ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2010年08月30日 17時07分 UPDATE

「インターネット激安ショップ トマト」運営会社が自己破産

家電通販サイト「インターネット激安ショップ トマト」を運営する山口県の企業が自己破産。

[ITmedia]
photo インターネット激安ショップ トマト

 帝国データバンクによると、家電などの通販サイト「インターネット激安ショップ トマト」を運営していたシモカネ(山口県下関市)が山口地裁下関支部に自己破産を申し立て、破産手続き開始決定を受けた。負債総額は約37億8000万円。

 大正時代に創業した金物卸業者だったが、96年から中古車販売なども手がけていた。「インターネット激安ショップ トマト」は「日本一の安さに挑戦中」などとうたい、家電やPCなどを格安で販売。2008年1月期の売上高は98億6500万円だった。

 だがリーマンショック以降の景気低迷に加え、エコポイント制度の導入で量販店に来店して買い物する客が増加。得意先とのトラブルもあり、2010年1月期には売上高が53億8000万円にまで低下し、2期連続で最終赤字に。その後も売り上げは回復せず、資金繰りがひっ迫していたという。

関連キーワード

破産・倒産 | 帝国データバンク


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.