ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2009年12月09日 18時16分 UPDATE

TBSの番組と連携したデスクトップツール配布

TBSの番組と連携したデスクトップツール「TBSd」の配信がスタートした。メッセージの投稿やポッドキャストのダウンロードできる。

[ITmedia]
photo TBSdの表示イメージ

 東京放送(TBS)と三井物産の合弁会社・TBSディグネットは12月9日、TBSグループの番組と連携したデスクトップツール「TBSd」の配信を始めた。放送中の番組にメッセージを投稿したり、番組のポッドキャストをダウンロードできる。

 テレビ、ラジオ、BSで放送する番組に対応。ランチャーをダウンロードし、番組ごとのガジェットを選んで足していく仕組みだ。番組ガジェットには、メッセージ投稿機能や予告動画の配信機能、Twitter連携機能などを搭載する。

 まずは、TBSラジオ「小島慶子キラ☆キラ」、BS-TBS「世界・夢列車に乗って」、クラシック専門ネットラジオ「OTTAVA」のガジェットを用意した。2010年度中に20番組のガジェットを配信する予定だ。

 Windows XP/Vista/7に対応。利用には性別や住んでいる地域など簡単な登録が必要だ。今後はmixiやFacebookといったネットサービスやiPhoneなどモバイル端末向けアプリケーションの開発も行う予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.