ニュース
» 2009年12月09日 09時56分 UPDATE

Windows 2000とXP SP2のサポート、2010年7月で終了

Windows 2000とWindows XP Service Pack(SP2)のサポートが7月13日に終了する。

[ITmedia]

 Windows 2000とWindows XP Service Pack(SP2)のサポートが2010年7月に終了するとして、MicrosoftがWindows 7へのアップグレードを促している。

 同社は12月6日のブログで、Windows 2000(サーバ版およびクライアント版)およびXP SP2のサポートが7月13日に終了するとあらためて告知した。Windows 2000は2005年に無償サポート期間が終わっており、現在は有償サポートと無償のセキュリティアップデートを利用できる「延長サポート」期間にある。

 Windows 2000からWindows 7への直接のアップグレードはサポートされておらず、Windows XPにアップグレードしてからWindows 7に移行する必要がある。Windows XPからWindows 7への移行にはクリーンインストールが必要になる。MicrosoftはWindows 2000ユーザー向けにアップグレードのためのリソースを集めた「End-of-Support Solution Center」を設けている。

 なおWindows XP SP3のサポートは2014年4月まで提供される。

関連キーワード

Windows 7 | Windows XP | Windows XP SP3


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -