ニュース
» 2010年04月22日 17時44分 UPDATE

ねとらぼ:ポスペのTwitterクライアント「PostPetNow」画面はこんな感じ

ペットやフォローしている人たちと一緒に暮らすというコンセプトのTwitterクライアント「PostPetNow」開発中の画面を、八谷和彦さんがTwitterで公開した。

[ITmedia]
画像

 5月ごろのβ公開を予定しているポストペットのTwitterクライアント「PostPetNow」の開発中の画面を、メディアアーティストの八谷和彦さんがTwitter(@hachiya)で公開した

 PostPetNowは、自分やフォローした人たちが「パペット」(アバター)となり、ペットと一緒に暮らしていくというもの。

 公開された画面には、庭付き一軒家を表示。顔にTwitterアイコンを貼り付けた複数のアバター(パペット)が家の中や庭におり、吹き出しでつぶやいている。庭にはピンクのクマ「モモ」も。画面右側には、Twitterのタイムラインが表示されている。「画面は開発中のもので、最終的には変わる可能性がある」という。

 PostPetNowは、ソネットエンタテインメントが5月ごろにβ公開する予定と発表している。開発元は、ポスペの生みの親・八谷さんが代表を務めるペットワークス。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -