ニュース
» 2010年07月06日 07時10分 UPDATE

Windows 2000とXPに新たな脆弱性か? MicrosoftがTwitterで速報

影響を与える脆弱性について、Microsoftが調査に乗り出した。

[ITmedia]

 米Microsoftのセキュリティ対策センター(MSRC)は7月5日のTwitterで、Windows 2000とXPに影響を与える脆弱性の報告を受け、調査に乗り出したことを明らかにした。

 MSRCによると、脆弱性は「mfc42.dll」に存在するという。さらに詳しい情報が入った時点でブログやアドバイザリーなどを公開する方針とみられる。

winval.jpg MSRCはTitterで第一報を出した

関連キーワード

脆弱性 | Windows 2000 | Microsoft | Windows XP


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -