ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「データサイエンティスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「データサイエンティスト」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

松尾研究所、テックブログを開設 エンジニアなど募集中
東大の松尾・岩澤研究室とビジョンを共有する企業・株式会社松尾研究所がテックブログを開設した。(2024/2/26)

老舗自動車メーカーのデータ活用術【後編】
クラウドDWHは「目標達成に不可欠」 老舗自動車メーカーがデータ品質にこだわる理由
Bentley Motorsの最高データ責任者は、データ戦略の一環としてオンプレミスDWHからクラウドDWHに移行した。製品選定の際に同社がこだわったポイントは何だったのか。(2024/2/23)

大塚商会社長が語る「AIとDXに注力する理由」 “売上高1兆円”も視野に
“売上高1兆円”の大台を狙う大塚商会が今、AIとDXに注力している。同社が進める新しい営業の在り方とは何か。大塚裕司社長が語った。(2024/2/16)

フリーランス向け求人が増えている職種 3位「データサイエンティスト」、2位「Webディレクター」、1位は?
フリーランス向けの求人が増えている職種は何か。また、その職種の平均年収はいくらか。CAMELORSが調査結果を発表した。(2024/2/16)

老舗自動車メーカーのデータ活用術【中編】
英自動車メーカーのDXを支える人材育成制度「アプレンティスシップ」とは
Bentley Motors初の最高データ責任者を務めるアンディ・ムーア氏は、同社のデータ戦略において「データサイエンティストの育成と確保」を重視した。その施策の一つ「アプレンティスシップ制度」とは何か。(2024/2/16)

PR:AIで販売データ分析 専門作業なしで「数万件の特徴量」抽出 アパレル企業が2人で挑んだAI検証の一部始終
(2024/2/16)

データサイエンスのモデル入門【第1回】
ギャンブルが起源「データサイエンス」の基礎が分かる“4つの予測モデル”とは?
データ駆動型の意思決定がビジネスに欠かせなくなった。企業は予測モデルを構築してシミュレーションを重ねることで、深い洞察を得ることができる。代表的な4つのモデルについて、その起源や特徴を解説する。(2024/2/14)

「AI PC」がノートPCに集中する理由【後編】
デスクトップPCではなく「ノートPC」こそ“AI時代の主役”になる理由
AMDやQualcomm、Intelといったプロセッサベンダーは、AIモデルが稼働可能なプロセッサのターゲットをノートPCに据えている。その理由は何か。現時点でそうした「AIプロセッサ」を採用する意味はあるのか。(2024/2/14)

データサイエンティストより年収が上がりやすいIT職種とは? dodaが平均年収レポートを公開
パーソルキャリアの転職サービス「doda」は「IT職種の転職前後の平均年収レポート」を発表した。調査によると、転職前後の平均年収増加幅ではデータサイエンティストを抜いてあるIT職種が1位となった。(2024/2/13)

「離職防止や採用力強化のために給与を見直す企業が増えた」:
転職で最も年収が増えたのは「セキュリティエンジニア」 パーソルキャリアが調査
パーソルキャリアは「IT職種の転職前後の平均年収レポート」を発表した。2023年1〜6月の期間に転職した人で、転職前後の平均年収増加幅が最も大きいポジションは「セキュリティエンジニア」だった。(2024/2/13)

Marketing Dive:
生成AIでポストCookieの課題を乗り越えるために必要な3つのこと
Cookieの死が目前に迫って、マーケターはデータをより適切に管理する必要が生じている。だが、このタスクはAIで処理できる可能性がある。(2024/2/12)

IT職種の7割が「年収アップ」 転職前後を調査
その他ポジション別の平均年収増加額、転職前のポジション別平均年収の変化なども調査した。(2024/2/9)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
レジ待ち不要、商品を「冷蔵庫にしまってくれる」?――Walmartの顧客体験はここまで進化する
「生成AIによる検索機能強化」「WalmartアプリでのAI活用」「ドローン配達」。Walmartが発表した、24年に行う顧客体験改善の取り組みを見てみましょう。(2024/2/9)

転職で年収が上がるIT職種 「データサイエンティスト」など上位に トップは? doda調査
転職によって年収が上がるIT職種は──パーソルキャリアがこんな調査結果を発表した。最も上がり幅が大きいのは?(2024/2/8)

Q&A 45歳からのIT転職:
ミドルの転職「年収が下がっても転職すべきケース」とは?
近年需要が高まるIT人材。ミドル層以上の転職に関する疑問を、Q&A形式で回答します。(2024/2/7)

上位職種の平均月額単価は100万円を超える:
「TypeScript」「Go言語」などを扱うフリーランスエンジニアの需要が高まる パーソルキャリア
パーソルキャリアは「ITフリーランスエンジニアの平均月額単価ランキング」を発表した。職種別、業種別、言語別のいずれも、前回の調査から平均月額単価が上がっていた。(2024/2/6)

今日のリサーチ:
ITフリーランスエンジニアの平均月額単価ランキング
DXの進展でIT・テクノロジー領域の人材需要が拡大しているようです。(2024/2/5)

AIワークフローのセットアップ、開発、移行の簡素化、迅速化を支援:
「NVIDIA AI Workbench」のβ版が登場 AI/MLプロジェクトのエンタープライズ対応ツールキット
NVIDIAは、GPUシステムでAIやMLプロジェクトを開発するためのエンタープライズ対応ツールキット「NVIDIA AI Workbench」のβ版をリリースした。(2024/2/5)

生成AIでクライアントの事業成長とDXの推進を支援:
電通グループが採用したAWSの生成AIサービス「Bedrock」と「SageMaker」で何ができる?
電通グループはアマゾンウェブサービスとの協業を強化し、新たに2つの生成AIサービスを採用した。製品チームやエンジニアリングチーム全体で利用することを想定している。(2024/2/2)

PR:J1リーグ「FC町田ゼルビア」がAI活用 「リピート来場の壁」突破へ データで導く“集客UP策”をビジネス軸で見る
(2024/2/1)

“気になること”が大事なこととは限らない:
データサイエンティストが教える、データ分析で陥りがちなワナと対策
分析するデータが豊富にあっても、“正しい”分析をしなければ事業の役に立たない。ブレインパッドとLINEヤフーの専門家は「問いの立て方に注意してほしい」と話す。(2024/1/31)

Microsoftデータ分析ツールの進化【中編】
Copilot搭載の「Microsoft Fabric」で“データ専門家の仕事”はどう変わるのか?
MicrosoftのAIアシスタント「Copilot」がMicrosoft Fabricにも搭載される。具体的に何ができるのか。データ専門家にはどのような影響があるのか。(2024/1/30)

フルスタック開発者/エンジニアが3位にランクイン:
2024年、企業が採用に苦労するIT職種トップ10 2位は“AI/MLスペシャリスト”、1位は?
CoderPadは「2024 State of Tech Hiring report」で、2024年に採用が難しくなると予想される職種のトップ10を発表した。(2024/1/26)

電通グループ、AWSのAI・ML開発サービスを駆使して顧客のDXを支援
電通グループはAWSの生成AIサービス「Amazon Bedrock」と機械学習サービス「Amazon SageMaker」を採用し、顧客の事業成長とDXの推進を支援すると発表した。(2024/1/26)

「ビジネスへの適用」を実現するためのプログラム構成:
PR:AWS、2024年2月22日に「AWS Innovate - AI/ML and Data Edition」を開催 生成系 AIや機械学習で今理解すべきポイントを押さえ、「生きたノウハウ」をつかむ3時間
社会全体の関心を集めている生成系 AI。だが、企業がこれまでもビジネス活用に取り組んできたAI/機械学習も含めて、「ビジネス価値につなげている」例はまだ限定的だ。デジタル人材不足も課題となっている中、どうすれば生成系 AIや機械学習を使いこなせるのか。(2024/1/22)

PR:データ活用に「データ仮想化」という“新戦略” DX時代のデータマネジメント、その在り方を探る
(2024/1/16)

DXからAXへ:
PR:生成AI活用がもたらす製造業の未来とは メタバース発電所目指すJERAの事例
製造業における生成AIへの関心の高まりを受け、日本マイクロソフトは製造業を対象にしたセミナー「Leading the Era of AI 〜AI時代のビジネスの未来を導く〜」を開催した。生成AIは製造業の現場に今後どのような変化をもたらし、どのようなインパクトを与えるのか。セミナーの様子をレポートする。(2024/2/27)

AI生成コンテンツを見分けられるか?【第1回】
「AI製なのかどうか」を人間にはもう見破れない現実
生成AIの活用が急速に広がる一方で、生成したコンテンツの信ぴょう性や、著作権侵害といったリスクに留意する必要がある。「AI製なのかどうか」を見破れないと、どのような問題があるのか。(2024/1/13)

需要予測:
「経験則」からAI活用へ オイシックス・ラ・大地の“攻めのサステナブル”
ミールキットのサブスクリプション販売などで知られるオイシックス・ラ・大地。持続的な成長とフードロス削減を両立させるには、デジタル文脈での組織力強化が不可欠だった。(2024/1/12)

MONOist 2024年展望:
マテリアルズインフォマティクスの教育と成果の現在および未来
2023年は素材産業をはじめとするさまざまなメーカーがマテリアルズインフォマティクスの取り組みや効果について発表した1年だった。それらを振り返りながら、2024年以降のマテリアルズインフォマティクスのさらなる浸透と拡大で重要な役割を果たすであろう教育方法や導入効果について考察する。(2024/1/11)

人工知能ニュース:
エッジAIによる製品開発に貢献する包括的な開発エコシステム
STマイクロエレクトロニクスは、エッジAIによる製品開発に貢献する包括的な開発エコシステム「ST Edge AI Suite」を発表した。2024年前半の提供開始を予定している。(2024/1/10)

「子供の科学」で生成AI特集 「星新一賞」入選作家による“AI利用小説”の書き方解説も
「子供の科学」が、1月10日発売の「2024年2月号」で生成AIを特集している。執筆にAIを取り入れた小説で文学賞「星新一賞」の優秀賞を受賞した葦沢かもめさんも協力した。(2024/1/10)

CIO Dive:
「GPTー4」より高い評価を受けたLLMは? 2024年に生成AI活用で注意すべきポイント
ChatGPTが一般公開されてから1年以上たち、企業はAIをワークフローに組み込もうと躍起になっているが、問題は山積している。各種調査の結果から、生成AIを活用する上で注意すべきポイントを探る。(2024/1/5)

満足度が高い仕事 3位「ITコンサルタント」、2位「財務」、1位は?
満足度が高い仕事は何か。パーソルキャリアが調査結果を発表した。2013年の調査開始以降、労働時間の満足度が高く、給与・待遇の満足度が低い傾向が続いている。(2023/12/26)

トムソン・ロイターが考える倫理的なAI活用【中編】
「現場の業務理解が不可欠」とデータガバナンス管理者が強調する訳
Thomson Reutersでデータガバナンスを管轄する経営幹部は、ルールや倫理綱領を従業員に周知徹底するに当たって、全従業員の多種多様な業務の流れを全て理解したという。その理由は。(2023/12/26)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
「職人に優しくない」ECサイトが傾くワケーー米大手で社員11%レイオフ騒動
ハンドメイドやクラフト商品の作り手と、消費者が直接売買できる大手マーケットプレース「Etsy(エッツィー)」が11%の従業員をレイオフすることを発表し、話題になっている。業績不調の原因と、これから生き残る術とは。(2023/12/25)

キャリアニュース:
2023年の仕事満足度ランキング、総合1位は「データサイエンティスト」
転職サービス「doda」が「仕事満足度ランキング2023」を発表した。「仕事満足度ランキング総合」の平均点は、「普通」に該当する59.8点で、最も満足度が高い職種は「データサイエンティスト」だった。(2023/12/21)

PR:データ活用に「データ仮想化」という“新戦略” DX時代のデータマネジメント、その在り方を探る
(2023/12/21)

PR:ChatGPTで「業務アプリ」作成に挑戦 プログラミングの工数削減につながるか? 新機能を使い倒してみた
(2023/12/20)

AIにどこまで委ねるか?【後編】
勝つのは「正義」ではなく「AI」という恐ろしい現実がすぐそこに……
AI技術を軍事利用することで、被害軽減などの成果につながるとの見方がある。一方で、このようにAI技術を正義として捉えることの危険性を警告する専門家もいる。(2023/12/15)

AI・データサイエンス超入門:
データ分析もChatGPTの機能(旧Code Interpreter)でできるか、やったみた【番外編】
ChatGPTの「高度データ分析」機能がデータサイエンスを変える? 素人でも簡単にデータ分析ができるようになるのか? 筆者が実際に挑戦し、実体験に基づく感想と洞察をお届けします。連載の流れとは関係がない番外編です。(2023/12/14)

製造マネジメントニュース:
コニカミノルタが生産現場のDXで高機能現像ローラーの良品率を95%以上に
コニカミノルタは、東京都内とオンラインで「Konica Minolta Day 〜サステナビリティ説明会〜」を開催し、サステナビリティ経営の方針や戦略、DXの活用事例を紹介した。(2023/12/13)

AIにどこまで委ねるか?【中編】
「計算が全て」になる悪夢の日 「猫」を「犬だ」と言うAIさえ疑えない
コンピュータによる計算は正確だと言えるが、AIモデルが計算によって導き出す答えを人間が信じるかどうかは別の話だ。ただし人間はAIモデルが出力する結果を信じる傾向にある。(2023/12/8)

AIにどこまで委ねるか?【前編】
人間は「予測不能なこと」をAIに期待していない? 戦闘で考える“倫理問題”
人間はAIをどこまで信じるべきなのか。兵器にAI技術を組み込んだ「自律型兵器システム」が戦場に投入される可能性がある中で、これは重大な問題だ。掘り下げて考えてみよう。(2023/12/2)

PR:AIで成約率が7倍に――あるテレマ企業の実践事例 過去データ分析の自動化に学ぶ「成功ポイント」とは
(2023/11/30)

IT企業デスクツアー:
日本IBMで働くみんなのデスク環境 ステキ机ずらり
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は日本IBMと、その子会社日本アイ・ビー・エム デジタルサービスで働く人に注目。(2023/11/30)

セキュリティニュースアラート:
AI開発のセキュリティを確保するガイドライン CISAなど23組織共同締結
CISAとNSCS-UKはAIシステムの開発者に向けて、不正アクセスからデータを守るためのセキュリティ対策についてまとめたガイドラインを発表した。(2023/11/29)

社内AI人材育成の実際は? DX推進担当者の声、受講者の声:
ポーラ・オルビスホールディングスが取り組むAI人材育成 現場の声は
ポーラ・オルビスホールディングスがAI人材育成を進める。非IT人材にプログラミングの基礎から本格的なデータ分析の手法までを教育し、業務課題の解決につなげている。データ分析やAI人材育成をテーマに執筆活動などを幅広く手掛ける筆者が研修の企画者と受講者にそれぞれの感触を聞いた。(2023/11/29)

マテリアルズインフォマティクス:
積水化学が情報科学×化学分析で挑むMI、AIで13種類の物性を同時に予測
本稿では「ITmedia Virtual EXPO 2023秋」で、積水化学工業 R&Dセンター 情報科学推進センター長で京都工芸繊維大学 特任教授の日下康成氏が「社会変化の中でのマテリアルズインフォマティクス(MI)の導入と活用」をテーマに行った講演の内容を紹介する。(2023/11/29)

データからアクションを起こせない企業に欠けていること どうすればデータドリブン経営は走り出すのか?
業種や規模などは関係なく、どんな企業にもビジネスに生かせるデータはある。だが、その価値に気が付かずに蓄積したままでは意味がない。データを価値あるものへと変えるために必要なこととは。(2023/11/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。