ニュース
» 2010年01月29日 07時00分 UPDATE

任天堂、Wii販売が盛り返す

任天堂の4〜12月期は売上高の減少幅が縮小。年末商戦でWiiが盛り返し、販売台数は前年同期を上回った。

[ITmedia]

 任天堂が1月28日発表した2009年4〜12月期の連結決算は、売上高が前年同期比23.1%減の1兆1821億円だった。年末商戦でWiiの販売が盛り返し、減少幅が縮小した。

 営業利益は40.8%減の2966億円、経常利益は10.8%減の3145億円、純利益は9.4%減の1926億円。

 Wiiは4〜9月期までの販売台数が575万台にとどまっていたが、10月発売の「Wii Fit Plus」が世界で1016万本を販売するなど、有力ソフトと値下げ効果で復調。10〜12月期に1130万台を販売し、前年同期(1042万台)を上回った。

 11月に発売したニンテンドーDSi LLは70万台を販売した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -