ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「原寸大」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「原寸大」に関する情報が集まったページです。

キン肉マンのリアル「超人」図鑑、学研から発売 約700体を生物図鑑風に分類しフルカラーでガチ解説
企画・編集の担当は、なんと漫画の超人募集企画で「ジャンクマン」が採用された投稿職人。(2019/5/22)

人工知能ニュース:
等身大のバーチャルキャラクターが警備、受付業務をするシステムを開発
AGCなど4社は、等身大のバーチャルキャラクターが警備、受付業務をする「バーチャル警備システム」の試作機を開発した。2020年の発売を予定しており、これから本格化する人手不足時代のセキュリティニーズに応える。(2019/5/22)

カット中にオタク美容師と解釈違いが起きたら一体どうなる? 女性向けオタク美容室「OFF-KAi!!」池袋店で根ほり葉ほり聞いてみた
やはり……剃られるのか……?(2019/5/20)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
事前の一策は事後の百策に勝る 常に心掛けていれば何か起きても慌てることはない
「よろこびがつなぐ世界へ」という合言葉で、未来に向かうキリングループ。「食と健康の新たなよろこび」を広げ、たくさんのよろこびがつながる世界を実現するための挑戦を続けている。(2019/5/15)

Amazon、日本でもAR機能を提供開始 家具などを実物大で再現
便利そうだ。(2019/5/9)

シルエットが美しい……! 32万個のレゴで作った原寸大「シビック タイプR」豪ホンダが公開 1300時間かけて組み上げた力作
いい曲線が出てる。(2019/5/8)

Google I/O 2019:
Google、モバイル検索結果画像の3D→AR化機能や「Google Lens」の新機能を発表
Googleが開発者会議「Google I/O」でモバイル検索関連の新機能を発表した。検索結果の画像を3Dに、さらにはARにして表示する機能は5月中にローリングアウト予定。Google Lensも進化する。(2019/5/8)

Google I/O 2019:
Google I/O 2019まとめ 「AI for Everyone」、Pixel 3aも発表
Googleの年次開発者会議「Google I/O 2019」で発表されたことを時系列にまとめた。今年のテーマは「「Building a more helpful Google for everyone」。AI採用のアクセシビリティ機能や「Googleアシスタント」の新機能、手ごろな価格の「Pixel 3a」などが発表された。(2019/5/8)

福山雅治「集団左遷!!」 気になる2つのポイント「中村アンの靴」「笑点メンバーを出す意味」
最近のドラマにしては女性の登場がちょっと少ない。「頑張る」の連発もすごい。(2019/5/5)

セコム、“バーチャル警備員”を開発 「令和時代の当たり前にしたい」 人手不足対策で2020年の実用化を目指す
セコムら4社が、ミラーディスプレイにバーチャルキャラクターを表示する警備システムを開発した。警備員が施設の受付業務を担うニーズに応えるもので、2020年の実用化を目指す。(2019/4/25)

「尊い」とは「見えざる関係性」のこと――『どうして私が美術科に!?』×『ステラのまほう』作者が語る、“尊さビリティ”の正体
どうびじゅはいいぞ。(2019/4/25)

スマート化/リノベ:
新ファミリー スイート「大空間リビング」と「広い軒下空間」が一体化、鉄骨造/木造問わず提案可能に
積水ハウスは、「幸せ」研究と先進技術の成果で家族の幸せを実現する「ファミリー スイート」の新コンセプトを発表した。今回は、家族が「つながる幸せ」「私らしくある幸せ」「すこやかである幸せ」を提供する“大空間リビング”に、「広い軒下空間」をプラスして、より「くつろぎ」のある家族の暮らし方を提案する。(2019/4/23)

「天才」「工夫がすごい」 小学2年生がレゴとプラレールで作った「インド的“乗車率400%”超満員列車」がすごい
この行動力を見習いたい……。(2019/4/22)

24歳のイラストレーター・loundrawによるアニメCMが美しすぎる みずみずしく描かれる高校生の青春
涙が出そうな透明感。(2019/4/18)

これ着ぐるみなの!? 「パンダとハグしたい」夢がかなうリアルすぎるパンダの着ぐるみが支援を募集中
出張レンタルも可能です。(2019/4/17)

製造業の「AR」(拡張現実)活用の利点と課題【前編】
GE、Caterpillar、Boeingが活用 大手製造業は「AR」で何をしているのか?
製造業で拡張現実(AR)の活用が始まっている。実際の活用例を見ると、ARは生産性向上をはじめ、さまざまなメリットをもたらすことが分かる。(2019/4/17)

人気声優・中村悠一「楽しいけど怖いわー」 スーパーカー「マクラーレン 570GT」初乗りを報告、お値段なんと2500万円
親友・マフィア梶田さんも運転「たのちい!」と感想をつぶやく。(2019/4/13)

金10山下智久「インハンド」 偏屈で無愛想で天才でロボットハンドな主人公は山Pのハマリ役となる予感
原作はまだ単行本3冊分、早すぎるドラマ化は吉と出る?(2019/4/12)

20万冊以上のマンガが常時読み放題だと……! 鳥取・関金温泉のホテルがマンガ好きの天国だった
BL含む女性向けマンガだけでも3万冊!(2019/4/12)

YKK APが富山「黒部荻生製造所」に、プロユーザー向け技術提案施設「パートナーズサポートスタジオ」開設
YKK APは、富山県黒部市の「YKK AP黒部荻生製造所」内で建設を進めてきた技術提案施設「パートナーズサポートスタジオ」がオープンしたことを明らかにした。同スタジオは、YKK APの製品群や技術を提案するホームビルダーや設計事務所などプロユーザーを対象とした施設。隣接する「YKK AP R&Dセンター」や「価値検証センター(VVC)」の機能拡張として、建材やインテリアの商品展示や技術の訴求を行っていく。(2019/4/10)

「ホテルカルデア」オープン! 池袋サンシャインシティプリンスホテル「IKEPRI25」FGOコンセプトルームに行ってきた
4種のコンセプトルームに、4つのラウンジスペース。(2019/4/6)

マシーナリーともコラム:
なんかモノ作ってるオタクは全員いますぐ「レゴムービー2」を見てくれ 圧倒的優しさと自己肯定に打たれて「ウワーッ!!」ってなって多分死ぬ
「マシーナリーともコラム」第8回は映画「レゴムービー」と「レゴムービー2」、あと「スパイダーバース」の話です。(2019/4/2)

神山健治×荒牧伸志両監督に聞く、「ULTRAMAN」からにじみ出る“特撮感”と“オールドスクールなこだわり”
荒牧「3DCGでアニメーションを表現するときの方法論としては大きく2つあると思うんです――」。(2019/4/1)

ニャンという寝顔でしょう おしゃれだったドールベッドがネコの手により猫ベッドに生まれ変わる
もう猫ベッド以外の何にもなれない。(2019/4/2)

ブロック47万個より本物の方が軽いの!? 「マクラーレン・セナ」ガチすぎるレゴ原寸大モデルを公開
2700時間かけて制作、総重量1700キロ……!(2019/3/28)

本物のSLを使った実物大プラレールだと!? タカラトミー、京都鉄道博物館で「プラレール」生誕60周年を記念したコラボが開催
歴代プラレール製品を紹介する企画展も行われています。(2019/3/23)

竹中技術実務研修センター「想」に躯体の“ハイブリッド工法”“PC工法”の実物大モックアップを新設
竹中工務店は、兵庫県川西市の体験型研修施設「想」を増築し、躯体のハイブリッド工法/PC工法の実物大モックアップを新設し、新たな研修プログラムをスタートさせた。(2019/3/8)

天才的発想……! 寝転がっていると子供が勝手にマッサージしてくれるTシャツに「人類の進歩」と称賛の声
「かたみぎ」駅に急行電車が参ります。(2019/3/5)

「文豪ストレイドッグス」がサンリオコラボ! 敦×キティ、太宰×マイメロなど5組のかわいすぎるビジュアル公開
キティちゃんが虎に……!(2019/3/4)

広瀬すず&是枝監督が五度目のタッグ 「earth music&ecology」新テレビCMで等身大の広瀬すずを引き出しまくる
是枝監督「広瀬さんが出演ということで引き受けました」。(2019/2/21)

六本木ヒルズで実物大のポケモンがうようよ ポケモンGOのARイベント、展望台で開催
六本木の上空でポケモンとたわむれよう。(2019/2/20)

リクルートスーツは「人生の衣装」 岡本夏美が就活生役に挑戦、その仕事観を聞いてみた
「賭ケグルイ」「Back Street Girls −ゴクドルズ−」などインパクトの強い役が続く中、今回は等身大の女の子に。(2019/2/19)

もう還暦なのか……! 「プラレールの60年を振り返る企画展」が京都鉄道博物館で開催 3月9日から
線路に「実物大の青いレール」を敷いて走る……!?(2019/2/18)

CLT建築:
CLTで“循環型社会”を実現!隈研吾×三菱地所×真庭市の「CLT 晴海プロジェクト」始動
三菱地所と隈研吾建築都市設計事務所、岡山県真庭市の3者は2019年2月14日、東京・晴海地区で、CLT(Cross Laminated Timber/直交集成板)を用いて、国産材の利用促進と地方創生を目的とした「CLT 晴海プロジェクト」を始動させた。プロジェクトでは、真庭市で伐採されたスギ・ヒノキをCLTに用い、東京五輪開催に合わせたイベント施設を晴海に建設する。2020大会終了後には、生産地・真庭市の国立公園へと施設を移築し、地域のランドマークとして再生させる。(2019/2/15)

