ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「原寸大」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「原寸大」に関する情報が集まったページです。

「日向坂46」初の展覧会は“どこでもフォトスポット” メンバーの表情や衣装も楽しんで
「メンバーとともに彼女たちの歴史を歩く」がコンセプト。(2024/2/28)

横浜・みなとみらいの大観覧車に「ハロ」描く “動くガンダム”フィナーレに向け
横浜・みなとみらい地区の大観覧車「コスモクロック21」で26日から、イルミネーションを使って“動くガンダム”や“ハロ”などのキャラクターを描き出す演出が始まる。(2024/2/19)

xR:
Apple Vision Pro用のBoxアプリ提供開始 図面や画像、3Dモデルをシームレスに共有
Boxは、Apple Vision Pro用のBoxアプリをリリースした。Boxに保存されている設計図や画像を開き、異なるプロジェクト関係者と仮想の現場を訪れ、場所を問わずに情報共有が可能になる。(2024/2/19)

ミニチュアの枯山水を整備していたはずが……? 一瞬で“本物”になる不思議なループ映像が“3億再生”の人気
錯視のような体験がクセになる。(2024/2/11)

41歳の真木よう子、どアップすっぴん顔に反響 役者としての持論も「たるみもしわも、年輪として味方に」
「飾らない姿が好き」と称賛の声が届いています。(2024/2/10)

横浜の“動くガンダム”が大雪で味わい深い雰囲気に 「ジオンが強奪に来そう」「吹雪の中で輝いて」と話題
「ポケットの中の戦争」とか見たくなる。(2024/2/6)

衣類乾燥機のフィルター掃除→出てきたものに「は?」「うそでしょ?」 衝撃&爆笑の光景が470万再生突破
フィルターの中からフィルターが出てきた……?(2024/2/10)

建築設計×コンピュテーショナルの現在地:
落合陽一氏の万博パビリオンを手掛けた「NOIZ」が語る「フィジカルとデジタルの境界に浮かぶ未来の建築設計」
大阪・関西万博で、テーマ事業プロデューサーの落合陽一氏が企画するパビリオン「null2」の設計を手掛ける「NOIZ」は、建築のフィジカル要素とコンピュテーショナルデザインなどのデジタル技術との融合で、新しい建築設計の可能性を模索している。null2で具現化を目指す、未来の建築デザインをNOIZの設計担当者に聞いた。(2024/2/7)

日向坂46、けやき坂46からの歴史をたどる展覧会「WE R!」3月から開催
会期は3月1日から5月19日まで。(2024/2/2)

「これからの時代は等身大遺影かも」 偲ぶ会に置いた亡き父の“等身大パネル”、「いいアイデア」「良い思い出になりそう」と反響
制作したお子さんに話を聞きました。(2024/2/1)

若者がメインターゲット:
auから“高パフォーマンス”エントリースマホ「Galaxy S23 FE」が登場 8万8000円で手に入る!
サムスン電子のお手頃ハイスペックモデル「Galaxy S23 FE」が、いよいよ日本でも本格展開される。国内のキャリアではau(KDDI/沖縄セルラー電話)の独占的取り扱いとなり、8万8000円で購入可能だ。(2024/2/1)

櫻坂46・小林由依、卒業記念の新聞特大号が発売決定→物理的にも“特大”なショットがファンの度肝抜く「でかい」
ファン「2億部くらい生産してもらわな間に合わんよ?」(2024/1/30)

「ありえない三角形」は実在する!? 溶接で不可能を可能にしてしまった立体トリックアートに「錯覚起きたっ」「目がグルグルする」と混乱の声
ペンローズの三角形を具現化(?)(2024/1/27)

おばたのお兄さん、妻・山崎夕貴との交際は“給与明細&貯金額オープン”でアプローチ 等身大の告白に「衝撃的」「かっこよすぎ」
「真剣な気持ちがすごく伝わって来ました」という声も。(2024/1/26)

グッドパッチとUXの話をしようか:
ガンダムは「複雑で初心者に不向き」なのに、なぜ新規ファンが増え続けるのか
1月26日、劇場版『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』が公開されました。ガンダムはシリーズも多く、ストーリーも複雑で初心者に不向きなように思う。にもかかわらず、なぜ新規ファンが増え続けるのかというと……(2024/1/26)

火災で全焼の永井豪記念館の展示物、焼失まぬがれる 増築した際の耐火対策が奏功か
詳しい状態は調査中。(2024/1/25)

ICT:
戸田建設など4社がレーザー投影墨出しの「Mechasys」へ出資 量産モデル展開を支援
戸田建設や東急建設など4社は、建設業/製造業向けのレーザーレイアウトシステムを開発するカナダのMechasys(メカシス)へ出資した。Mechasysのシステムが墨出し作業の課題解決につながるとして、日本国内での普及を促す考えだ。(2024/1/26)

xR:
都市計画がxRで実現!PLATEAU互換のWebデジタルツイン基盤「torinome」とは?
3D都市モデルのPLATEAU普及とともに、都市計画や建築計画の現場で3Dモデル活用が広がりつつある。ホロラボが開発したWebアプリケーション「torinome(トライノーム)」は、PLATEAUのオープンデータをベースに、GISや画像、動画、3Dモデルを重畳して、住民を含む関係者間で計画や業務内容を視覚的に共有して、スムーズな合意形成が図れる点が街づくりに関わるステークホルダーから注目を集めている。(2024/1/19)

VR/AR/MRニュース:
ソニーがXR空間で3D設計できる新システムを開発、シーメンスとの提携も
ソニーは高品質XRヘッドマウントディスプレイと、3Dオブジェクトの直感的な操作と正確なポインティングを実現するインタラクション専用コントローラーを組み合わせた「没入型空間コンテンツクリエーションシステム」を発表した。(2024/1/12)

永井豪さん、焼失しても「いくらでもまた描いたり作ったりすることが出来る」 記念館の被災に想い寄せる
「毎日報道される故郷・輪島の映像と、私の頭の中に記憶している故郷の景色とのギャップに愕然とし、心を痛めています」(2024/1/10)

アラスカンマラミュートの子犬 実物大クッションがかわいい! まんまるフォルムをギュッと抱きしめたい
子犬なのにこんなに大きいの!?(2023/12/29)

「想像や嘘だけ」 羽生結弦、報道された“離婚の真相”に怒りの挑発 グシャグシャな“ボツ原稿”に「どんな思いだったのか想像を絶する」
離婚発表から連日続く報道にコメント。(2023/12/27)

大のアニメ好きが選ぶ“もっと評価されるべき2023年アニメ”TOP20! 「贄姫と獣の王」「もういっぽん!」を押さえ2023年のランキングを統べた大傑作は……?
秋の怪作も上位に食い込む。(2023/12/27)

年末年始にじっくり読みたい:
若手記者による、若手読者向けの記事7選
若手の皆さま向けに、年末年始にじっくり読んでいただきたい業界関連の記事をピックアップしました。(2023/12/26)

雑誌「幼稚園」の付録にほぼ実物大の「こうしゅうでんわ」 NTT東日本が協力 テレカ付き
小学館は25日、雑誌「幼稚園」の4・5月号の付録が、NTT東日本の協力による「こうしゅうでんわ」になると明らかにした。(2023/12/25)

プロジェクト:
熊本地震で全倒壊した「阿蘇神社楼門」 清水建設の施工で7年8カ月ぶりに蘇る
熊本地震で全倒壊した「阿蘇神社楼門」が清水建設の施工で、7年8カ月ぶりに往時の姿を完全に取り戻した。修復工事では、震度7に耐える耐震鉄骨を組み込む際、部材加工を最小限に留め、再利用することで、文化財としての価値を損なわずに修復を果たした。(2023/12/18)

「守りのDX」と「攻めのDX」:
大和ハウスDX戦略の全体像2023年版 設計BIM100%で「導入期」から「活用期」へ
大和ハウス工業は、2022年度から5カ年度の中期経営計画で、守りのDXで持続的成長モデルの構築を掲げている。その中核を成すBIMは、既に設計で全件BIM化を達成し、これまでの導入期から、共通データ環境に蓄積するBIMデータを建材データベースやxRなどで、いかに利活用するかの活用期へと移行している。(2023/12/14)

「アーカックス」を“動く実物大ガンダム”の施設に展示、期間限定で 「メカやシステムの基本構成が近い」
ツバメインダストリは12日、搭乗型ロボット「アーカックス」を横浜の山下ふ頭にある「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」で展示すると発表した。(2023/12/12)

かわいすぎる肉球ポーチも! 猫好きが企画したチョコブランド「ねこみゃみれ」からバレンタイン商品登場
新商品が加わり今回は全9種! 対象の全国百貨店、量販店では2024年1月から順次販売。(2023/12/10)

『カイジ』企画展、実物大「沼」がクラファンで実現→次の目標へ向け悪魔的リターン「焼き土下座ペットハウス」を用意……っ!
セカンドゴール達成で、等身大のカイジと一条が会場に登場します。(2023/12/7)

スマートコンストラクション:
西松建設が山岳トンネル工事の無人化実現に向けた研究開発拠点を開設
西松建設は山岳トンネル技術の研究開発拠点「N-フィールド」(栃木県那須塩原市)の運用を開始した。2027年度の実用化を目指している、重機の遠隔操作/自動化技術を組み合わせた施工システム「Tunnel RemOS(トンネルリモス)」関連技術の開発を加速する。(2023/12/4)

楽天市場にAR機能 自室に商品画像を重ねて“試し置き”
「楽天市場」で販売している一部のインテリア関連商品について、自室の画像と商品画像を重ね合わせ、部屋に置いたイメージを再現できるAR機能の本格提供がスタート。(2023/11/28)

これが紙とは信じられない! 今にも動き出しそうな紙のウーパールーパーやカマキリに驚き
ただただ素晴らしい。(2023/11/23)

3Dプリンタニュース:
まるで執事のように協働ロボットがAM+αの加工をアシストする「REX-BUTLER」発表
ExtraBoldが大型3D付加製造機「EXF-12」に続く新たな製品ラインアップ「REX-Series」を発表した。その第1弾として、AM技術に+αの拡張性を持たせた新システム「REX-BUTLER」を開発し、タイでの先行販売を開始する。(2023/11/22)

「マイナスゼロ」は一番素に近い 「空白ごっこ」セツコ、4年目の1stアルバムで“苦闘”明かす 「隠したいとか言っていられない」
「今の自分がどんな武器や軸を持っているかを省みた」(2023/11/16)

商標バーチャルアイドル「TMB45」誕生、商標区分の45分類をすべて擬人化
GMOブランドセキュリティは13日、商標区分の45分類をそれぞれ擬人化した仮想アイドルグループ「Trademark Boys45」(以下、TMB45)を発表した。(2023/11/13)

二階堂ふみ、186センチの韓国俳優と新ドラマ「Eye Love You」出演 身長差30センチのいちゃいちゃショットも
二階堂さんの相手役を務めるのは韓国俳優のチェ・ジョンヒョプ。(2023/11/10)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
新生モーターショー ホンダの展示に見た、実用化への執念
10月25日から開催中の「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」。今回、注目すべきはホンダと言えるでしょう。ホンダが展示したモビリティには、ある共通点があったのです。(2023/11/4)

2025年度に実用化後は外販も視野に:
大成建設がリコーのプロジェクターで300インチ墨出し投影に成功 共同開発はBUILTがきっかけ?
大成建設は、プロジェクションマッピングを利用した独自の墨出し技術「T-iDigital MARKING」をリコーとの共同で、投映面積を300インチに拡大させるなどの高度化を図った。プロジェクター技術を有するリコーが協力した契機となったのは、驚くことにBUILTのメールマガジンだったという。(2023/10/31)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
ミッションは日立造船の次の100年を支えるデジタル化を進めること――日立造船 常務執行役員 橋爪宗信氏
先端テクノロジーを活用することで、グループ全体の事業に関する製品や生産技術の高度化、新事業/新製品開発のスピードアップを目指す日立造船。ICTの活用で、さらなる付加価値化を図る取り組みとは。(2023/10/31)

「円谷映画祭2023」開催決定 庵野秀明セレクションの「ウルトラセブン」「ウルトラマンタロウ」特別上映
TOHOシネマズ池袋の11月17日18時回は庵野さんが登壇するトークイベント付き上映。(2023/10/30)

九州民が愛してやまないドリンク「ヨーグルッペ」が立体ポーチに カプセルトイで発売
「ヨーグルッペ」をほぼ実物大で再現したポーチです。(2023/10/29)

制作中の彫刻からキノコが生えた!? 奇跡的現象が「自然と芸術の調和」「作品に命が芽吹いた」と話題
よりによってのどに生えるとか……!(2023/10/28)

ガンダム“宇宙世紀”実現に向けた取り組みが明かされる 「2025年、大型汎用操縦機械の通称を『MS』に」「ビーム・サーベルを農業に活用」など
見せてもらおうか。連邦軍のモビルスーツの性能とやらを。(2023/10/27)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
生成AIの「フェイク画像」も見分けられる? 「コンテンツクレデンシャル」を実際に試して見えた“死角”
生成AIの登場で、画像・写真の世界は大きな転換期を迎えた。その一方で、真実に見せかけた画像や写真、すなわちフェイク画像による社会的混乱が問題視されるようになった。1500社以上が加盟する「CAI」は、データの由来を保証するための立ち上げられた組織だが、実際にどのように動くのか、機能が実装された「Photoshop」で試してみた。(2023/10/25)

【ロングインタビュー】異色の王道『ウルトラマンブレーザー』なぜ生まれた? 田口清隆メイン監督が明かす
俺が聞く!(2023/10/21)

「半導体の基礎に触れ、興味を持ってもらいたい」:
実在企業の社長に!? 進化した半導体産業人生ゲームを体験
「CEATEC 2023」(2023年10月17〜20日/幕張メッセ)のJEITA(一般社団法人電子情報技術産業協会)ブースでは、「CEATEC 2022」に引き続き「半導体産業人生ゲーム」の体験会が行われた。筆者も体験してきたので、そのレポートをお届けする。(2023/10/23)

にじさんじ×スト6コラボのオンラインくじ発売 「笹木咲→エドモンド本田」などにふんした限定オリジナルグッズがもらえる
エドモンド本田になってもかわいい。(2023/10/16)

帰国のピース綾部、相方・又吉直樹と“粋な再会”へ ライブ本番で6年ぶりコンビ復活「ドキドキが止まらない」
ピース復活だ。(2023/10/14)

“道頓堀から生還したカーネルおじさん像”の等身大パネル、KFC阪神甲子園店に設置へ CS盛り上げ
幸運の象徴「おかえり!カーネル」のパネルがCS試合会場近くの店舗に登場。(2023/10/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。