ニュース
» 2010年07月22日 07時33分 UPDATE

Firefoxの更新版がリリース、深刻な問題を多数解決

Firefox 3.6.7では全部で14件の脆弱性を解決され、同じ脆弱性が存在していたThunderbirdとSeaMonkeyの更新版も公開された。

[ITmedia]

 Mozilla Foundationは、Webブラウザの更新版となる「Firefox 3.6.7」を7月20日付でリリースし、多数の脆弱性や安定性の問題を解決した。

 Mozillaのセキュリティアドバイザリーによると、Firefox 3.6.7で解決した脆弱性は全14件で、うち8件が危険度「最高」に分類されている。具体的には、PNG画像ファイルの処理やCSSの値を保存するための配列クラス、プラグイン引数要素の名称と値を保存するためのコード、DOM属性の複製処理などに脆弱性が存在する。これらの問題を悪用された場合、リモートでコードを実行される恐れがあるという。

 同じ脆弱性を解決したThunderbird 3.1.1と、SeaMonkey 2.0.6も併せてリリースしている。

関連キーワード

脆弱性 | Firefox | Mozilla | Thunderbird | SeaMonkey


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -