ニュース
» 2009年10月02日 14時35分 UPDATE

高効率ワイヤレス給電技術、ソニーが開発 50センチ先の機器に60ワット

ソニーが高効率なワイヤレス給電システムを開発した。電源コード接続不要で、50センチ離れた機器に60ワットの電力を給電できるという。

[ITmedia]

 ソニーは10月2日、高効率なワイヤレス給電システムを開発したと発表した。磁界共鳴型の非接触給電技術を採用。電源コード接続不要で、50センチ離れた機器に60ワットの電力を、高効率で給電できるという。

 磁界共鳴型は、送電デバイスから供給された電力エネルギーを、空間を介し、同じ周波数で共鳴している受電デバイスに伝える技術。デバイス同士の位置がずれていても高効率に給電でき、デバイス間に金属があってもその金属が熱くならないという。

画像 新システムの原理図

 同社が通信・放送機器開発で培ってきた高周波伝送技術を応用し、高速・高効率な整流回路を開発した。送電・受電デバイス間で約80%、整流を含めても約60%という高い給電効率を実現した。

 送電・受電デバイス間に配置し、給電距離を伸ばせるリピーターも開発。送電・受電デバイスと同じ周波数で共鳴するデバイスで、給電効率を維持したまま、給電距離を50センチから80センチに伸ばせるという。

画像

 今後、数センチ〜数十センチ、小電力から大電力までさまざまなワイヤレス給電にニーズに対応すべく、研究開発を続けるとしている。

関連キーワード

ソニー | ワイヤレス充電


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -