ニュース
» 2010年05月26日 12時54分 UPDATE

Googleのパックマンロゴ、1億2000万ドルの損失もたらす――米調査

ユーザーは482万時間をGoogleのパックマンロゴに費やし、1億2000万ドル相当の生産性が失われたという。

[ITmedia]

 Googleがパックマン30周年を記念して公開した「ゲームとして遊べるパックマンロゴ」は、ユーザーの時間を約482万時間奪い、およそ1億2000万ドル分の損失をもたらした。時間管理ソフト会社の米RescueTimeがこのように報告している。

 同社の調査によると、パックマンロゴが公開された5月21日は、Googleでのユーザー滞在時間が通常よりも36秒増えたという。またWolfram Alphaのデータによると、この日のGoogleのビジター数は約5億470万人。これを基に計算すると、ユーザーがGoogleのパックマンロゴに費した時間は合計で約482万時間に上るという。ユーザーのコスト(給与など諸費用)を1時間当たり25ドルとすると、およそ1億2000万ドル分の生産性が失われたことになる。

 パックマンロゴは当初2日間限定で公開される予定だったが、好評のため引き続き公開されることになった

関連キーワード

Google | パックマン | 生産性 | Googleロゴ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -