ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「帝国データバンク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

沖縄進出2年:
セブン、沖縄で100店舗達成 ファミマとローソンの「牙城」にどう切り込む? 現地法人社長に聞く
コンビニ最大手の「セブン-イレブン」が“最後の空白地”だった沖縄県に初出店した2019年7月11日からおよそ2年がたった8月19日、県内100店舗目の出店を達成した。(2021/10/5)

スピン経済の歩き方:
日本端子に学ぶ、中国進出企業はネットで叩かれないため何をすべきか
「日本端子」が叩かれている。同社はコネクタや圧着端子の製造販売をしていて、河野太郎氏が株を保有し、弟・二郎氏が社長を務めている。そのため、ネット上では批判が殺到していて……。(2021/9/28)

9月23日から:
ドンキ、折りたためる電動自転車を発売 コロナ禍の移動手段として注目
ドンキは、折りたためる伝統自転車を9月23日に発売する。同社のオリジナルブランド「情熱価格」の新商品で、同社から折りたためる自転車の発売は初めてだという。コロナ禍の移動手段として自転車人気が高まっていることが理由。(2021/9/24)

スピン経済の歩き方:
「女性だからではなく実力で選べ!」が、日本企業の競争力を低下させているワケ
女性管理職の平均割合は8.9%で過去最高――。とはいえ、海外に比べると、まだまだ。なぜ日本企業は女性活用が進まないのか。(2021/9/21)

メカ設計メルマガ 編集後記:
さよならラバーマスク、身近で感じた長期化するコロナ禍の影響
地元(近所)の企業だったので製造中止のニュースはショックでした。(2021/9/14)

20年度の決算業績、「減収」となった企業が約6割 売上高が減った・増えた業種は?
帝国データバンクの調査で、20年度決算の企業業績が「減収」となった企業は58.3%と、19年度と比べ18.0ポイントも増加していることが分かった。業種別で売上高の増加率を分析してみた。(2021/9/13)

フードビジネスの舞台裏:
「東京ラーメンストリート」担当者が明かす、コロナ禍の東京駅開発
全国のラーメンの名店を期間限定で東京ラーメンストリートに出店する「ご当地ラーメンチャレンジ by 東京ラーメンストリート」。どのような狙いでこのような事業を展開したのか。東京ステーション開発営業開発部の笠井俊亮さんに戦略を聞いた。(2021/9/9)

吉野家とシナジーを狙う:
東京ラーメンストリート仕掛け人 「せたが屋」前島社長が明かす「コロナ禍のフードビジネス戦略」
「ご当地ラーメンチャレンジ by 東京ラーメンストリート」の仕掛け人の一人が、東京を中心にニューヨーク含め15店舗以上を経営するせたが屋(東京都世田谷区)の前島司社長だ。いったいどのような狙いでこのような企画を発案したのか。そしてコロナ禍のフードビジネスの現状とは。前島社長に話を聞いた(2021/9/8)

東京ラーメンストリートの舞台裏:
「ラーメンの鬼」故・佐野実の「支那そばや」が東京駅に出店 切り盛りする妻が経営で守り抜いたものとは
「ラーメンの鬼」という異名を持つ故・佐野実さんが創業した「支那そばや」が、東京ラーメンストリートに11月4日まで出店している。出店の経緯と狙いは? 経営を引き継いだ妻の佐野しおりさんに話を聞いた。(2021/9/7)

過去最多ペース:
企業本社の「脱・首都圏」半年で186社! 転出先の都道府県で最も多いのは?
帝国データバンクは本社移転に関する分析を発表した。首都圏からの地方への転出が過去最多ペースだという。最も多い転出先の都道府県は?(2021/9/6)

サン宝石が民事再生法申請 Twitterでは「今後も変わらず営業を続けてまいります」
子どもたちの夢が……!(2021/8/30)

2100億円超:
コロナ禍のブームが追い風 20年度の自転車販売市場は過去最高を更新
帝国データバンクの調査によると、自転車販売市場が20年度に売上過去最高を更新した。コロナ禍による感染リスクの低い移動手段としての人気の高まりや、ウーバーイーツなどの配達員の自転車需要が増えたことが要因のようだ。(2021/8/30)

スイーツ、フィットネスジム、紙芝居 大学生社長のコンサル企業が、SDGs商品を次々とリリース
SDGs推進のコンサルティングを行うネクストエージは、10月までにSDGsを推進するオリジナル商品を続々とリリースする。同社のSDGsブランドであるENA(Ethical New Action)シリーズから発表。中小をはじめとした多くの企業にSDGsを考えるきっかけを提供することで売り上げ拡大を狙う。(2021/8/25)

帝国データバンク調べ:
正社員が不足している企業は40.7% 1年前から増加傾向
正社員が不足している企業は40.7%――そんな結果が帝国データバンクが実施した調査で分かった。企業の規模別や業種で分析するとどうなっているのか。(2021/8/24)

業績不振は深刻化:
宿泊業向けの納入業者、8割が減収で赤字は3割 帝国データバンク調べ
帝国データバンクは、ホテル・旅館など宿泊業向け納入企業の業績を分析した。約8割が減収に苦しんでおり、赤字に陥っていたのは3割という結果だった。(2021/8/23)

増えているものの:
女性管理職の割合、過去最高も8.9%にとどまる 業界別の状況は?
帝国データバンクは「女性登用に関する調査結果」を発表した。女性管理職の割合は平均8.9%で、低水準ながらも過去最高を更新。政府目標の「女性管理職30%以上」を超えている企業は8.6%だった。(2021/8/17)

学情が調査:
企業が「SDGs」に取り組むと、志望度の上がる学生が約7割 新卒向け調査
学情は23年3月卒業予定の大学生・大学院生を対象に、SDGsに関する調査を行った。SDGsの認知率、就職活動で企業の取り組みを意識するのか聞いた。(2021/8/12)

個室で居酒屋、フィットネス……ホテル新サービス
ホテル各社が新型コロナウイルス禍で低迷する客室の利用を底上げしようと、「密」を避け室内で1人でも楽しめる新たなサービスを展開している。(2021/8/12)

脱炭素:
脱炭素社会に向けた企業への影響調査結果を発表、1割超が「プラスの影響」
帝国データバンクは、脱炭素社会に向けた企業への影響調査の結果を発表した。脱炭素社会の進展やEVの普及が、今後の自社事業に「プラスの影響」とする企業がそれぞれ1割超となった。(2021/8/6)

9月1日から:
良品計画、イデーの商品12アイテムを値下げ 巣ごもり需要拡大でインテリア市場は好調
良品計画は、展開するインテリアブランド「イデー(IDÉE)」の商品12アイテムの価格を9月1日から見直すと発表した。(2021/8/4)

増加傾向がストップ:
アニメ制作市場は10年ぶりに縮小 『鬼滅の刃』が爆発的ヒットしたのに、なぜ?
帝国データバンクの調査によると、2020年(1〜12月期決算)のアニメ制作市場は2510億8100万円。19年まで9年連続で拡大していた市場の増加傾向はストップした。主な要因は……。(2021/8/2)

自然エネルギー:
脱炭素社会の事業への影響、プラス回答の企業は14.8% マイナスは16.1%に
帝国データバンクが脱炭素社会に向けた企業への影響に関する調査結果を発表。脱炭素社会の進展について、今後の自社の事業に「プラスの影響」とした企業は14.8%となった一方、「マイナスの影響」と回答した企業は16.1%だった。(2021/7/29)

上期の旅行業休廃業・解散が最多 企業「あきらめ」
1〜6月に休廃業・解散した旅行業の企業が前年同期に比べて約2倍の96件となり、過去最多になったことが26日、帝国データバンクの集計で分かった。ホテル・旅館業も約1.6倍の104件で過去2番目の多さ。新型コロナウイルス禍で政府の観光支援策「Go To トラベル」の停止や、東京五輪・パラリンピックの海外観客の受け入れ断念などで事業の先行きが見通せず、「あきらめ型」の企業活動停止が増えたとみられる。(2021/7/26)

太陽光:
太陽光関連の倒産は減少傾向も、大型倒産で負債額は大幅に増加
帝国データバンクが2021年上半期(2021年1月〜6月)における太陽光関連業者の倒産状況を発表。倒産件数は38件で前年同期比で9.5%の減少で、2020年下半期との比較でも減少となった一方、大型倒産が多く発生している。(2021/7/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
「民泊」が盛り上がる? 欧米の「今」と日本の「これから」
再び緊急事態宣言に突入した。インバウンド需要はほぼ消滅し、多くの宿泊施設は苦戦しているわけだが、そうした中でもとある民泊は好調だという。どういうことかというと……。(2021/7/15)

帝国データバンク調べ:
女性社長の出身大学 3位「早稲田大学」、2位「慶応義塾大学」、1位は?
帝国データバンクは、全国約117万社の事業会社を対象に女性が社長(代表)を務める企業について分析を実施。女性社長の出身大学ランキングを発表した。また、「京都産業大学」「産業大学」「徳島文理大学」出身の女性社長が増加していることが分かった(2021/7/14)

異色の「山岡家部屋」がパワーアップ 札幌東急REIホテル、ラーメン店と再コラボ
札幌東急REIホテルは、「ラーメン山岡家」とコラボした宿泊プラン「山岡家部屋2(やまおかやべや2 )」を7月13日から9月13日まで販売する。(2021/7/13)

7月13日から:
ローソン、餃子の王将とのコラボ商品を販売 コロナで苦しむ飲食店救う
ローソンが餃子の王将とのコラボ商品を販売すると発表した。7月13日からで唐揚げ重とチャーハンの2種類だ。ローソンでは2020年10月からコロナ禍で苦しむ飲食店とのコラボを進めている。(2021/7/9)

コロナ禍で退会者は1.4倍:
東急系のスポーツジム、オンライントレーニングを本格化 個人の健康を「チーム」でサポート
東急不動産グループの東急スポーツオアシスが、新しいオンライントレーニングサービス「weltag(ウェルタッグ)」を7月中旬から提供する。(2021/7/6)

減収84社、増収10社:
上場外食企業の総売上、約9000億円減 増収した企業は?
コロナ禍の酒類提供禁止や時短営業など多くの制限をかけられた飲食店。帝国データバンクが発表した調査によると、2020年度の上場外食企業の総売り上げは19年度比約9000億円のマイナスとなったことが分かった。逆にコロナ禍で増収した企業もあるという。明暗を分けた要因は?(2021/7/1)

東京ラーメンストリート、初の期間限定店舗「ご当地ラーメンチャレンジby東京ラーメンストリート」をオープン
東京駅一番街の東京ラーメンストリートに初の期間限定店舗「ご当地ラーメンチャレンジby東京ラーメンストリート」がオープン。期間は2021年7月15日〜23年8月31日を予定している。(2021/6/30)

犯罪抑止にも:
廃業したホテルを活用 「ホラーイベント」や「サバゲー」など続々 新しいビジネスモデルになるか
ホテルの運営管理やコンサルティング業を行うGG.PRO(大阪市)が、廃業したホテルを使ったホラーイベント「きもだメッセ 神戸」を開催する。(2021/6/29)

売上好調:
コロナ禍に過去最高 2020年度、家具やインテリア販売市場
コロナ禍による巣ごもり需要の拡大で、2020年度の家具やインテリア市場が好調だ。帝国データバンクの調査によると……。(2021/6/24)

帝国データバンク調べ:
コロナ禍、業績に「マイナス」と「プラス」の影響がある業界はどこか
コロナが企業の業績に与えた影響について帝国データバンクが最新の調査結果を発表した。各社はどのような対策を行っているのか。(2021/6/14)

週末に「へえ」な話:
文具市場は縮小しているのに、サクラクレパスの業績が好調の秘密
文具市場が苦戦している。矢野経済研究所のデータによると、縮小傾向が続いているが、子ども向けの商品を扱う「サクラクレパス」の業績が好調なのだ。その背景に、何があるのかというと……。(2021/6/12)

電力供給サービス:
電力価格高騰で資金繰り悪化、新電力の4社に1社が特例措置を利用
年始にかけて発生した電力市場価格の高騰。その影響によって、インバランス料金の支払い猶予措置を受けている新電力会社は全体の4分の1にのぼるという。帝国データバンクが独自の調査結果を発表した。(2021/6/1)

飲食店を科学する:
「スシロー」には1台250万円の寿司ロボットも! 回転寿司チェーン支えるメーカーの知られざる実力
コロナ禍でも大手回転寿司チェーンの業績は堅調。躍進を支えているのが「寿司ロボット」。ロボットを開発・販売する「鈴茂器工」の知られざる実力は?(2021/5/29)

帝国データバンク調べ:
コロナ前より和らぐも企業の37.2%が正社員不足 業種別では?
帝国データバンクの調査によると、37.2%の企業で正社員が「不足」していることが分かった。(2021/5/28)

帝国データバンク調査:
フィットネスクラブの倒産件数、過去10年で最多 売り上げ半減以上の企業も
帝国データバンクの調査によると、2020年度に発生したフィットネス(スポーツジム)事業者の倒産や廃業は累計で26件に上った。(2021/5/21)

「70%テレワーク」企業は5%以下:
テレワーク実施時間、全国平均は1割 「100%出勤」企業の割合は
業務時間内におけるテレワーク実施時間の割合は、経営層や管理職などいずれの職種でも1割台にとどまる──TDBの調査で、このような結果が判明した。(2021/5/17)

生き残りをかけ:
1日の運賃収入4480円の日も 銚子電鉄、次の一手は
10年連続水揚げ量全国首位の銚子漁港や、日本一早い日の出を見られる犬吠埼などで知られる千葉県の北東部に位置する銚子市。だが、別の意味で全国の注目を集めるのが同市のローカル鉄道「銚子電鉄」だ。(2021/5/15)

アフターコロナに備える:
コロナ禍でも従業員が結束して客数2倍! “収束後”を見据えて飲食店が取り組むべき「重要事項」とは
度重なる緊急事態宣言で飲食業界が苦しんでいる。こんな時だからこそ、「ビジョン」が大切だと筆者は主張する。危機を乗り切り、アフターコロナを勝ち抜くために何が必要なのか。(2021/4/30)

太陽光関連の倒産は2年連続で減少も、大型倒産は増加傾向に
帝国データバンクが太陽光関連業者の倒産に関する調査結果を発表。同年度の倒産件数は前年度比2.5%減の79件となり、2年連続で減少となった。ただし、年度末にかけて大型倒産が発生しており、今後の動向には十分な注意が必要としている。(2021/4/20)

今日のリサーチ:
コロナ禍でのB2Bマーケティング 評価指標の上位5項目中4項目は営業活動関連――帝国データバンク調査
評価指標と組織体制、データ活用の実態について。(2021/4/2)

「普通」の受け皿をなくさないために:
企業も社長も「長寿」な日本 見て見ぬフリでは済まない「事業承継」のポイントとは?
中小企業が多いことで知られる日本だが、実は「長寿」企業も多い。社長の高齢化も進む中、事業承継が大きな課題となりつつあるが、ポイントはどこにあるのか。(2021/3/29)

国内景気、3カ月ぶりにプラスへ 製造業を中心に持ち直しの動き
帝国データバンクは、全国2万3702社を対象に2021年2月の国内景気動向を調査し、景気動向指数を表す景気DIとして発表した。その結果、21年2月の景気DIは3カ月ぶりに前月比プラス(1.9ポイント)の35.8となった。(2021/3/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
1000円に手を出す「ダイソー」と100円にこだわる「セリア」 コロナ禍でも好調な業界に変化
コロナ禍でも100円ショップ業界が好調だ。「2強」のダイソーとセリアでは戦略が大きく異なる。キャンドゥとワッツの独自戦略にも迫る。(2021/3/1)

「100円ショップ」好調 売上高が過去最高を更新
大手5社を中心とした100円ショップ業界の売上高が11年連続で増加する見通しに。大手5社の業績好調を背景に過去最高の売り上げを更新することがほぼ確実となった。(2021/2/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
コロナ禍なのに、なぜ「起業」が世界で急増しているのか
新型コロナの影響が長引き、世界的に経済が低迷している。そんな中、小規模ビジネスを新たに立ち上げる動きが活発だ。米国やフランスなどで起業数が急増。コロナ禍の新たな需要を取り込もうとする動きも多い。これまでなかった発想のビジネスも生まれている。(2021/2/18)

賃金改善しない理由は「業績低迷」:
21年度、賃金を「上げる」企業の割合は? コロナ禍の業績悪化で大幅減
帝国データバンクの調査結果によると、2021年度に賃金改善を見込む企業は42.0%。前年と比較すると11.3ポイント減少した。新型コロナウイルスの影響で業績が低迷した企業が多く、低水準に落ち込んだ。(2021/2/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。