ニュース
» 2010年05月12日 19時30分 UPDATE

実物大エヴァ初号機、富士急ハイランドに登場

実物大の初号機胸像や実物大渚カヲル立像を展示するヱヴァンゲリヲンパビリオンが富士急ハイランドにオープンする。中に入れるコックピットも。

[ITmedia]
photo 実物大初号機の完成イメージ

 「乗るなら早くしろ。でなければ帰れ!」――富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)に「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の世界が楽しめるパビリオンが7月23日、オープンする。世界初という実物大の初号機胸像を見たり、コックピットに乗ることもできる。

 パビリオンは「EVANGELION:WORLD −実物大初号機建造計画−」。エヴァンゲリオン初号機の実物大胸像を世界で初めて展示する。胸像を置く区画は、主人公・碇シンジが初めてエヴァと出会う第7ケージを再現。胸像のコックピットには乗れないが、実際に入れる実物大コックピットも展示する。有料の写真撮影サービスも実施するという。

 ミュージアムやフォトスポット、オリジナルグッズを販売するショップの出店も予定。料金は800円(フリーパスがあれば無料)。

 計画の進行状況は、同パビリオンのWebサイトとYahoo!JAPANの「ヱヴァンゲリヲン特集2010」で紹介するとしている。

 富士急ハイランドでは、「機動戦士ガンダム」のコックピットに乗れる体験型アトラクション「ガンダム クライシス」も公開中。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -