ニュース
» 2010年03月23日 07時54分 UPDATE

Firefoxに深刻な脆弱性、3月30日にパッチ公開へ

Firefoxブラウザに深刻な脆弱性があることが確認された。

[ITmedia]

 Firefoxブラウザに、リモートからのコード実行に利用される恐れのある深刻な脆弱性が確認され、Mozillaがパッチの開発を進めている。

 この脆弱性はセキュリティ企業のSecuniaが2月に概略を公表していたが、この時点でMozillaは、詳しい情報が入手できないため問題を確認できないとしていた。しかしMozillaのアドバイザリーによれば、その後にこの脆弱性を発見した研究者と連絡が取れ、問題を再現・分析できたという。

 脆弱性を修正した更新版「Firefox 3.6.2」は既にβ版を開発済みで、現在テスト段階に入っており、3月30日にリリースを予定しているという。

関連キーワード

Firefox | 脆弱性 | パッチ | Secunia


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -