ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アバター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!アバター→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でアバター関連の質問をチェック

不動産テック:
注目の“メタバース”で住宅業界は進化するか? アバター内見など、スウェーデンハウスらが示す未来像
コロナ禍では、あらゆる業種で、オンライン関連サービスの普及が進んでいる。「リアルからバーチャルへ」という社会状況の変化に、住宅業界はどこを目指して進めばよいのか。スウェーデンハウス、野原ホールディングス、homieの3社が、Web戦略のいまと、メタバースの利用も視野に入れた未来像を語った。(2022/5/25)

不動産テック:
営業担当者の代役を担うAIアバターを開発
東急リバブルとウェルヴィルは、営業担当者の代役を担うAIアバターを開発したと発表した。顧客と会話しながら、新築マンション販売における各種物件説明を担うことが可能となっている。(2022/5/25)

Excelの標準機能だけで作った“アバター制作機能”の完成度が高くて人気 「すごすぎて草」「何するソフトだっけ……」
画像も標準搭載された素材を使用。(2022/5/13)

「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」12月公開 13年越しの続編に歓喜の声「やっとやるのか」「もう白紙になったのかと」
ようやく!(2022/4/28)

「アバターの肖像権」はどうする? メタバースなどで整理すべき課題をまとめたガイドライン公開
KDDIが代表幹事を務め、東急、みずほリサーチ&テクノロジーズ、渋谷未来デザインなどが参画するバーチャルシティコンソーシアムが、“都市連動型メタバース”における課題や論点をまとめた「バーチャルシティガイドライン ver.1」を公開した。(2022/4/27)

大和ハウス、「メタバース住宅展示場」公開 オンラインを活用した販売強化
大和ハウスが、アバターを用いて仮想空間上の住宅展示場を自由に見学できる「メタバース住宅展示場」を4月28日から公開する。(2022/4/25)

大和ハウスが「メタバース住宅展示場」 3D空間で見学者案内 デザインやインテリアの即時切り替え機能も
大和ハウスが「メタバース住宅展示場」を公開する。展示場内では、アバターを使って同社担当者と見学者がコミュニケーションしながら建物のデザインや間取りを確認できる。(2022/4/20)

VRアバターはビデオチャットより素の自分が出せる 東京都市大学などの研究で判明
VRアバターの会議もこれからどんどん増えてくるかも?(2022/4/13)

VRアバターはビデオチャットより“素の自分”さらけ出す 東京都市大など研究
VRアバターによるコミュニケーションは、ビデオチャットより“素の自分”をさらけ出す――こんな実験結果を、東京都市大学などが発表した。(2022/4/13)

TechTarget発 世界のITニュース
アバターと働ける「Unlimited Reality」とは? Deloitteのメタバース製品群
Deloitte Consultingの「Unlimited Reality」は、仮想世界「メタバース」の開発や活用をしやすくする製品・サービス群だ。何を実現するのか。(2022/3/28)

Zoomがクライアントアプリにアバター機能を追加
米Zoom Video Communicationsは、「Zoom」のクライアントアプリに、アバター機能を追加した。(2022/3/24)

Zoom、ジェスチャーを反映できるどうぶつアバターでの会議参加が可能に
ZoomはWeb会議に動物のアバターとして参加する「Avaters」機能を追加した。端末のカメラで顔を検出し、表情やしぐさを反映させる。12種類の動物から選択できる。(2022/3/23)

Innovative Tech:
VRヘッドセットのみで、全身3Dアバターの動きを生成 Microsoftが開発
MicrosoftのMixed Reality & AI Labの研究チームは、VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)から得られる頭部と手部のトラッキングデータから、着用者の全身の動きを3次元で表現する手法を開発した。(2022/3/9)

Innovative Tech:
VRアバターが相手だと自分のことを多く話してしまう? 東京都市大などが検証
東京都市大学などの研究チームは、ビデオチャットよりも、VRアバターを介した場合の方が、対話相手に自分自身の事柄(思考、感情、体験など)をより多く話してしまうことを明らかにした論文を発表した。(2022/3/9)

閉館迫る「ヴィーナスフォート」などをバーチャル空間に再現 「お台場バーチャルフェスティバル」開催 
アバターとしてイベントに参加。アバター同士の会話や一部店舗での買い物も。(2022/3/4)

ZOZOなど、バーチャル試着体験アプリの実証実験 3Dアバターで着丈やサイズ感を確認
 ZOZO NEXT、ソフトバンクおよびMNインターファッションの3社は、オンライン上で服のバーチャル試着体験が可能となるアプリ「ALTRM」(オルターム)の実証実験を行う。(2022/2/25)

「バーチャル大阪」本格稼働へ 吉村知事のアバターも登場
大阪府は、「メタバース」を活用して2025年大阪・関西万博の機運醸成を図る専用サイト「バーチャル大阪」を本格稼働させる。大阪市内の名所を凝縮した「新市街」エリアをオープンする。(2022/2/25)

製造業メタバース:
メタバースをビジネス用途で、誰でも簡単にワールドを構築できるサービス
凸版印刷はビジネス用途向けメタバースサービス基盤「MiraVerse」を発表した。メタバース内に現実世界の色や質感を忠実に再現する“真正性”を追求するとともに、ビジネス利用に必要となる各種構成要素のデータ管理機能や改ざん対策に加え、アバターの本人認証と安全なコミュニケーションをワンストップで提供する。(2022/2/22)

メタバースでのなりすましを防ぐ 3Dアバターの本人証明ができるセキュリティ基盤 凸版印刷が開発
凸版印刷が、メタバース向けセキュリティ基盤「AVATECT」を開発した。3Dアバターの情報管理機能、唯一性を証明するためのNFT化、コピーガードとしての電子透かし付与など、他者のなりすましを防止する機能を備える。(2022/2/18)

Webカメラだけで“手も動かせるVTuber”に 無料の3Dアバター操作ソフトをエイベックスが公開
エイベックス・テクノロジーズが、モーションキャプチャーソフト「RiBLA Broadcast(β)」を無償公開した。Webカメラで表情や手の動きを読み取り、3Dアバターに反映する。(2022/2/16)

「アバターの画像ください」と言われてちょっと考えた
「著者近影の代わりにアバター画像ください」と言われた西田宗千佳さんが考えた、「われわれは自分の姿を他人にどう見せていくか」という課題。(2022/2/14)

Meta(旧Facebook)の3Dアバター改善、Instagramでも利用可能に
Meta(旧Facebook)が3Dアバターのアップデートを発表。まずは北米などで新アイテムや肌色微調整機能などを追加した。Instagramでも同じアバターを使えるようになる。(2022/2/1)

Innovative Tech:
「頭をなでる」「ビンタ」「ハグの拒否」などアバター同士の接触を滑らかにするVR技術、東工大が開発
東京工業大学長谷川研究室の研究チームは、バーチャル空間でアバター同士もしくは3Dオブジェクトとの接触の際に、両者が自然な動きで表現できる技術を開発した。頭をなでる、ハグするなどの動きを滑らかなリアクションで表現する。(2022/1/24)

人の表情をアバターに反映 一般的なWebカメラでOK VR接客システム、ドコモが開発
人の表情を、3Dアバターにリアルタイムに伝送・反映するシステムをドコモが開発。一般的なWebカメラで表情を取得でき、リアルに再現できるという。(2022/1/14)

「Vカツ」突然の終了発表 アバターは利用不可に 「体なくなる」ユーザー困惑
アバター作成サービス大手「Vカツ」があと半年でサービス終了すると突然の発表。終了後はVカツのアバターは使用できなるなるという。「VTuber活動を継続できなくなる」など、ユーザーは困惑。(2022/1/13)

ドコモ、XR空間でアバターを作成/管理できるツールを開発
NTTドコモはXR空間でアバターを作成し、ユーザーのアカウントに紐づけて管理できる「ドコモ・アバターポータル」を開発。作成したアバターは複数のサービスで共通して利用でき、サービスに最適なアバターを選べる。(2022/1/11)

「ドコモ・アバターポータル」開発 外部XRサービスと連携、共通アバターを作成・管理
NTTドコモは、ユーザーが作成したアバターを複数のサービスで共通利用できる基盤「ドコモ・アバターポータル」を開発した。dアカウントにひも付けて3Dアバターを作成でき、連携先の外部XRサービスで共通のアバターを利用できる。(2022/1/11)

【新連載】メタバースはじめました:
ある朝起きたら「変身」していた! メタバースとアバターの関係から見る「これは自分じゃない」問題
メタバースではどんな未来が生まれつつあるのでしょうか。そんなことを紹介していく新連載、スタートです。(2021/12/23)

Innovative Tech:
作業中に「ツンデレ」されるとやる気は高まるか? メイドアバターで、奈良先端大が検証
奈良先端科学技術大学院大学の研究チームは、冷たい対応と優しい対応を組み合わせた動作「ツンデレ」が作業意欲にどのような影響を与えるかを検証した。(2021/12/14)

メガネ1つで誰でもVTuber、「VTUNER」の可能性 顔バレリスクなしも表情は硬め
ジンズがセンサー内蔵メガネ「JINS MEME」ユーザー向けに、3Dアバターをリアルタイムに操作できるアプリ「VTUNER」をリリースした。実際に使ってみたところ、率直な感想は「可能性は感じるがまだまだ頑張ってほしい」といったところだ。(2021/12/2)

メガネを掛けるだけでVTuberになれる 「JINS MEME」用アプリ登場 エンタメ分野での活用探る
ジンズが「JINS MEME」で3Dアバターをリアルタイムに操作できるアプリ「VTUNER」をリリースした。モーションキャプチャーにカメラを使わないため、実写の風景を撮影しながらアバターをAR合成できる他、“顔バレ”のリスクも排除できる。(2021/12/1)

顔写真1枚でリアルなアバター生成 声や表情、人格も再現へ 凸版「メタクローン」
顔写真1枚からリアルな3Dアバターを自動生成できるサービス「メタクローン・アバター」が凸版から。アバターに本人の肉声や表情、人格を再現するサービスを追加するといった計画も。(2021/11/30)

Innovative Tech:
面接官の顔をアバター化すると緊張しない? 顔面モニター「デジタルカメン」で検証
公立はこだて未来大学などの研究チームは、面接官の顔だけをアバターに置き換えてオフライン面接をした時に、受験者が感じる緊張度について考察した。(2021/11/25)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
映画『アバター』の聖地も便乗、メタバースに群がるにわか専門家
フェイスブックが社名を「メタ(Meta)」に変更し、「メタバース」への関心が急速に高まっている。実際のところメタバースの定義さえ曖昧だが、「メタバース元年」の中国では「金を産みそうな未来技術」として言葉が一人歩きし、ひともうけを企むインフルエンサーや企業が湧き出て収拾がつかない状況だ。(2021/11/25)

アバターで会議に参加、マイクロソフトが「Mesh for Microsoft Teams」を2022年に提供開始
Microsoftは「Mesh for Microsoft Teams」の提供を開始する。Microsoft MeshのMR機能とTeamsのツールを融合し、仮想空間の会議にアバターで参加できるという。(2021/11/6)

「Mesh for Teams」を発表:
Microsoft Teamsがメタバース対応、3Dアバターと仮想空間で現実のミーティングを再現
Microsoftがオンライン会議ツールの「Microsoft Teams」を"メタバース対応"させる「Mesh for Teams」を発表した。 3Dアバターと仮想空間を使い、 現実のミーティングや共同作業を再現する。(2021/11/4)

Microsoft Ignite:
Microsoft、“メタバースへの入り口”「Mesh for Teams」提供へ
MicrosoftはアバターでWeb会議ツール「Microsoft Teams」に参加する「Mesh for Microsoft Teams」を発表した。MRプラットフォーム「Mesh」で没入型スペースを構築し、そこでアバターとして交流する。「Mesh for Teamsはメタバースへの入り口でもある」としている。(2021/11/3)

誰でもコナンや安室透になれる バーチャル渋谷で使える「名探偵コナン」コラボアバター
XR技術を使ったサービスを手掛けるPocket RDは、同社が提供する3Dアバター生成サービス「AVATARIUM」で「名探偵コナン」のコラボレーションアバターを実装。31日まで開催するバーチャル渋谷のハロウィーンイベントで利用できる。(2021/10/18)

Innovative Tech:
血流の動きをアバターの顔に反映したら、より人間的になった Microsoftなどが技術開発
血管を肌のレイヤーに重ねるとリアルになるというテクニックはあるが、それを動きで反映する。(2021/10/15)

新しくなった「JINS MEME」の新機能「VTUNER」が楽しそう メガネをかけるだけで誰でも美少女アバターに
公式アバターがかわいい。(2021/10/7)

Innovative Tech:
顔の動きをリアルアバターで忠実に再現 Facebookなどがマーカーレス技術開発
マーカーレスでありながら顔のパーツを忠実に再現する。(2021/9/22)

KDDIなど73者、2021年も「バーチャル渋谷ハロウィーンフェス」を開催 アバターで誰でも参加可能
KDDIなど73者が、10月以降に「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2021 〜 Fun For Good 〜」を開催する。2020年に続き2年連続の開催で、バーチャルステージや特別グッズの販売などを行い、自分自身のアバターを作成して楽しめる。(2021/9/13)

顔を自由に変えられるようになったら? フェイスシールドが発達した未来描くSF漫画に考えさせられる
アバターみたいに顔も着せ替え。(2021/9/7)

アバター着替え放題の大騒ぎ 美少女キャラもロボットも 「バーチャルマーケット6」の遊び方
VRイベント「バーチャルマーケット6」の魅力の一つは、いろいろなアバターに変身して遊べることだ。気に入ったアバターを試着して買ったり、制作者とVR空間で直接会って喋ったりしてきた。(2021/8/27)

Facebook、メタバース「Horizon Workrooms」のβ版公開 「Oculus Quest 2」で世界中から参加可能
Facebookは「Oculus Quest 2」で参加するバーチャル会議室サービス「Horizon Workrooms」のβ版を公開した。ザッカーバーグCEOが立ち上げたメタバース製品グループのサービス。アバターとして自分のPCとキーボードを持ち込んで参加できる。(2021/8/20)

世界初の取り組み:
ANA発スタートアップ、アバターロボを使った「瞬間移動」サービス 今秋に開始
ANAホールディングス発のスタートアップが、瞬間移動サービスのベータ版を今秋から提供すると発表した。同社によると世界初となる瞬間移動サービス。どういう仕組みなのだろうか?(2021/7/16)

DeNAが2Dアバター配信アプリ会社を150億円で買収 「ライブ配信事業で新ジャンルに挑戦」
DeNAは、ライブ配信アプリ「IRIAM」を提供するIRIAM社を完全子会社化すると発表した。親会社のZIZAIから株式を約150億円で追加取得する。譲渡の予定日は8月1日。(2021/7/2)

「VTuberカウンセラー」が婚活支援 ドワンゴがオタク向け新サービス
ドワンゴが、アニメ・ゲーム好き向けの結婚相談所「Ncon」の新プランとして、2Dアバターを使った解説動画でノウハウを教えながら婚活を支援する「オンデマンドプラン」を開始。料金は月1万1000円。初期費用なども別途発生する。(2021/7/2)

VRニュース:
音声通話や全身の動きを反映したアバターによるVR設計レビュー環境を実現
サイバネットシステムは、VR設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」の最新バージョン「V5.0」の販売開始を発表。リアルタイム音声通話機能、ボディトラッキング機能が追加された他、片手操作メニューに対応し、操作性や使い勝手を向上させている。(2021/7/2)

“アバター化”したコンシェルジュがリモートで観光案内 9月まで都庁内などで実証実験
パナソニック システムソリューションズ ジャパン(東京都中央区)が、遠隔地にいるコンシェルジュが操作するアバターで利用者に観光情報を案内するサービスの実証実験を、9月まで東京都庁内などで行うと発表。(2021/6/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。