好きなキャラと一緒に入浴……! 斬新なお風呂の装飾で“痛風呂”を作る鬼才現る
アニメの入浴シーンに入り込んだかのようなお風呂が誕生です。(2019/2/10)

国内に現存なし 歴史的価値のある旧日本軍「九五式軽戦車」里帰り計画が本格始動、クラウドファンディングで支援募集
かつて2300台以上が生産された国産戦車を日本に。(2019/2/8)

天才画家・ダリがAIで復活 生前の数百の映像から顔を生成し、体を役者と合成
上向きのヒゲもそのままに。(2019/2/5)

浅野忠信の長男・佐藤緋美がドラマデビュー! 2018年に俳優デビューしたばかり、今後にも意欲
これからが楽しみ!(2019/1/27)

マッチングアプリは恋愛目的だけじゃない ミレニアル世代の「Tinder」の使い方
米国生まれのマッチングアプリ「Tinder」が日本のユーザーや利用の特徴を発表。ユーザーの8割は「ミレニアル世代」であり、恋愛だけでなく、友達や旅先での出会いを求めて利用する人も多いという。(2019/1/24)

おかんマーケターの働き方革命:
マーケティング未経験の2児の母、育休明け1年半でMarketo Championになる
営業出身で2人の子の育休を終えた「おかん」が復職してマーケティング部門に異動し、成果を挙げるためにやったこと、考えたことを語ります。(2019/1/22)

「世界に溶け込んでますよ」 GLAYのTERU、「ONE PIECE」カフェを満喫する姿にファンもほっこり
「ONE PIECE」好きが全面に出ている。(2019/1/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
Windows 7サポート終了まで1年を切るもアキバが無風な理由
Windows 7のサポート期限が1年を切ったということで、PCパーツショップにはWindows 10への移行を進めるキャンペーンが始まっている。しかし、Windows XPのときとは空気が違うようだ。(2019/1/21)

第3回 ロボデックス:
等身大の動くフィギュア「高坂ここな」衝撃デビュー
ロボットベンチャーのSpeecysが「第3回ロボデックス」で、等身大の女性型ロボット「高坂(こうさか)ここな」を発表。全身が滑らかに動き、女性らしいしぐさをする“モーションフィギュア”だ。(2019/1/16)

車両デザイン:
自動車の内装デザイナーが3Dプリンタで1kgの価値を創造、JAID「1kg展」開幕
国内自動車メーカーのインテリアデザイナーやCMF(色、素材、加工)デザイナーが参画するJAID(ジャイド)が、2019年1月12〜25日の2週間、東京都内で3Dプリント作品の展示会「1kg展」を開催中だ。(2019/1/16)

家電の実物大を即座にカメラでAR表示 アプリ「ARで見る」が買い物を変えるか
現在はAndroid版のみ。(2019/1/14)

世界初の等身大モーションフィギュア、お値段2000万円で登場 身長155cmの素体がなめらかに踊る
外見は自由にカスタマイズ可能。映画やライブの演者、テーマパークや店舗の案内役といった用途が考えられています。(2019/1/14)

人気コスプレイヤー「えなこ」がミクさんに変身! ホンダ、軽スポーツ「S660」矢吹健太朗デザインの初音ミク痛車を披露
東京オートサロンで一般公開。(2019/1/11)

痛みを感じる光だけが君を救う光になる:
初めて誰かを愛して、初めて憎んだ<前編>
きみでよかったのに、きみがよかった。(2019/1/12)

残された難題とは:
見えてきた次期国産戦闘機F−3「ここまで“出来て”いる」
航空自衛隊の「次の主役」を担う新鋭戦闘機F−3の姿が見えてきた。米国や英国との共同開発案もささやかれる中、日本主導で開発できるだけの技術力があるのか疑問を呈する声もある。しかし最も重要な大出力エンジンと高性能レーダー、そしてステルス技術の核心でもあるウエポン・ベイなどがすでに完成の域に達している。だが、F−3誕生にはまだ難題が残されている。(岡田敏彦)(2019/1/9)

3D設計推進者が見たSWWJ2018:
VR/ARで新しいSOLIDWORKSは「もっと見える」ようになる
2018年11月9日に開催された「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2018(以下、SWWJ2018)」に参加しました。今回のテーマとして「Simulation(シミュレーション)」が押し出されていた印象です。Simulationというと「CAE(Computer Aided Engineering)」のことを開発設計工程では示しますが、今回与えられたSimulationの定義は、「現物ができる前に何ができるのか」ということで、その活用範囲を広く感じました。(2018/12/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。