ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年12月10日 08時29分 UPDATE

MicrosoftのSharePoint対抗:Google、企業向け「Google Apps」にコラボレーションサービス「Google Groups」を追加

Google Appsの企業ユーザーは、Google Groupsでメーリングリストの作成やドキュメントの共有が簡単にできるようになる。

[ITmedia]

 米Googleは12月8日、オンラインオフィススイート「Google Apps」の企業向け有料版「Premier Edition」および教育機関向け「Education Edition」に、コラボレーションサービス「Google Groups」を追加したと発表した。

 Google Groupsは、興味のあるテーマについてユーザー同士で話し合う「グループ」を作成できるサービス。Googleによると、最も利用されているアプリケーションの1つだという。Google Appsに追加されたことにより、企業内のグループウェアとして使えるようになる。ユーザーはGoogle Appsをメーリングリストのように使えるだけでなく、ドキュメントや予定表を共有できる。

 Google Groupsを使えるようにするには、企業のIT管理者がGoogle Appsのコントロールパネルで「user-managed groups」を有効にする。これにより、ユーザーは管理者をわずらわすことなく各自で新しいグループを作成できるようになる。ただし、管理者は各グループに対してグループポリシーなどの設定を管理することができる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.