ニュース
» 2010年01月14日 19時03分 UPDATE

大手出版21社、電子書籍の業界団体を設立

講談社や集英社、小学館など国内大手出版21社が電子書籍の業界団体を2月に設立。電子書籍の普及が見込まれる中、必要なルール作りなどを検討する。

[ITmedia]

 講談社や集英社、小学館など国内大手出版21社は、一般社団法人「日本電子書籍出版社協会」(仮称)を2月に設立する。電子書籍の普及が見込まれる中、必要なルール作りなどを検討する。

 各社が参加する「電子文庫出版社会」(電子書籍販売サイト「電子文庫パブリ」を運営)が母体。著作者やハードメーカーとの交渉、統一規格の検討、値付けのあり方、著作権や契約に関する問題など、幅広い内容を議論・検討していく。

 米国ではAmazonの電子書籍端末「Kindle」が普及、ソニーは電子書籍端末の国内再参入を検討するなど、電子書籍が国内でも盛り上がる兆しが見えてくる中、紙をベースにした従来の業界団体や、各社個別の取り組みだけでは対応し切れないと判断。電子書籍専門の新団体設立を決めたという。

関連キーワード

電子書籍 | Amazon | 業界団体


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -