ニュース
» 2010年06月22日 11時36分 UPDATE

iPhone新OS「iOS4」アップデート、日本でもスタート

マルチタスクなどに対応した「iOS4」へのアップデートが、日本国内でも6月22日未明にスタートした。アプリのフォルダ分けやカメラまわりなど、さまざまな機能が追加されている。

[ITmedia]

 iPhone/iPod touch用の新OS「iOS4」へのアップデートが、日本国内でも6月22日未明にスタートした。早速インストールしたユーザーが、Twitterなどで使用感を報告している。アップデートには、最新のiTunesをインストールしたPCが必要。


画像 マルチタスクで4つの機能を同時起動中。ホーム画面の壁紙も変えられる
画像 アイコンをフォルダに整理
画像 ソフトキーボードで顔文字入力も

 iOS4はマルチタスクが可能(iPhone 3GSとiPod touchの最新モデルのみ)。対応アプリなら同時起動でき、バックグラウンドで動作する。起動中のアプリは、ホームボタンのダブルクリックで確認でき、簡単に切り替えられる。

 アプリをフォルダ分けする機能も。アプリのアイコンを長押ししてドラッグし、ほかのアイコンに重ねれば、重ねたアプリ入りのフォルダが自動で作られる。

 ソフトウェアキーボードは顔文字入力に対応した。メールやメモアプリなどでは、英語のスペルチェック機能も使える。Bluetoothキーボードにも新たに対応し、外付けキーボードを使えるようになった。

 内蔵写真アプリはGoogleマップと連動。撮影場所をGPSで記録し、地図上に表示する。5倍のデジタルズーム機能も新搭載した。動画撮影機能では、画面をタップするだけでピントを合わせられる。

 メールアプリでは、すべてのメールアカウントのメッセージを1つの受信ボックスにまとめて表示したり、メッセージをスレッドで整理するといった機能を追加した。

 iPadで先行して提供していた電子書籍アプリ「iBooks」にも対応した。

 Twitterでは早速インストールしたユーザーが使用感を報告しており、マルチタスクやフォルダ機能を評価する声が挙がっているほか、「標準のカメラアプリのシャッター音が大きくなった」ととまどう声も出ている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -