ニュース
» 2010年08月23日 07時00分 UPDATE

ケーブル1本でデータ伝送と電源供給も ソニー、携帯機器の自由度高める新技術

折り畳み型携帯の上下部分を1本のケーブルで接続できるインタフェース技術をソニーが開発。双方向データ伝送と電源供給を同時に行えるのが特徴だ。

[ITmedia]

 ソニーは、データ伝送と電源供給を1本のケーブルで行えるようにする「機器内ワンワイヤ・インターフェース技術」を開発した。折り畳み型携帯電話の上下をケーブル1本で接続できるようになるなど、モバイル機器のデザインの自由度や信頼性・耐久性の向上につながる新技術として、早期の実用化を目指す。

photo

 映像(ディスプレイ、カメラ)と音声、制御信号を含む信号を1本で双方向伝送するために、独自の時分割多重方式を開発。さらに、直流成分を持たない独自の多値符号化技術も開発し、高速で周波数利用効率の高い伝送が可能になり、電源の重畳も実現した。

 早期の実用化に向け、アナログ部の試作チップをロームと共同開発し、技術検証したところ、940Mbpsという高い伝送速度が得られることを実証したという。

 折り畳み型の携帯電話は、ヒンジ部に薄いフレキシブル基板を使うことで上下部分を電気的に接続している。ソニーによると、従来技術では接続のために22本の配線が必要だが、新技術ではこれが1本で済む。

 今後、デジタル部のIPをロームにライセンスし、アナログ・デジタルを合わせた送信側・受信側回路の1チップ化を進め、実用化を目指す。

関連キーワード

ソニー | 新技術 | ローム


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -