ニュース
» 2010年02月26日 12時39分 UPDATE

「Cabos」ユーザーを著作権侵害で初逮捕 楽曲を無断公開

「Cabos」を使用し、音楽ファイルを無断でアップロードしていたとして、高松市内の飲食店経営の男(38)が逮捕された。Cabosによる著作権侵害でユーザーが逮捕されたのは初。

[ITmedia]

 日本音楽著作権協会(JASRAC)によると、香川県警は2月25日、ファイル共有サイト「Cabos」を使用し、音楽ファイルを無断でアップロードしていたとして、高松市内の飲食店経営の男(38)を、著作権法違反(公衆送信権侵害)で逮捕した。Cabosによる著作権侵害でユーザーが逮捕されたのは初めて。

 調べでは、男は昨年12月12日〜15日にかけ、経営する飲食店内で、JASRACが著作権を持つ楽曲データをCabosを通じて権利者に無断でアップロードし、不特定多数のユーザーに対して送信できる状態にしていた疑い。

 Cabosは、Gunutellaネットワークを利用した日本製のファイル共有ソフト。

関連キーワード

著作権侵害 | JASRAC | ファイル共有


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -