ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2010年08月17日 18時58分 UPDATE

3DのHD動画撮影できるデジカメ、富士フイルムから

3Dハイビジョン動画撮影に対応したデジタルカメラを富士フイルムが9月4日に発売する。

[ITmedia]

 富士フイルムは8月17日、ハイビジョン(HD)動画撮影に対応した3Dデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W3」を9月4日に発売すると発表した。オープン価格で、実売予想価格は4万8000円前後。

画像

 昨年発売した3Dデジカメ「FinePix REAL 3D W1」の後継機種。2つのレンズと2つのCCDを搭載し、人間の目と同様視差を利用して3D化する。

 新たに、最大1280×720ピクセルの3Dハイビジョン動画の撮影に対応した。撮影した3D映像は、背面の裸眼立体視対応液晶ディスプレイで表示したり、3D対応テレビやPCで再生できる。

 サイズは124(幅)×65.9(高さ)×27.8(奥行き)ミリ、重さは約250グラム(バッテリー含む)。詳細記事はこちら

関連キーワード

3D | 富士フイルム | デジカメ | FinePix | HD動画 | 3Dカメラ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.