ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

  • 関連の記事

「3Dカメラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「3Dカメラ」に関する情報が集まったページです。

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
小型軽量レンズの時代がキター! 「CP+2024」でみえたデジカメ最新動向
「CP+2024」が開幕した。今回、注目したいのが「交換レンズ」。スペックに対して非常に小型軽量な新製品が相次いで登場したのだ。(2024/2/23)

「頑丈ノートPC」の概要と主要製品6選【第7回】
工場や倉庫で活躍する“頑丈タブレット”「xTablet」のスペックは?
工場や作業現場など、過酷な環境でも使用できる頑丈仕様のタブレットがある。米国のベンダーMobileDemandの「xTablet」シリーズのスペックを解説する。(2024/2/11)

“俺の嫁”はポケットに 小さな立体ディスプレイ「Looking Glass Go」が魅惑的すぎた AI連携で会話も
国内でクラウドファンディングが始まり人気を集めている「Looking Glass Go」。なぜ「空間AIディスプレイ」とうたっているのか、ポイントを紹介します。(2023/12/6)

2023国際ロボット展:
知能ロボットがコンテナ荷降ろしを自動化、混載通い箱のパレタイジングにも対応
Mujinは、「2023国際ロボット展」において、デバンニング作業を自動化する「TruckBot(トラックボット)」を日本初公開した。(2023/12/5)

協働ロボット:
手先のラストワンインチを埋める、器用さをもたらすロボットハンド
Thinkerは量産を見据えた開発フェーズとして開発中のロボットハンド「Think Hand F」のα版を「2023 国際ロボット展」に出展する。(2023/11/24)

“とにかく明るい安村”が可動フィギュア化!? 「これは予想外」「何やってんだバンダイ(笑)」など反響
これがバンダイの本気か……。(2023/11/18)

Automation Fair 2023:
米の無人フォークリフトとAMRが重量物搬送デモ、MESとの連携も披露
Rockwell Automation(ロックウェル・オートメーション)は年次イベント「Automation Fair 2023」において、AMRやAGF(無人自動フォークリフト)を活用したデモンストレーションを披露した。(2023/11/17)

「iPhone 15 Pro」で現代に復活したAndroidスマホ黎明期の“ある機能” Vision Proとの合わせ技で復権なるか
Appleの「iPhone 15 Pro」に搭載される新機能「空間ビデオ」が面白い。というのもトレンドが12年越しに一周して戻ってきたからだ。スマホのカメラをウォッチしてきた記者が解説する。(2023/9/13)

3Dスキャナーニュース:
3Dカメラでスキャンするだけで使える点群編集ソフトの取り扱い開始
アスクは、エリジオンの点群編集ソフトウェア「InfiPoints」の取り扱いを開始した。3Dカメラでスキャンしたデータの合成、寸法計測、各種シミュレーション、3Dモデリングなどの作業が簡単に行える。(2023/9/7)

スマート工場最前線:
パナソニックが進めるリサイクル工程の自動化、エアコン室外機をAI活用で分解
パナソニックHDなどは、エアコン外装自動分解設備と、分解に必要な情報を蓄積する分解データベースによるエアコン室外機外装自動分解システムを開発し、同設備を導入したパナソニック エコテクノロジー関東を公開した。(2023/8/2)

BIM:
東急コミュニティーがオフィスビル改修で「Matterport Pro3」を採用 野原グループとともに現場をBIMモデル化
東急建設は、オフィスビル改修工事に、3D撮影カメラ「Matterport Pro3」を採用し、点群データからBIMモデルを生成して、改修工事の2D図面の作成に関わる問題を解消した。(2023/7/27)

協働ロボット:
ロボットを導入したら社員が増えた? 北陸中小企業が示す自動化と採用の好循環
金型製作、プレス加工の有川製作所は2023年7月18日、協働ロボットなどを活用した自動化システムの展示施設「小人の靴屋」を開所した。(2023/7/20)

FOOMA JAPAN 2023:
デンソーウェーブが高速協働ロボットで総菜自動化、AI活用で不定形物も巧みに把持
デンソーウェーブは「FOOMA JAPAN 2023」において、協働ロボット「COBOTTA PRO」を活用した総菜盛り付け工程の自動化ソリューションなどを披露した。(2023/6/16)

FOOMA JAPAN 2023:
省スペースでアクセスフリーのパレタイジングロボ、射出成型品取り出し技術活用
ユーシン精機は「FOOMA JAPAN 2023」において、可搬重量50kgのパレタイジングロボット「PA-50LC」によるデモンストレーションを披露した。(2023/6/15)

「Apple Vision Pro」を先行体験! かぶって分かった上質のデジタル体験
AppleがWWDC23にて発表したMRヘッドセットが「Vision Pro」だ。これまでのAR/VRなどのHMDデバイスと何が違うのだろうか。林信行氏が真っ先にかぶって分かったことをまとめた。(2023/6/6)

Apple初のMRデバイス「Vision Pro」は欲しい……けど高すぎ? 約50万円 ネットでは意見さまざま
米Appleが発表した、同社初のMRヘッドセット「Apple Vision Pro」についてネット上でさまざまな反応が見られている。「Vision Pro」がTwitterトレンドの上位にランクイン。ユーザーからは値段に対するリアクションが特に多い。(2023/6/6)

Apple新ハードまとめ 初のMRデバイス、新型Mac ProにMac Studio、MacBook Airには15型追加
米Appleの年次開発会議「WWDC23」で、同社初のMRヘッドセットや新型「Mac Pro」「Mac Studio」、MacBook Airの15インチモデルなどを発表した。(2023/6/6)

アップル、初のMRヘッドセット「Apple Vision Pro」正式発表 3499ドル、発売は24年頭に
米Appleは6月5日(現地時間)、年次開発会議「WWDC23」において、同社初のMRヘッドセット「Apple Vision Pro」を発表した。実空間とコンピュータのディスプレイを融合するMR技術に対応し、新たに「空間コンピューティング」を標榜する。(2023/6/6)

Apple、“空間コンピュータ”をうたうMRヘッドセット「Vision Pro」発表 価格は約50万円
米Appleが新カテゴリーとなるMRヘッドセット「Vision Pro」を発表した。(2023/6/6)

ロボット:
アイリスオーヤマ、業務用全自動床洗浄ロボットの国内販売開始
アイリスオーヤマは、Gausiumの業務用全自動床洗浄ロボット「Scrubber 50 Pro アイリスエディション」の国内販売を開始する。同ロボットは、特にタイルの床面や雨天時の足跡の汚れなどの清掃に適する。(2023/5/22)

3Dスキャナーニュース:
シンプル構成の3Dスキャナーシステム、ワンクリックで高精細3Dデータを生成
OMデジタルソリューションズは、Arcana製作所と共同開発した3Dスキャナーシステム「FacTrans Pro/E-M1 III」を発表した。シンプルなシステム構成で、ワンクリックで高精細な3Dデータを高速生成できる。(2023/5/1)

サービスロボット:
PR:かつてない自律性能で清掃を省人化 最先端床洗浄ロボットはどこまでできる?
人手不足が叫ばれる清掃業界の救世主として、ケルヒャーが2023年4月16日に同社初の床洗浄ロボット「KIRA B 50」をリリースした。他とは一線を画す高い「自律化」を掲げるこのマシンの新技術やユーザーメリットを聞いた。(2023/4/21)

インフィニオン IRS2976C:
3Dカメラシステム向けToFイメージセンサー
インフィニオン テクノロジーズは、pmdtechnologiesと共同で、3Dカメラシステム向けのToFイメージセンサー「IRS2976C」を発表した。比較的低コストのフロントサイド照明イメージセンサーでありながら、30%以上の量子効率を有する。(2023/3/28)

産業用ロボット:
ブリヂストンのソフトロボティクスに目が宿る、物流ピースピッキング自動化を加速
ブリヂストンは、ロボットの「指」となる部分にゴム人工筋肉を搭載したソフトロボットハンドを展開するソフトロボティクス事業について説明するとともに、知能ロボットシステムを手掛けるアセントロボティクスとの資本業務提携を発表した。(2023/2/2)

第7回 ロボデックス:
3Dカメラによる移設容易なコンベヤートラッキング、ねぎをつかむ独自ハンドも
豆蔵は「第7回 ロボデックス」において、ビジュアルコンベヤートラッキング技術を用いて食品工場の自動化ラインに模したデモンストレーションを披露した。(2023/2/1)

プラマイデジタル:
「医療のデータベース化は国の命運に関わる」──テクノロジーは医療をどう変える?
日本の医療現場がDXに向けて大きく動きだそうとしている。「医療のデータベース化は国の命運に関わる」と前向きな声も上がっている。テクノロジーが解決できる医療現場の課題とは何か。医療×DXの最前線に立つ医師に聞いた。(2023/2/1)

ロボデックス2023:
“三位一体”3Dビジョンでロボットを迅速立ち上げ、Mech-Mindが日本展開を強化
Mech-Mind Roboticsは、「第7回ロボデックス」において、カメラと画像処理ソフト、ロボットプログラミングソフトを組み合わせた3Dビジョンシステムを紹介。これらと産業用ロボットを組み合わせばら積みピッキングなどを行うデモンストレーションを披露した。(2023/1/27)

AR:
変電所屋外設備の保守にARを活用する検証を実施、プレミアムアーツら
プレミアムアーツ、マーターポート、PTCジャパンの3社は、中部電力とともに、拡張現実や空間データプラットフォームを活用し、屋外での設備操作に対する安全と信頼性の確保に向けた検証を行った。(2022/12/13)

自動運転技術:
カメラのみで完全無人運転の農業用トラクター、フォックスコン生産で納入開始
米国のMonarch Tractorは2022年12月1日(現地時間)、農業用のスマートトラクター「MK-V」の納車を開始したと発表した。米国のアルコール飲料大手のConstellation Brandsに6台を納入した。NVIDIAの「Jetson Xavier NX」を採用してカメラのみを用いて自律走行するトラクターで、有人運転を行うための装備はオプションになるという。(2022/12/7)

VR/AR/MRニュース:
屋内外問わずあらゆる空間のデジタルツインを作成、LiDARセンサー搭載3Dカメラ
マーターポートは、3Dキャプチャーデバイスの新製品「Matterport Pro3」の国内販売開始を発表した。標準構成のキットと、各種オプションや高密度点群データの書き出し、延長保証などを追加したアクセラレーションキットを展開する。いずれもオープン価格。(2022/11/10)

第1回 ロボデックス 秋:
ロボットが先回りして次作業を指示、人との協働でピッキング作業を大幅効率化
ラピュタロボティクスは、「第1回 ロボデックス 秋」において、ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」を用いたデモンストレーションを披露した。(2022/9/6)

3DグラフィックスUI:
PR:組み込み機器にも求められる3DグラフィックスUI、開発の近道を探る
メタバースやVR/ARなど日常的に用いられる3Dコンテンツが増える中で、組み込み機器のUIにも3D化が求められている。組み込み機器におけるUIの3D化は容易ではないが、The Qt Companyの「Qt」を活用すればその道を開くことができるだろう。(2022/8/1)

「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」12月公開 13年越しの続編に歓喜の声「やっとやるのか」「もう白紙になったのかと」
ようやく!(2022/4/28)

VR/AR/MRニュース:
空間3Dキャプチャー/3Dデジタルツインの米Matterportが日本法人を設立
空間3Dキャプチャー技術を用いて、建物をはじめとする構造物の3Dデジタルツインの作成を支援する米Matterport(マーターポート)は2022年4月14日、オンラインで日本法人設立に関する記者説明会を開催した。(2022/4/18)

2022国際ロボット展:
3D CADデータのない製品の詳細な3Dモデルを生成、デジタルツイン技術として展開
アセントロボティクスは、「2022国際ロボット展(iREX2022)」において、3D CADデータのない製品の詳細な3Dモデルを生成できる独自のデジタルツイン技術を発表した。(2022/3/17)

2022国際ロボット展:
ステレオカメラの3Dセンサーと一味違う、ヌヴォトンの単眼3Dカメラ
ヌヴォトン テクノロジージャパンは、「2022国際ロボット展(iREX2022)」において、単眼カメラにより距離情報、近赤外画像、白黒可視画像を視差や時差なく同時に取得できる3Dセンシングカメラ技術「Imaging LiDAR」を展示した。(2022/3/16)

2022国際ロボット展:
扉を開けて台車を運ぶ、芝浦機械が手足一体型の移動型双腕ロボットを披露
芝浦機械は、「2022国際ロボット展(iREX2022)」(東京ビッグサイト、2022年3月9〜12日)において、台車をそのまま運び、扉の開け閉めやワークの積み下ろしを行える移動式ロボット2機種を参考出展し、デモンストレーションを行った。(2022/3/15)

2022国際ロボット展:
「唐揚げ2個、やっぱり3個で」 あいまいな命令でも“分かってくれるロボ”、三菱が開発
三菱電機が「2022国際ロボット展」で、口頭の指示でも正確に作業を実行できるロボット制御技術「ティーチングレスロボットシステム技術」を披露した。「唐揚げ2個を弁当箱の第1区画に入れて……あ、やっぱり3個で」といった指示でも速やかに実現できる。(2022/3/11)

2022国際ロボット展:
“ニコンのロボット”を外販へ、アクチュエーターやカメラで独自技術を採用
ニコンは、「2022国際ロボット展(iREX2022)」(東京ビッグサイト、2022年3月9〜12日)に出展し、独自のダブルエンコーダー構造を採用したインテリジェントアクチュエーターユニットと、認識用のスマートカメラ、治具としてピンセットを用いるハンドなどを組み合わせた独自のロボットシステムを紹介した。既にニコン内の工場では実用化しており、今後システム販売およびデバイスとしての販売の両面で検討を進めていくとしている。(2022/3/11)

肉眼で確認できない物体も検出:
SteraVision、可動部のない自動運転用LiDARを開発
SteraVisionは、可動部がない自動運転用の「ソリッドステートLiDAR」を開発した。LiDARによる物体検出と3Dカメラ画像を融合させ、自動運転車向け認識技術(パーセプションAI)と連動させることにより、人間の目のような機能を持った視覚システムを実現できるという。(2022/2/24)

ロボットの活用事例:
しゃぶ葉やガストが導入する「配膳ロボ」の実力は?  最先端、中国のロボット事情
2021年10月、すかいらーくグループは、全国2000店舗に中国製の配膳ロボットを導入すると発表。中国では、配膳ロボットのほか、レベル4の自動運転技術を備えた業務用掃除ロボットも導入が進む。中国ロボットの総合代理店を務める日本のテクトレ社と、すかいらーくグループにロボット活用事例を聞いた。(2022/2/23)

ここまでやるかーの鬼再現性 バッドボーイズ佐田、「鬼カワイイ!!」愛車「ローレル」ミニカーと自身ソックリのフィギュアに大興奮
ガチな再現性やばすぎー!(2021/10/1)

FAニュース:
AIを活用し、ロボットが不定形物を高速で安定してピッキングするシステム
グローリーは、ロボット事業の新サービス「不定形物認識技術システム」を拡充する。AIを活用した独自の認識技術により、重なり合った製品や不定形物に対して高速で安定感のあるピッキングを行う。(2021/9/21)

「OPPO Find X3 Pro」をじっくりと試す パフォーマンスに死角なし、カメラも先代から進化
「OPPO Find X3 Pro」が6月30日に発売された。SIMフリー版も7月16日に発売予定だ。有機ELディスプレイに約5000万画素の「デュアルフラッグシップカメラ」、遊び心のある「顕微鏡カメラ」や拡張性の高い独自OS「ColorOS」を搭載。実際の使い心地をチェックした。(2021/7/12)

電子ブックレット(メカ設計):
アシックス新シューズ/8.2秒ガラスの魅力/セコムの警備ロボ
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2021年4〜6月に公開したプロダクトデザイン関連のニュース記事などをまとめた「『デザインの力』まとめ――2021年4〜6月」をお送りします。(2021/7/5)

デザインの力:
歩行をAI解析して健康に役立てる3Dカメラ搭載ロボットがデザインコンペで金賞
RDSは、イタリアの国際デザインコンペティション「A’Design Award&Competition 2020-2021」において、同社が開発を進めている「Gait Analysis Robot Medical Health Measurement System」が、メディカルデバイス・医療機器デザイン部門でゴールドを受賞したことを発表した。(2021/6/9)

Facebook年次開発者会議「F8 Refresh」基調講演で発表されたことまとめ
Facebookは2年ぶりに年次開発者会議を「F8 Refresh」としてオンラインで開催した。その基調講演で発表されたことをまとめる。ビジネス向けツールや「Spark AR」の新API、AIフレームワークの「Pytorch」の進捗などが発表された。(2021/6/4)

産業用ロボット:
物流施設向けピッキングロボットが第3世代に、毎時1200個のピック能力を実現
オカムラは物流施設における商品のピッキングを行うロボットピースピッキングシステム「RightPick(ライトピック)」の第3世代モデルを発売する。「RightPickプロセッサーモジュール」の処理能力を大幅に向上し、従来比20%高速の毎時1200個のピック能力を実現したという。(2021/5/28)

リテールテックJAPAN 2021:
NECのAI画像認識技術が実運用へ、袋入りパンの認識や非直方体形状の寸法計測など
NECは、「リテールテックJAPAN 2021」において、小売りや物流の分野で間もなく実用化段階に入るAI(人工知能)画像認識技術を披露した。(2021/3/10)

産業用ロボット:
デンソーウェーブが産業用ロボット向けのAI模倣学習システムを2021年3月に発売
デンソーウェーブは2021年1月28日、「AI模倣学習」についてのウェビナーを開催。その中で産業用ロボット向けの模倣学習AIを産業用ロボットに適用したシステムを製品化し、2021年3月をめどに提供を開始することを明らかにした。(2021/1/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。