ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「生産性」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「生産性」に関する情報が集まったページです。

2024年問題:
「8割超が“担い手不足”に課題、DXで労働生産性の改善に期待」建設業の働き方で実態調査
rakumoは、建設業の働き方について実態を調査した。その結果、8割超が「担い手不足」 に課題があり、DX推進で解決を期待していることが判明した。(2024/2/26)

「Apple Vision Pro」でオフィスは不要になる?【後編】
「オフィスに戻りたくない」が本音 今こそ出社よりVR/AR?
テレワークが企業において当たり前になった現代では、テレワーカーのコラボレーションを支援し、新たな働き方における生産性を向上させることが鍵となる。活躍が期待されるVR/AR技術とは。(2024/2/24)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
日本人は「労働の奴隷」? 働き損社会ニッポン、GDP4位転落の真因は……
日本のGDPがついにドイツに抜かれ、4位に転落しました。GDPとは「一定期間内に国内で新たに生み出されたモノやサービスの付加価値の合計額」です。付加価値が生まれるのは「現場」ですから、GDPが低下しているということは、現場が弱体化しているということ。なぜ、働けど働けど日本の生産性は上がらないのでしょうか?(2024/2/26)

工作機械:
毎年進化を続ける三菱電機のレーザー加工機、生産性を高める2024年版新機能とは
三菱電機はファイバーレーザー加工機「GX-Fシリーズ 2024モデル」の説明会を開催した。(2024/2/21)

キャリアニュース:
サーベイ後にアクションを起こした企業の約77%が「生産性が向上した」
中途採用サービス「ミイダス」が「エンゲージメントサーベイ」に関する比較調査の結果を発表した。サーベイ後に判明した課題に対してアクションを起こした企業の76.9%が、社員の生産性が向上したと回答した。(2024/2/20)

「Apple Vision Pro」でオフィスは不要になる?【前編】
AppleのHMD「Apple Vision Pro」は“50万円超え”でも売れるのか?
オンラインでコラボレーションをする際、没入的な3D空間でのやりとりが生産性の向上につながる可能性がある。Appleが2024年に発売したHMD「Apple Vision Pro」がこれを後押しするとの見方がある。本当なのか。(2024/2/17)

「人との関係性」が鍵に
個人や企業の生産性、イノベーションを加速させる「生成AI」活用のポイント
企業での生成AI活用の“熱”が高まっている。業務を根本的に変えるかもしれない生成AIだが、どういった分野に適応させればいいか迷う企業もあるだろう。部分最適で終わらせないためにはどうすればいいか。有識者に話を聞いた。(2024/2/16)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(19):
日本の労働生産性は昔から低水準だった! 統計データの国際比較で見えたこと
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。今回は「労働生産性」に注目します。(2024/2/8)

IIFES 2024:
リニア搬送装置同士が高速同期制御、加減速ない止まらない設備で生産性向上
ベッコフオートメーションは「IIFES 2024」において、リニア搬送システム「XPlanar」などを活用したデモ展示を行った。(2024/2/6)

ロボット:
大林組が「耐火被覆吹付けロボット」の改良版を開発 自立走行機能も強化
大林組は建設現場の省人化や生産性の向上を目指し、現場へのロボット導入による施工の自動化に取り組んでいる。今回、2019年に開発した「耐火被覆吹付けロボット」を小型化/軽量化し、自律移動機能を向上させた新型機(2号機)を開発した。(2024/2/2)

導入事例:
デジタルツール活用で橋梁補修工事を効率化、作業時間を1時間以上短縮
建設に特化した人材派遣業のワールドコーポレーションは、デジタルツールの活用支援を通じた建設現場の生産性向上に取り組んでいる。今回、構造物のメンテナンスを手掛けるショーボンド建設とともに、施工管理システムによる橋梁補修工事現場の作業効率化に取り組み、1工種に対して作業員1人分と作業時間約1時間を削減した。(2024/2/1)

産学連携の取り組み:
生成AIの社会実装へ、ベネッセなどが新団体「Generative AI Japan」を設立
ベネッセコーポレーションとウルシステムズが共同発起人となり、一般社団法人Generative AI Japanを発足した。安全で、生産性を高める生成AIの社会実装を目指す。(2024/1/26)

元エンジニアに学ぶ「スクラムセールス」 1年で受注額を4.5倍にした「脱・分業」型営業とは
営業全員で全顧客・全プロセスに対応する「スクラムセールス」――従来の分業型セールスの課題を解決し生産性を大幅に向上させるための方法とは。(2024/1/26)

産業動向:
清水建設、タワークレーン遠隔操作システムを現場展開へ IHI運搬機械対応版を開発
清水建設は、鹿島建設や竹中工務店などが開発したタワークレーン遠隔操作システム「TawaRemo(タワリモ)」を、自社現場で展開する。導入に当たって、これまでTawaRemoでの適用実績がなかったIHI運搬機械製クレーンによる現場実証試験を行い、機上運転室からの操作と同等の生産性が得られることを確認した。(2024/1/24)

BIM:
船場がBIM活用を強化 専門部署設立で業務効率化、新事業創出を推進
商業施設やオフィスの設計・施工などを手掛ける船場は、BIMの新部門「BIM CONNECT本部」を設立した。BIMデータの全社一元管理による生産性向や、新規事業の創出に向け、BIMを基盤としたデジタルプラットフォームを構築する。(2024/1/22)

製品動向:
場所打ち杭工法で、杭全長の鉛直精度を向上 地中のケーシングの傾斜をリアルタイムに可視化
三井住友建設は、場所打ち杭工法(オールケーシング工法)で、杭の鉛直精度を向上する「ケーシング下端位置計測システム」を開発した。地中部分のケーシングの傾斜をリアルタイムに可視化することで、現場での鉛直精度確認作業を省力化し、施工管理の生産性を高める。(2024/1/19)

仙石惠一の物流改革論:
フォークリフトは「運ぶための機械」ではない――迫る物流2024年問題、認識すべき基本
フォークリフトの仕事が「運搬」だと思っていたら間違いだ。その前提の上、生産性を向上させる方法を解説する。(2024/1/19)

働き方の「今」を知る:
「初動が遅い」「企業は金を取るな」――震災対応への批判から見る、日本のGDPが上がらないワケ
元日に石川県能登地方を襲った最大震度7の大地震は、能登半島を中心に深刻な被害をもたらした。震災の対応に対し「初動が遅い、小規模だ」「企業は金を取るな」――といった意見が散見されるが、こうした「お客様マインド」ともいうべき態度がめぐりめぐって日本の生産性を下げてしまっているのではないか。どういうことかというと……。(2024/1/18)

マテリアルズインフォマティクス:
材料開発プラットフォームにAIによる物性予測機能を新たに搭載
アイデミーは、材料開発プラットフォーム「Lab Bank」にAIを使った物性予測機能を新たに搭載し、2024年1月中旬にリリースする。実験のトライアル回数を削減することで、研究現場の生産性向上やDX促進に寄与する。(2024/1/15)

開発と運用で重みを増す「自動化」【前編】
「手作業の運用管理は非効率」 調査が示す、IT管理者の悲鳴
手作業によるシステム運用管理は、どれほどの生産性損失につながるのか。調査会社Forrester Researchのレポートから、IT運用に関わる現場の声を紹介する。(2024/1/15)

CES 2024:
Lenovoが新型「Yoga」「IdeaPad」を一挙に発表 「AI」で創造性と生産性を両立!
Lenovoが、Windows PCやAndroidタブレットの新製品を発表した。この記事では、「Yoga」「IdeaPad」ブランドのノートPCとAndroidタブレットの主な新製品を紹介する。(2024/1/9)

IT産業のトレンドリーダーに聞く!:
「スピード、スピード、スピード/生産性の爆上げ/挑戦」 弥生の前山社長が呼び掛けるこだわりの理由
世界情勢の不安定化や物価の高騰、そして継続する円安と業界を取り巻く環境は刻一刻と変化している。そのような中で、IT企業はどのようなかじ取りをしていくのだろうか。大河原克行氏によるインタビュー連載の第10回は、弥生の前山貴弘社長だ。(2024/1/9)

勇気ある試みに期待しているぞ! ウホォオオ!:
お悩みその22 テレワークに戻りたい(33歳 男性 プログラマー)
会社のお偉いさんは何で、テレワークだと生産性が落ちると考えるんだろうな。そこからゴリゴリつぶしていこうじゃねえか。(2024/1/9)

出社を促すオフィスデザイン【前編】
「明るい職場」で社員呼び戻し? 注目の「バイオフィリックデザイン」
自然素材や採光などの環境要素は、従業員の健康と生産性にどこまで寄与するのか。キーワードとなる「バイオフィリックデザイン」について説明する。(2024/1/5)

ドローン:
SLAMが使えないトンネル暗所でも自律飛行 戸田建設とSpiralが障害物回避飛行に成功
戸田建設とSpiralは、山岳トンネル工事の安全性と生産性を向上させるべく、両社が共同開発した非SLAM型自律飛行ドローンによる障害物回避飛行を検証した。今後も現場実証を繰り返し、2025年度の本格運用を目指す。(2023/12/21)

製造マネジメントニュース:
日立が生成AI活用強化へポスト新設 各セクターで任命、実効性高める
日立製作所は、生成AI活用による生産性の向上や新たな事業機会創出のため、各事業領域でAIトランスフォーメーションを推進するポスト「Chief AI Transformation Officer」を新設した。(2023/12/21)

SEMICON Japan 2023:
高度なガス流量制御で半導体製造工程の生産性向上、堀場エステックが新製品
堀場製作所は「SEMICON Japan 2023」において、次世代圧力式マスフローコントローラー「CRITERIONシリーズ」の新製品として「D700T」「D700uF」を出展した。(2023/12/19)

SEMICON Japan 2023:
次世代パワー半導体材料を非接触で切断、素材の有効活用率を高め生産性向上
三菱電機は「SEMICON Japan 2023」においてマルチワイヤ放電加工機「DS1000」による半導体材料の加工サンプルなどを展示した。(2023/12/18)

コスト、セキュリティ、パフォーマンスだけではない:
「次の経営課題」対策を踏まえたPC選定 情シス担当のためのチェックポイント
オフィスPCの「Windows 10」から「Windows 11」へのアップグレードは既に待ったなしの状況だ。移行後にWindows 11をフル活用して生産性向上などの成果を得るために、Windows 11の設計とハードウェアの特性をうまく生かしたPCの選び方とは。(2023/12/8)

日本IBMとNTTデータがAI活用で協業 保険業界に“デジタル従業員”提供
日本アイ・ビー・エムとNTTデータが、保険業界に向け、従業員の生産性を向上するAIを共同開発する。NTTデータが持つ保険業界向けのノウハウと、IBMのAI技術「IBM watsonx Orchestrate」を活用し、“デジタル従業員”ソリューションを提供するとしている。(2023/12/14)

理想的な集中時間は1日4時間、会議時間は1日2時間まで:
Slack、「義務感による時間外労働は生産性低下につながる」との調査結果を明らかに
Slackは、世界6カ国の1万人以上のデスクワーカーを対象とした勤務時間や生産性などに関する調査結果を発表した。(2023/12/14)

PR:いろいろな現場で生産性向上に貢献! デル・テクノロジーズのタフネスPC「Latitude Rugged」の魅力とは?
デル・テクノロジーズのタフネスPC「Latitude Ruggedシリーズ」は、さまざまな環境で便利に使える頑丈なモバイルPCだ。この記事では、同シリーズでもっともコンパクトで軽量な新製品「Latitude 7030 Rugged Extremeタブレット」を中心に、同シリーズの魅力に迫る。(2023/12/13)

今日のリサーチ:
生成AI活用の業務効率化以外のメリット、約6割が「コンテンツの多様化」を実感――Macbee Planet調査
生成AIの業務利用では効率化や生産性向上が注目されがちですが、すでに生成AIを導入しているマーケティング担当者は、さまざまな効果を実感しているようです。(2023/12/6)

協働ロボット:
現場従業員と協調する木製筐体の自律移動ロボ、ChatGPT活用の保守運用も構築へ
a-roboは、木製筐体の自律移動ロボット「Boomee」を日東ユメックスと共同開発した。工場内を自律的に移動し、1台で複数の工程を担うBoomeeと、現場従業員とが協力して、生産性の向上と労働環境の改善を目指す。(2023/12/6)

Experimental属性とインターセプターによる高速化支援も:
C# 12公開 構文の簡素化、実行速度向上などにより生産性が向上
MicrosoftはC# 12のリリースを発表した。C# 12では構文が簡素化され、実行速度が向上した。(2023/12/6)

トライバルメディアハウスのマーケ戦略塾:
分業体制の罠 「スペシャリストという名の作業マシン」を量産する組織に未来はない
業務が高度化すると、生産性向上を狙って「分業」がよく行われます。しかし、それが従業員の「やりがい」や「働きがい」を減らし、最終的に離職率や競争力を悪化させている課題があります。この問題はどう解消すべきでしょうか?(2023/12/6)

TOPPANがS/4HANAとSAP BTPで業務生産性を2倍に 今後の目標は
TOPPANホールディングスがS/4HANAとSAP BTPで業務生産性を2倍にした。同社の今後の目標とは。(2023/12/4)

コラボレーションツールを業務に生かし切る条件【前編】
コロナ禍に導入したコラボレーションツールが定着しなかった理由
コロナ禍を契機に加速したコラボレーションツールの利用。導入したからには生産性向上にコラボレーションツールを役立てたいと願うものの、うまくいかない場合がある。その原因を探る。(2023/12/4)

AIがもたらす離職リスク
実は深刻な「AIに仕事を奪われる」恐怖症、人を大事にするマネジメントとは?
調査によると、「AIに仕事を奪われる」という恐怖心に起因する生産性低下の損失は数百万ドル規模になる可能性がある。従業員に不安を与えずにAI技術を普及させるために、経営層はどのような配慮が必要なのか。(2023/12/1)

株式会社ベネフィット・ワン提供ホワイトペーパー:
PR:人気の福利厚生サービスを簡単に整備、実効的な従業員エンゲージメントの高め方
離職率や生産性にポジティブな影響を与えるとされる「従業員エンゲージメント」。これを高めるには、福利厚生の拡充が有効だが、育児・介護の両立支援など人気の施策を整備するのは簡単ではない。解決策はあるのか。(2023/11/29)

Teams使用状況レポート利用のTIPS
Microsoft Teams管理者はユーザーの何を見られるのか 「ユーザーアクティビティー」の正体
プライバシーを侵害せずに、企業がテレワーク中の従業員の生産性を把握したい場合、「Microsoft Teams」のアクティビティーレポートを利用するという手段がある。Teamsはどのような行動を計測しているのか。(2023/11/28)

クラウド基盤の再構築、Copilotの展開、データとAIの接続強化、開発者支援:
Microsoft、「Azure AI Studio」「Copilot in Microsoft Fabric」などAI推進戦略の100以上の取り組みを発表
Microsoftは年次イベント「Microsoft Ignite 2023」を開催し、技術展開、生産性、セキュリティなど、AI推進戦略に関わる100以上の取り組みを発表した。(2023/11/22)

AIツールを活用する開発者に学ぶ:
企業がAIで成果を出すための3つのヒント GitHub
GitHubは企業がAIの取り組みを加速させていく上で、生産性とコラボレーションを向上させるための3つのヒントを解説した。(2023/11/21)

仙石惠一の物流改革論:
ムダな出費を生む「異常物流」を撲滅せよ 2024年問題、DXの前にやるべき基本
物流業界における「2024年問題」はすぐそこまで迫っている。この問題を克服するためには物流業の生産性向上以外の道はない。(2023/11/21)

社長が力説:
生成AIで企業はどう変わるのか オラクル「NetSuite」が提唱する新時代のERP
日本オラクルが生成AIの活用に本腰を入れる。主に中小企業向けに展開するクラウドソフト「Oracle NetSuite」全体に生成AIを組み込み、生産性向上の支援に注力する。(2023/11/21)

エンジニアの「経験則」に頼らない:
PR:AI活用でシステム設計の最適化は激変する! 生産性を10倍にするCadenceの最新ソリューション
エンジニアの経験則に頼っていた半導体パッケージや基板などのシステム設計が、AI(人工知能)技術の活用で大きく変わりつつある。独自の強化学習エンジンを搭載したCadenceの「Optimality Intelligent System Explorer」は、システム設計の最適化を自動化し、設計時間を大幅に短縮化するソリューションだ。ある事例では、イタレーションを従来の数千回から数百回に削減できたという。(2023/11/20)

オフィス家具とICTでチームの生産性を高める:
内田洋行 大久保社長「人とデータへの投資が拡大」 ICTと空間を融合したハイブリッドオフィスを提案
コロナ禍で一気に広がったリモートワークだが、現在ではオフィス回帰のニーズも増えてきている。「ICT」と「空間」の両面からワークプレースの新しい在り方を模索する内田洋行は、2023年11月14〜17日に都内で開催するオフィス家具とICTの新製品発表会「UCHIDA FAIR 2024」で、「人が主人公となるハイブリッド・ワークプレイス」をテーマに、働き方の多様化に対応しながらチームの結束力と創造的生産性を高めるオフィス空間を提案する。(2023/11/16)

ロボット:
鹿島が墨出しを“全自動”で行うロボ「ロボプリン」を開発 生産性が約2倍に
鹿島建設は、墨出しを全自動で行うロボット「ロボプリン」を開発し、既に神奈川県小田原市の機械技術センターで実証し、生産性が約2倍に向上することが証明された。(2023/11/13)

コラボツールの乱立をどう避ける?【後編】
“コラボ疲れ”を防ぐには? 社内ツールとうまく付き合う4つのヒント
複数のコラボレーションツールを併用している状態は、生産性の低下を引き起こす可能性がある。ツールの乱立状態を防ぎ、IT部門が適切に管理するための「4つのヒント」を紹介する。(2023/11/10)

コラボツールの乱立をどう避ける?【中編】
Teams、Zoom、Slack……その疲労感は「コラボツール乱立」のせい?
複数のコラボレーションツールを使い分ける状況が続くと、さまざまな悪影響が生じる可能性がある。注意が必要なのは生産性の低下だけではない。どのようなデメリットがあるのか。(2023/11/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。