上しているという。特定のユーザーを狙ったターゲット攻撃にOLEファイルが使われるケースも増えていると、セキュリティ企業の米McAfeeがブログで伝えた。

 McAfeeが一例として挙げているのは「Aircraft of Pakistan Air Force」(パキスタン空軍の航空機)という件名のメール。「インド大使館の軍事部門」を名乗り、戦闘機の資料に見せかけたPowerPoint(.ppt)ファイルが添付してあるが、脆弱性のあるバージョンのPowerPointでこのファイルを開くと不正コードが実行される。

pptvalmal.jpg 脆弱性を悪用するファイル(McAfeeより)

 この攻撃で悪用されているPowerPointの脆弱性は、Microsoftが2006年6月にリリースしたパッチで解決済みだという。McAfeeは最新のウイルス定義ファイルでこの不正な添付ファイルとマルウェアの「BackDoor-EFB」を検出できるようにしたとしている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -