ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年11月25日 07時09分 UPDATE

Amazon、Kindleのバッテリー駆動時間向上とPDFリーダー追加を発表

ホリデーシーズンに向け、AmazonがKindleの機能を向上させた。ライバル「nook」同様にPDFを変換せずに読めるようになり、バッテリー駆動時間が85%延びた。

[ITmedia]

 米Amazonは11月24日、電子書籍リーダー「Kindle」のバッテリー駆動時間の延長と、PDFリーダー機能の追加を発表した。

 ファームウェアの改良により、従来より85%バッテリー駆動時間が延び、無線をオンにした状態で最長1週間もつようになったという。これまでは4日間で充電する必要があった。無線をオフにした状態でのバッテリー駆動時間は2週間になった。

 また、PDFファイルを変換せずにそのまま読めるPDFリーダー機能を追加した。これまでKindleでPDFを読むにはいったん変換する必要があったが、新機能によってUSB経由や電子メールの添付ファイルとしてKindleに転送したPDFを直接読めるようになった。

 現行世代のKindleユーザーは、Whispernet経由のファームウェアアップデートでこれらの機能を追加できる。PDFリーダー機能は、旧世代のKindleでもアップデートできるようになる見込み。

 Kindleのライバル、米Barnes & Nobleの「nook」はバッテリー駆動時間が数日で、PDFリーダー機能を備えている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.