ニュース
» 2010年07月02日 15時10分 UPDATE

電池の+と−を気にせず入れられる技術、Microsoftが発表

電池をどの向きに入れても電子機器が動作する「InstaLoad」技術を、Microsoftが開発した。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月1日、電池の向きを気にしないで電子機器に入れられる技術「InstaLoad」を発表した。

 通常、電池は+極と−極を決まった向きにして入れなければならないが、InstaLoadを使えば、どちらの向きに電池を入れても機器が動作するようになる。この技術は、単1電池〜単4電池、CR123など一般的な電池を使う懐中電灯や玩具、充電器などで使用できる。

ah_battorient.jpg どの向きに電池を入れても動作する

 手早く簡単に電池の入れ替えができ、複数の電池をつかう機器や、頻繁に電池の入れ替えが必要な機器で役に立つ。Microsoftはこの技術をデバイスメーカーにライセンス供与する。既に電池メーカーのDuracellなどがこの技術を支持する意向を示している。

関連キーワード

Microsoft | 充電器


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -