ニュース
» 2010年03月10日 16時21分 UPDATE

Windows 2000とXP SP2の延長サポートが7月に終了 Vista初期版は4月に

Windows 2000の製品サポートとXP SP2のサポートが7月に終了。Vista RTMのサポートも4月に終了する。その後はセキュリティパッチ提供も終了するため、MSは該当ユーザーに対応を呼び掛けている。

[ITmedia]

 マイクロソフトは3月10日、Windows 2000とWindows XP Service Pack 2(SP2)の延長サポートが7月13日(米国時間)に終了することを改めて告知した。4月13日(同)には、Windows Vista RTM版(製品初期版)のサポートが終了する。その後はセキュリティ更新プログラムの提供も終了するため、ユーザー向けの告知サイトを開設して対応を呼び掛けている。

 対象は、Windows 2000(2000年3月31日発売)はProfessional/Server/Advanced Server/Data Center Serverが対象。XP SP2(2004年9月17日リリース)はHome Edition/Professional/Media Center Edition 2002/Media Center Edition 2004/Tablet PC EditionのSP2(Professional x64 EditionのSP2はサポート終了対象外)。

 Windows VistaはUltimate/Home Premium/Home Basic/Enterprise/Businessと各64ビット版。

 サポート終了後はセキュリティ更新プログラムが提供されず、「セキュリティ上のリスクが高い状態で使うことになる」として該当ユーザーへの対応を呼び掛けている。Windows 2000はOS自体のサポートが終了するため、最新OSへの移行を勧めている。XP SP2のユーザーにはXP SP3の適用を、Vista RTMのユーザーにはVista SP2の適用を呼び掛けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -