ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ホリデーシーズン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ホリデーシーズン」に関する情報が集まったページです。

Amazonの「送料無料」条件が2000円から3500円に 背景にある“2024年問題”
Amazonが、2024年3月29日から通常配送が無料になる基準を2000円から3500円に引き上げます。今回の配送無料基準の引き上げは、ヘルプページの更新という形で行われています。いわゆる「2024年問題」を見据えてのことと考えられます。(2024/2/26)

Marketing Dive:
新進D2CコスメブランドのCMOが激推し 「Meta Advantage+ ショッピングキャンペーン」とは?
Meta幹部はD2CコスメブランドJones Road BeautyのCMOとのラウンドテーブルで、2024年に広告主や広告代理店がAIに期待できることを説明した。(2024/2/22)

推奨事項と禁止事項を解説:
スケーラビリティテストですべきこと、してはいけないこと
効果的なスケーラビリティテストは、カスタマーエクスペリエンスを評価し、重大な障害から保護し、組織の評判を守るのに役立つ。ここではスケーラビリティテスト戦略を立てる方法を解説する。(2024/2/22)

もしもクラウドが止まったら【前編】
いまさら聞けない「クラウドのSLA」 小数点の“大き過ぎる”違いとは?
クラウドサービスが停止しないというのは幻想だ。企業はクラウドサービスが停止した場合に備えてSLAを確認しておく必要がある。SLAの基礎から解説する。(2024/2/22)

Marketing Dive:
Meta幹部が力説 AIへの投資が広告主に「なくてはならないもの」である理由
2023年第4四半期にMetaの広告ビジネスを前年同期比24%増の総額387億ドルにまで押し上げたものとは何か。同社グローバルビジネスグループ担当バイスプレジデントであるアルビン・ボウルズ氏が語った。(2024/2/15)

「廃墟モール」米で急増なぜ? バック・トゥ・ザ・フューチャーゆかりの地も
この冬、あるショッピングモールの惨状を伝えるニュースに米国中が騒然となりました。そのモールとは、日本の皆さんもよく知る映画の舞台になった場所です。一体、どうなっていたのでしょうか。(2024/2/6)

Deep Insider's Eye 一色&かわさきの編集後記:
編集後記「ChatGPTで株取引スクリプトを作ってバックテスト」と「たんぱく質取ってますか?」
一色からは「ChatGPTで株取引スクリプトを作ってバックテスト」という題でChatGPTを使って株取引ストラテジーを生成してシミュレーションしたことについて、かわさきからは「たんぱく質取ってますか?」という題でカロリーを考慮して鳥貴族のメニュー選びをアシストしてくれるGPTsを作成してみたことについて書きました。(2024/2/5)

2024年以降のPC市場と「AI PC」【前編】
売れなかったPCが「やっと売れ出す」と予見された“なるほどの理由”
世界的な景気低迷が続く中、世界のPC出荷台数は前年比減が続いてきた。ただし、調査会社は「PC業界の展望は悪くない」と評価する。その意味は。(2024/1/30)

Social Media Today:
マーク・ザッカーバーグ氏はメタバースのことを忘れてしまったの? Metaの答えは……
Metaのマーク・ザッカーバーグ氏は最近、生成AIに前のめりになっているように見える。メタバース計画はMetaの中で優先が下がってしまったのか。(2024/1/22)

Cybersecurity Dive:
偽物の宅配を利用したフィッシングキャンペーンに要注意
緊急連絡や不在通知を装った偽のテキストメッセージは、偽物の宅配業者と正規の顧客との間に緊張をもたらす可能性がある。(2024/1/21)

今日のリサーチ:
米国ホリデーシーズンのEC売り上げが過去最高を更新、モバイルがデスクトップを上回るのは初――Adobe調査
「Adobe Analytics」のデータによると、米国の2023年のホリデーシーズンにおけるオンライン売上高は2022年を上回る2221億ドルで、過去最高を更新しました。(2024/1/11)

Amazon初売りセール:
人気のディスプレイも対象に!? アイ・オー・データ機器が2024年初のAmazonセールに多数出品
2024年のAmazon初売りセールに、アイ・オー・データ機器が出品している。リモートワークや動画配信に便利なビデオキャプチャやストレージ類などに加え、ブラックフライデーセールで売り切れてしまったモデルも出品中だ。(2024/1/3)

マライア・キャリーのド定番クリスマスソングに、子どもたちはもう“うんざり” 生で熱唱もコミカル動画に「笑顔になった」「最も美しい歌声」
私はずっと聞いていたいんですけど……。(2023/12/26)

「電子メールの量が最大100倍に増加する可能性も」:
休暇中のサイバー攻撃から組織を守るためにできる、10のこと
Backblazeはホリデーシーズン中にサイバー攻撃や組織犯罪からビジネスを守るためにできる10の対策を同社のブログで紹介した。(2023/12/25)

クリスマス仕様のタオルかと思いきや…… ホリデーシーズンにマッチしすぎた結果の“誤解”にじわじわくる
色合いから「MERRY CHRISTMAS」だと勝手に思っちゃう!(2023/12/25)

Cybersecurity Dive:
Citrix NetScalerの脆弱性を悪用した攻撃で、ボーイングの部品情報が漏えい
ランサムウェアグループLockBit 3.0の関係者は、CitrixBleedと呼ばれる脆弱性を悪用している。連邦当局は約300の組織に対し、攻撃を受ける脆弱性があると警告している。(2023/12/24)

1万円未満でこんなにできるんですか!? GUの人気スタッフが挑戦した「冬の全身コーデ」が完璧!
合計金額にびっくり!(2023/12/23)

Cybersecurity Dive:
小売業者を狙うサイバー攻撃 生成AIによって手口はさらに巧妙化
ソーシャルエンジニアリング攻撃や生成AIによって、フィッシング攻撃やランサムウェアが巧妙化し、リスクが高まっている。(2023/12/23)

「ワイスピ」ヴィン・ディーゼルが撮影中の性的暴行で告訴 本人「否定する証拠ある」と主張もSNSは大荒れ
満面の笑み投稿が大炎上しています。(2023/12/22)

「今までにない製品」の魅力を正しく伝えるために:
PR:ASUSが超小型ゲーミングPC「ROG Ally」新規展開のプロモーションにAmazon Adsを選んだ理由
ポータブルゲーム機であり超小型PCでもあるという新機軸の製品「ROG Ally」を展開するに当たり、ASUS JAPANがオンラインプロモーションのためのパートナーとしてAmazonが提供する広告ソリューション「Amazon Ads」を選択したのは何故か。担当者に話を聞いた。(2023/12/19)

XrealがCES 2024で“ビッグタイトル”の新ARデバイス投入へ グローバルでのシェアは50.9%に拡大
日本Xrealが、「CES 2024」でARグラスの新製品を発表し、日本で発売すると明らかにした。Air、Light、Beamという3つの製品ラインは2024年も維持される。それぞれのラインで新たなハードウェアを投入する方針という。(2023/12/20)

Marketing Dive:
ピザハットのハートウォーミングなQRコード施策 配達員への感謝の気持ちを玄関マットでどう表す?
ホリデーシーズンは配達ドライバーにとって超繁忙期。彼らが配達先の玄関先のドアマットに表示されているQRコードをスキャンすると何が起こるのか。(2023/12/20)

タイムアウト東京のオススメ:
東京、クリスマスマーケット2023
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2023/12/19)

Marketing Dive:
ホンダも導入、AR(拡張現実)×DOOH(デジタル屋外広告)は体験型キャンペーンの新定番になるか
Hondaは最近開始した「Keep Dreaming」キャンペーンの一環で、2つの屋外ショッピングセンターのOOHを使って「デジタル」と「空」を融合している。(2023/12/11)

iPhone 13が中古で過去最高の3位、iPhone 8が1位 にこスマの11月ランキング
にこスマは、2023年11月の中古スマホ販売/買取数ランキングを発表。販売数ランキングでは比較的新しい機種の人気が高まる一方、2017〜2022年に発売されたiPhoneがバランスよくランクインしている。(2023/12/5)

アマゾン「ホリデーストア」をオープン ”年末年始ならでは”のニーズ獲得に意欲
アマゾンジャパンは12月4日、年末年始に向けたさまざまな商品を期間限定で紹介する「ホリデーストア」をオープンした。「クリスマスギフト2023」「自分へのご褒美」「冬ギフト・冬グルメ」「年末年始の大掃除・おでかけ」「福袋」の5つのテーマごとに、幅広いアイテムをラインアップした。(2023/12/5)

Googleが2年間未使用の個人アカウントの削除を12月1日から開始/2023年度上期の国内PC出荷台数は減少 単価上昇は続く
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、11月26日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/12/3)

Mobile Weekly Top10:
新型折りたたみスマホがいきなり「実質9840円」/ネットワークTVチューナーの魅力とは?
ソフトバンクから発売予定の折りたたみスマホ「motorola razr 40s」は、購入条件によっては2年間で実質9840円で利用できます。折りたたみスマホをかなり手頃に使えるのですが、心配なのが12月下旬に控えている電気通信事業法施行規則の改正です。(2023/12/2)

ドミノ・ピザ、最大60%オフの「ブラックフライデーセール」を延長 10日まで
生地に竹炭を練り込んだブラッククラストも登場。(2023/12/1)

Google、AIによる画像説明などAndroidとWear OSの新機能を複数紹介
Googleは、AndroidとWear OSの複数の新機能を紹介した。代替テキストがない画像の説明をAIが読み上げる機能や、Wear OSでのスマートホーム制御機能などだ。年末恒例の新Emoji Kitchenも登場した。(2023/12/1)

セキュリティニュースアラート:
ホリデーショッピングシーズンに爆増するアカウント乗っ取り攻撃に要注意
Impervaは2023年のホリデーショッピングシーズン中のサイバー攻撃を分析した。ブラックフライデーと比較するとサイバーマンデーのWebトラフィックが大幅に増加しているようだ。(2023/12/1)

トビラシステムズ、特殊詐欺/フィッシング詐欺の独自調査レポートを公開 宅配事業者をかたるSMS文面が約9割に
トビラシステムズが、特殊詐欺/フィッシング詐欺に関する独自調査レポートを公開した。国際電話番号を利用した特殊詐欺が増加し、フィッシング詐欺のSMSは宅配事業者をかたる手口が89.1%を占めたという。(2023/11/29)

Social Media Today:
「広告主のX離れ」は続く? IBM、アップル、ディズニーもマスク氏の言動にドン引き
Xにおける反ユダヤ主義論争が巻き起こる中、Xへの広告出稿を停止する大手広告主が続出した。今後も起こり得るこの問題にXとイーロン・マスク氏は対処できるのか。(2023/11/29)

スタバにホリデー限定「メルティホワイト ピスタチオ フラペチーノ」登場! 冬らしいピスタチオ×ホワイトチョコ
11月29日から期間限定販売。(2023/11/29)

ブラックフライデー=サンのエントリーだ! 『ニンジャスレイヤー』電子版が全巻33円セールで古事記より安い!
ゲキヤスウレシーヤッター!(2023/11/28)

2023年第3四半期スマホ売り上げ、Appleが過去最高に カウンターポイント調査
カウンターポイントは、2023年第3四半期スマートフォングローバル市場での売り上げを発表。前四半期比では15%増の1000億ドルだが前年同期比では横ばいとなった一方、Appleは第3四半期(7月〜9月)で過去最高の記録した。(2023/11/27)

NEWS Weekly Top10:
ブラックフライデーはなぜ“ブラック”なのか
11月も下旬になり、年末感が高まってきた。年末セールの先駆けである「ブラックフライデーセール」もスタートしたが、ブラックフライデーはなぜ“ブラック”なのだろう?(2023/11/27)

Amazonブラックフライデー:
買うなら今! Microsoft 365 Familyオンラインコード版や、買い切り版が最大16%もお得
さまざまな製品がセールとなる「Amazonブラックフライデー」が開催中だ。Officeソフトのサブスクリプション「Microsoft 365」個人向けやファミリー向け、買い切り版の「Office 2021」Windows/macOS両対応、macOS用などが最大16%もお得になる。(2023/11/26)

Amazonブラックフライデー:
楽に使えてサウンドはガチ! 「Sonos」の製品が最大32%お得──限定色のポータブルスピーカーも
「Amazonブラックフライデー」で、米国発オーディオブランド「Sonos」の製品がセールになっている。通常価格13万4800円のサウンドバーが、3万1891円お得な10万2909円など20%以上、最大32%の値引き率の製品もある。(2023/11/26)

Mobile Weekly Top10:
「超急速充電」はスマホの隠れたウリ?
OPPO(オウガ・ジャパン)の「Reno 10 Pro 5G」は独自の技術を使った超急速充電がウリです。実は、サクッと充電できるスマホは、ユーザーが気付いていない「ウォンツ」なのかもしれません。(2023/11/25)

Amazonブラックフライデー:
東プレの高級キーボード「REALFORCE」シリーズが最大3498円引き! カラーキャップは全種類が15%オフ
年に一度のビッグセール「Amazonブラックフライデー」で、東プレがREALFORCEキーボードの全機種と、カラーキャップ全種類をセール出品している。キーボードは10%引き、カラーキャップは15%引きの大盤振る舞いとなっている。(2023/11/24)

Amazonで「ブラックフライデー」開催中、12月1日まで
Amazonの大型セール「ブラックフライデー」が11月24日午前0時からスタートした。期間は12月1日まで。すでに22日から先行セールを開始しており、多くの商品が特別価格で販売されている。(2023/11/24)

Amazonブラックフライデー:
ウエスタンデジタルの「WD」「SanDisk」ブランドのストレージがお買い得 最大30%オフ!
Amazonブラックフライデーが始まった。記録メディアを販売するウエスタンデジタルが「WD」「SanDisk」ブランドの製品を多数セール製品として用意している。最大値引き率は30%だ。(2023/11/24)

「OPPO Reno7 A」が3万300円、「OPPO Pad Air」が2万8480円に:Amazon ブラックフライデー
Amazonのブラックフライデーにて、OPPOの製品がセール対象になっている。スマートフォンは、「OPPO Reno7 A」が4万4800円から32%オフの3万300円に。タブレットは「OPPO Pad Air」が3万7800円から25%オフの2万8480円に。(2023/11/24)

iPhoneの整備済製品がセール、「iPhone XR(64GB)」が約2.9万円:Amazon ブラックフライデー
AmazonのブラックフライデーでiPhoneの整備済製品がセール対象になっている。iPhone SE(第3世代)、iPhone XR、iPhone 11〜13シリーズが対象。「iPhone XR(64GB)」が約2万9000円。(2023/11/24)

Google「Pixel 5a」「Pixel 6/6a」の整備済製品がセールに:Amazon ブラックフライデー
Amazonのブラックフライデーにて、「Pixel」シリーズの整備済製品がセール対象となっている。対象は「Pixel 5a」「Pixel 6」「Pixel 6a」。6%〜15%オフとなっている。(2023/11/24)

Amazonブラックフライデー:
高級キーボード「HHKB Professional HYBRID Type-S」が全品10%オフ!
年に一度の大型セール「Amazonブラックフライデー」が始まった。PFUは「HHKB Professional HYBRID Type-S」を全品10%オフで出品している他、東プレとのコラボモデル「REALFORCE for Mac『PFU Limited Edition』」を約1万円引きで販売している。この機会に最高級の入力体験を味わおう。(2023/11/24)

+Style、スマートデバイス122商品を最大81%オフ Amazonブラックフライデー
BBソフトサービスは「Amazonブラックフライデー」に参加し、スマートデバイス122商品を出品。「Yeelight Razerコラボ LEDスマートランプD2」や「Smartmi スマート空気清浄機」などを最大81%オフで販売する。(2023/11/24)

ドミノ・ピザで最大60%オフのブラックフライデー始まる 6種類Sピザがテイクアウト600円から
11月24日から12月3日までの超おトクな10日間。(2023/11/24)

Amazonブラックフライデー:マウスが「Amazonブラックフライデー」に参加 ゲーミングPCやクリエイターPCがお買い得
マウスコンピューターは、Amazonが開催中の「Amazonブラックフライデー」セールへの参加を発表した。(2023/11/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。