ITmedia NEWS >
ニュース
» 2010年06月03日 19時28分 UPDATE

参院選の立候補予定者が動画で政策語る「e国政」 ニコ動をインフラに

参院選の立候補予定者が政策を語る動画を配信する「e国政」が公開された。インフラにニコ動を使い、立候補予定者による生放送も可能になっている。

[ITmedia]
photo e国政

 早稲田大学マニフェスト研究所(北川正恭所長)は6月3日、参院選の立候補予定者が政策を語る動画を配信する「e国政」を公開した。ニワンゴと日本青年会議所が協力し、「ニコニコ動画」のインフラを利用する。

 立候補予定者が政策や国政に対する考え方を語った動画を配信できる。候補者1人あたりの動画投稿数は無制限。候補予定者のプロフィールや近況も掲載する。候補予定者は、選挙区、比例区などから検索できる。

 また街頭演説やイベントなどを生放送する機能も備える。Twitter連携機能も搭載し、ページ中ボタンからコメントとハッシュタグ、動画URLをつぶやける。関連ツイートは、動画下に表示される。

 ログインしなくても視聴できるが、動画にコメントを付けることはできない。

 「有権者が政策本意で候補者を選出する場を設ける必要がある」という考えから同サービスをスタート。昨年の都議選衆院選では、「JANJAN」の政治家データベース「ザ・選挙」内に特設サイトを設け、都議選では立候補予定者158人、衆院選では768人が利用した。

関連キーワード

政策 | ネットと選挙 | ニコニコ動画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.