ニュース
» 2010年04月06日 14時49分 UPDATE

Google開発者が「Quake II」をHTML5に移植 ブラウザでプレイ可能に

GoogleのエンジニアがQuake IIのゲームエンジンをHTML5に移植し、ブラウザでプレイできるようにした。

[ITmedia]

 Googleの開発者が、HTML5を活用して、シューティングゲーム「Quake II」をブラウザで動かすことに成功した。

 Google Web Toolkit(GWT)チームはQuake IIのゲームエンジンをHTML5に移植。同エンジンのJava移植版であるJake2を、GWTを使ってJavaScriptにクロスコンパイルしたという。最高で60フレーム/秒の高速な動作が可能で、オンラインでの多人数プレイもできる。

 このゲームは、業務時間の20%を好きな研究に使えるというGoogleの「20%ルール」の下で開発された。コードはGoogle Codeサイトで公開されているが、実行には最新のChromeかSafariが必要となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -