ニュース
» 2010年07月28日 15時34分 UPDATE

世界初の家庭向け3D対応ムービーカメラ、パナソニックが発売

家庭向け初の3D対応ムービーカメラをパナソニックが発売。AVCHDカメラに3Dレンズを装着して撮影し、サイドバイサイド方式対応の3Dテレビで再生できる。LUMIX G用3Dレンズも発売へ。

[ITmedia]
photo

 パナソニックは7月28日、家庭向けとしては世界初となる3D撮影対応ムービーカメラを8月下旬に発売すると発表した。AVCHD対応カメラに3Dコンバージョンレンズを装着して撮影し、3Dテレビで再生できる。年内に、一眼カメラ「LUMIX G」用3Dレンズも発売する予定だ。

 発売するのはAVCHD対応ビデオカメラ「HDC-TM750」と「HDC-TM650」、両機種に装着できる3Dコンバージョンレンズ「VW-CLT1」。それぞれオープン価格で、実売予想価格はHDC-TM750が16万円前後、HDC-TM650が13万円前後、VW-CLT1が3万8000円前後。

 3Dコンバージョンレンズを、カメラのレンズ部に装着することで3D撮影できる。コンバージョンレンズは2眼式で、左右のレンズそれぞれで撮影した映像を本体で1つの映像として記録。3D方式は、3D放送と同じサイドバイサイド方式で、専用眼鏡をかけることで3D再生を楽しめる。同方式に対応した3Dテレビであれば、他社製テレビでも3D再生が可能。AVCHDフォーマットで3D映像をBlu-ray Discなどに保存することもできる。

photo HDC-TM750(左)とHDC-TM650。TM750はマニュアルリングや5.1chマイク、ビューファインダーを装備
photo
photo 3Dコンバージョンレンズ装着時の光路

 HDC-TM750/650は3MOSセンサーを搭載。1080/60p記録に対応する。内蔵メモリはTM750は96Gバイト、TM650は64Gバイト。それぞれSCXC対応スロットも備える。新搭載の低照度ノイズリダクションにより、従来機種比でノイズを約40%低減できるとしている。

 サイズ・重さ(撮影時)は、TM750が66(幅)×69(高さ)×138(奥行き)ミリ、約440グラム。TM650が62(幅)×66(高さ)×126(奥行き)ミリ、約388グラム。VW-CLT1は78(幅)×59(高さ)×97(奥行き)ミリ、重さ約195グラム。

 「3D市場をリードする」と意気込むパナソニックは、1週間前に3D Blu-ray対応ドライブとHDDを内蔵した「3D VIERA」2機種を発表したばかり。西口史郎デジタルAVCマーケティング本部長は「ムービーカメラが引き金となり、3D需要が一段と伸びると期待している」と話す。

 コンバージョンレンズ装着型としたのは「小型化でき、価格を抑えられるメリットがある」ため。今後、3Dレンズ一体型も準備していくという。またLUMIX G向け3D交換レンズを年内に発売するほか、3D対応のコンパクトデジタルカメラも市場動向を見ながら投入を検討していくという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -