ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2010年07月12日 13時41分 UPDATE

参院選、どこに投票した? “ネット出口調査”の傾向は

参院選の“出口調査”がネット上でも行われている。ヤフーの調査では、「みんなの党」が実際の結果以上に大躍進している。

[岡田有花,ITmedia]
画像 「おしえて!あなたの一票」の12日午後1時時点の結果

 7月11日に投開票された参院選の投票先をたずねる“出口調査”がネット上でも行われた。「Yahoo!みんなの政治」では、比例・選挙区それぞれの投票先を聞く「おしえて!あなたの一票」を13日午前10時まで実施中。「ニコニコ動画」でも11日に「ネット出口調査」を行い、約31万人から回答を得た。

 参院選比例区の実際の得票率は、民主党が31.6%、自民党が24.1%、みんなの党が13.6%。改選議席数(121議席)に占める獲得議席の割合は、民主党が36%(44議席)、自民党が42%(51議席)、みんなの党が8%(10議席)だったが、ネット調査ではそれぞれのユーザー層を反映し、実際の結果とはやや異なる結果が出ている。

 「Yahoo!みんなの政治」の「おしえて!あなたの一票」には、12日午後1時時点で約4万人が参加。投票先(比例・選挙区を各1票、計2票として統計)は多い順に自民党34%、民主党22%、みんなの党20%となっており、みんなの党が実際の結果を大きく上回っている。回答者は20代〜40代、会社員、関東地域の人が多く、みんなの党の支持層と重なりが大きかったのかもしれない。

 従来から自民支持層が比較的多いニコニコ動画の「ネット出口調査」(20代〜40代の回答を集計)で、白票以外を投じたと答えた人の投票先を政党別に見ると、比例区では42%が自民党、16%が民主党、14%がみんなの党に投票。選挙区でも同様に自民党が優勢で、48%が自民党、20%が民主党、12%がみんなの党となっている。

注:動画の円グラフには投票しなかった人と白票を入れた人も含まれているが、本記事では比較しやすいよう、白票以外を投票した人のみを母数とし、政党別の割合を換算した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.