ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「帝国データバンク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ゲームチェーン「トップボーイ」のNutsが破産 現金水増し不正会計→資金不足
帝国データバンクなどによると、かつて「トップボーイ」の名で家庭用ゲーム販売店をフランチャイズ経営していたNutsが、9月16日付で東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。(2020/9/17)

国内景気、回復はわずか。今後は横ばい 帝国データバンク調査
帝国データバンクは9月3日、8月の全国景気動向調査結果を発表した。それによると、8月の景気DIは3カ月連続の前月比プラス(0.6ポイント)の29.7となった。(2020/9/3)

帝国データバンク調査:
コロナ禍で企業の75%が「デジタル施策を促進」
コロナ禍で「デジタル施策進めている」企業は75%。帝国データバンク調査。業績にマイナス影響の企業も依然として大半。(2020/9/2)

帝国データバンク7月調査:
コロナ禍で人手不足の企業激減、旅館業は特に「人手過剰」に
コロナ禍を受けて企業の採用の買い手市場化が加速。「人手不足」の企業が前年より急減している。帝国データバンクが調査。(2020/8/25)

地域密着で飲食店支援:
「飲食店が連帯し、第2波を乗り越える」 「五反田イーツ」配送料無料に
CXOバンクとORIENTALFOODSはフードデリバリーサービス「五反田イーツ」をリニューアルした。出店店舗のスタッフが配送を行い配送料無料を実現。新型コロナウイルス関連の倒産は全国で440件、うち飲食店は61件と最多で、運営者は「第2波に備え連帯するきっかけに」と話す。(2020/8/18)

前年比0.4ポイント増加も低水準続く:
「女性管理職30%以上」達成企業は7.5% 「テレワークが重要」の認識も高まる
政府目標の「女性管理職30%以上」を達成している企業は7.5%と依然として低水準にとどまっている。また、女性登用を進めている企業は前年比から7.4ポイント減の42.6%となった。一方、3割を超す企業が女性活躍のために「テレワーク」が重要だと考えていることも明らかとなった。(2020/8/17)

日本の社長はどの大学の出身者が多い? 1位は日本大学
上位30校がランキングで公開されました。(2020/8/5)

依頼者は底つき:
ミネルヴァ、3年前から預かり金流用か 過払い金ビジネス終焉
51億円の負債を抱えて破産した「東京ミネルヴァ法律事務所」が、依頼者から預かった過払い金を3年ほど前から広告費に流用していた疑いがあることが分かった。(2020/7/31)

コロナ禍で続く逆風:
上場外食企業の6月売上高、9割が前年比マイナス――日本マクドナルドなど減
上場している外食企業の6月売上高を集計。9割の企業で全店実績が前年同月を下回った。帝国データバンクが調査。(2020/7/30)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(67):
「リモートワークできず倒産」というニュースが流れる日
新型コロナウイルス感染症対策が新たなフェーズを迎える中、リモートワークをはじめとした「withコロナ」での新たな働き方が求められています。短期的にみると「リモートワークなんて一過性のもの」でも、長期的にみると企業の存続に関わる日が来るかもしれません。(2020/7/15)

今日のリサーチ:
SDGsへの貢献で向上が期待される企業価値 トップは「好感度」――帝国データバンク調査
SDGsに関する企業の見解についての調査です。(2020/7/14)

太陽光:
太陽光関連企業の倒産が3半期ぶりに増加に転じる――帝国データバンク調査
帝国データバンクが2020年上半期における太陽光関連業者の倒産動向調査の結果を発表。倒産件数は前年同期(2019年上半期)より5.0%増の42件で、前期(2019年下半期)との比較では23.5%増と3半期ぶりの増加となった。一方、負債額は3半期連続の減少となっている。(2020/7/14)

人口当たりコンビニ数45位だった沖縄、2位になる?
帝国データバンクが発表したコンビニ業界動向調査(5月時点)によると、沖縄の人口10万人当たりの店舗数は全国31位に。昨年の45位から順位を大きく上げた背景に……。(2020/7/12)

帝国データバンク調査:
2020年上半期の飲食店倒産、過去最多に――コロナ禍影響、酒場・ビヤホールは100件
2020年上半期の飲食店倒産、過去最多に。帝国データバンク調査。酒場・ビヤホールは100件も。(2020/7/10)

新型コロナウイルス関連倒産、全国で311件に 外出自粛の影響大きく、業種別では飲食店が最多
月別の倒産件数では6月が最多となっています。(2020/7/5)

帝国データバンク、「日本版eシール」対応サービスの開発を検討開始 ペーパーレス化の取り組みを支援
帝国データバンクは「日本版eシール」対応サービスの検討・開発を開始すると発表した。eシールとは、電子文書の発信元の組織を示す目的で行われる暗号化などの措置で、当該文書が改ざんされていないことを確認できる仕組み。企業における「角印」の電子版に相当する。(2020/7/3)

帝国データバンク調査:
「コロナで既に業績マイナス」企業、6割突破――旅館・ホテルなど深刻
コロナで業績に「既にマイナスの影響がある」と回答した企業が6割超に。帝国データバンクが調査。「家具類小売」「旅館・ホテル」などの業種で顕著。(2020/6/9)

逆境の最中、斬新な試み:
このままでは潰れる! 小規模ホテルが挑む「シェルター事業」とは
新型コロナの感染拡大を受けて、ホテル業界が苦戦している。そんな中で、斬新な取り組みをしている会社がある。株式会社CHILLNNだ。同社が始めた、自宅にいることが安全でない人々に向けた「ホテルシェルター」とは……?(2020/5/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナに苦しむ飲食店の“救済”に格差 カリスマシェフが指摘する重大問題
新型コロナの影響に苦しむ外食産業。家賃支援に関する与野党の法案が出そろったが、政府の対応が遅いので連鎖倒産の可能性を指摘する声も出てきた。(2020/5/19)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
急増するコロナ倒産、本当に怖いのは「早期リタイア企業」の増加?
経営の危機に直面していない企業であっても、今回の新型コロナを機に廃業を決定する「早期リタイア」企業が増加するのではないか。(2020/5/1)

新型コロナの業績影響をAIが分析、企業別のレポートを無料提供
テキストマイニングを用いてAIで企業や経済の先行きを分析するxenodata lab.は、4月24日、新型コロナウイルスの企業業績への影響を、数千社の企業毎にまとめたレポートを無料で提供開始した。(2020/4/27)

カプセルホテル経営のファーストキャビンが破産申し立て 新型コロナ禍で客足減
帝国データバンクによると、カプセルホテル経営のファーストキャビンと関係会社4社が東京地裁に自己破産を申請。負債額は5社合計で約37億円。新型コロナウイルスの影響で客数が落ち込み、資金繰りが悪化したという。(2020/4/24)

カプセルホテル「ファーストキャビン」が破産 宿泊需要が急減、再開めど立たず
高級感あるカプセルホテルでしたが……。(2020/4/24)

「愛してます」「なくならないで」 雑貨ブランド「キャス キッドソン」の日本法人破産に悲しみの声
花柄などのオリジナルテキスタイルの雑貨は、今後どうなる?(2020/4/23)

パチンコホール初、新型コロナの影響で倒産 都内で店舗運営の「赤玉」が破産
来店客が大幅に減っていたとのこと。(2020/4/17)

新型コロナウイルスで関連倒産、累計53件に 飲食関連業・観光関連業を中心に大きな打撃
緊急事態宣言発令も大きく影響しそう。(2020/4/15)

太陽光:
太陽光関連企業の倒産が6年ぶり減少、累計では「FIT以降参入」の倒産が最多
帝国データバンクが2019年度における太陽光関連業者の倒産動向の調査結果を発表。同年度の倒産件数は81件で、前年度から15.6%の減少となった。2014年度以来、5年連続で増加してきた太陽光関連業者の倒産は6年ぶりの減少となっている。(2020/4/10)

響く自粛要請:
新型コロナ、8割超の企業が「業績にマイナス影響」と回答 プラス影響と答えた業種は? 帝国データバンク調べ
帝国データバンクの発表によると、感染拡大が続く新型コロナウイルスについて、8割超の企業が業績に対して「マイナスの影響がある」と回答した。一方、「プラスの影響がある」と答えた企業は2.1%。どんな業種でプラスの影響があると感じているのか。(2020/4/2)

帝国データバンク調査:
「新型コロナで影響」の上場企業、1000社超 従業員の感染発表も約100社に
新型コロナが上場企業に悪影響。「影響・対応」あった企業が1000社超に。帝国データバンクが調査した。(2020/4/1)

SAPのERPと帝国データバンクの企業情報データベースを連携、与信管理を効率化
SAPジャパンは帝国データバンクやBASFジャパンと協力し、「SAP Credit Management」サービスと帝国データバンクの企業情報データベースとのAPI連携を可能にした。SAP Cloud for Credit Integrationのアプリ内に、企業情報をXML形式で格納できるようになる。(2020/3/25)

「全面禁煙」の事業所が増加:
4月からの「屋内原則禁煙」、業績への影響は? 帝国データバンク調べ
4月に施行される、改正健康増進法。これにより、屋内では「原則禁煙」となる。施行を前に、全面禁煙や完全分煙をうたう飲食店も増えてきたが、4月以降の企業への影響はどうなるだろうか?(2020/3/24)

都内企業では初の新型コロナウイルス関連倒産 アミューズメント施設を展開するエターナルアミューズメントが廃業
新型コロナウイルス関連倒産は現在12件。(2020/3/23)

セルリアンブルーのプロ経営者【後編】:
新日本プロレスのプロ経営者・メイ社長が「リストラせずにV字回復できた理由」――必要なのはコストカットよりも“人材とブランドの育成”
過去最高の売り上げを更新している新日本プロレス。率いるのはプロ経営者のハロルド・ジョージ・メイ社長だ。経営悪化に苦しむ企業をV字回復させてきたメイ社長には、多くのプロ経営者、特に外国人経営者との大きな違いがある。それは社員をリストラすることなく、V字回復を実現してきたことだ。後編では、メイ社長にリストラしない経営と、日本企業の課題と可能性について聞いた。(2020/3/18)

2月23日には「1日の売り上げ」最高記録を達成:
餃子の王将、「7カ月連続」で過去最高売り上げ 「増税&新型コロナ」のダブルパンチを食らっても絶好調の秘訣とは
王将フードサービスが絶好調だ。2020年2月まで、7カ月連続で「同月比過去最高売り上げ」を更新。2月23日には、今期3回目となる1日単位での「創業以来過去最高売り上げ」を達成。消費増税&新型コロナのダブルパンチにも屈さずカウンターパンチを出せている秘訣はどこにあるのか。小売・流通アナリストの中井彰人氏に聞く。(2020/3/16)

雇用にも新型コロナの影:
新型コロナで「採用手控え」鮮明に 正社員の採用予定企業、6年ぶりに6割切る
新型コロナの影響が雇用にも。2020年度の正社員採用予定のある企業比率が大激減した。帝国データバンクの調査。(2020/3/13)

オンラインで完結する名刺交換サービス、Sansanが6月開始へ Web会議の相手とスムーズにあいさつ
Sansanが、クラウド型名刺管理サービス「Sansan」に、Web上で名刺交換ができる新機能を追加すると発表。ユーザーが自身の名刺をスキャンするとデジタル版が生成され、メールやチャットなどで送り合えるようになる。Web会議における名刺交換のプロセスが確立されていないことに着目したという。(2020/3/11)

名刺を検索するSansanから名刺で検索するSansanへ:
Sansanが新事業戦略「Sansan Plus」を発表
名刺を起点に業務効率化やデータ価値の向上を行うビジネスプラットフォームへ進化。各種社内データの連携を後押しし、営業活動への活用も視野に。(2020/3/11)

新型コロナで国内景気大幅下押し 帝国データバンク調査
景気DI値は5カ月連続で悪化。全業界、全地域、全企業規模で悪化した。(2020/3/4)

クルーズ船「ルミナス神戸2」運営のルミナスクルーズが経営破綻 新型コロナ影響でキャンセル相次ぐ
インバウンド依存はほぼなかったとのこと。(2020/3/2)

6割の企業が「対応あり」:
目前に迫る「同一労働同一賃金」 最も“対応”が進んでいる業界は?
帝国データバンクの調査によると、「同一労働同一賃金」の対応を進めている企業は59.2%。業界別にみると、「運輸・倉庫」が7割以上となった。(2020/2/27)

守れない経営者は「前科」に:
横行する「ブラッククビ」、急増する「非正規コスト」 4月に勃発する“雇用大変革”に対応できない企業は淘汰される
4月からの働き方改革関連法の施行によって、残業時間の上限規制が日本国内すべての事業者に適用となる。この「雇用大変革」への対応が急務と警鐘を鳴らしているのが企業労働法に詳しい倉重公太朗弁護士だ。中小企業、そして創業間もないベンチャー企業などは人事労務管理への理解が浅いことも多く、違法な解雇「ブラッククビ」などの事態も起きている。慢性的な人手不足に悩む中小企業経営者は何を注意しなければならないのか。また働く側はどんな意識づけが必要なのか。これから求められる働き方と合わせて聞いた。(2020/3/3)

「労働力の確保」が大きな課題:
20年度「賃上げする」企業は5割超 最も賃金改善が進みそうな業界は……
帝国データバンクによると、2020年度に賃金改善を実施する見込みの企業は53%。人材の確保や定着を目的に賃上げを実施する企業が多かった。(2020/2/17)

ブームの裏でパン屋の倒産が急増 19年は過去最多に
(2020/2/13)

リクルートエージェントの利用者対象:
転職で給与が上がった人は約3割 給与が上がりやすい職種は?
転職で賃金が上がった人の割合は約3割だったことがリクルートキャリアの「2019年10−12月期 転職時の賃金変動状況」で分かった。同調査はリクルートエージェントの利用者を対象に、同社が定点観測しているもの。賃金が上がった人の多い職種とは?(2020/1/31)

「信者ビジネス」との批判に反論:
堀江貴文が“炎上上等”で「ホリエモン万博」開催に奮闘する理由――知られざる「六本木の衰退」に一石
ホリエモンこと堀江貴文がさまざまなイベントを同時多発的に開催する「ホリエモン万博」を2月1日、2日に東京・六本木で開催する。「赤字続き」だという万博の開催を続ける目的を堀江に問うと、経営者の高齢化などにより古き良き飲食店がなくなりつつあり、一部で衰退の兆しが見える六本木を、大人が楽しめる街として盛り上げることにあるという。堀江自身がその思いを語った。(2020/1/30)

帝国データバンク調査:
進む日本企業の「高齢化」 社長の平均年齢、過去最高の59.9歳に
日本企業の社長の平均年齢、過去最高の59.9歳に。帝国データバンクの調査で明らかに。事業承継がうまくいかないケースも。(2020/1/29)

働き方改革に取り組んでいる企業は6割超 「休日取得の推進」「長時間労働の是正」が上位
帝国データバンクが働き方改革に対する企業の取り組み状況や見解について調査を実施。すでに「取り組んでいる」企業は60.4%となり、2018年8月の前回調査から22.9ポイント増となった。(2020/1/23)

「キャッシュレス・ポイント還元制度」も6月で終了:
スーパーマーケットの倒産、7年ぶりに増加 消費増税と競争激化で「地域密着型の独立系」が苦境
帝国データバンクは、2007年から19年のスーパーマーケット経営業者の倒産動向(負債1000万以上、法的整理のみ)について集計・分析した調査結果を発表した。19年のスーパーマーケット経営業者の倒産は30件(前年比42.9%増)となり、12年以来7年ぶりに前年比増加となったことが分かった。倒産した30社のほとんどが地域密着型の独立系スーパーマーケットだった。(2020/1/14)

景気DI3カ月連続悪化 国内景気は後退局面――帝国データバンク調査
帝国データバンクは2019年12月の景気DI調査結果を発表した。それによると、DI値は前月比1.1ポイント減の42.5となり、3カ月連続で悪化した。年末需要が例年と比べて低迷したことが響いたとしている。(2020/1/10)

4年連続で過去最多を更新:
2019年の「人手不足倒産」、過去最多 過去7年で最も倒産が多かった業種は?
帝国データバンクが1月9日、2019年中の「人手不足倒産」件数を発表した。期間中の倒産件数は185件で、前年比20.9%増。4年連続で過去最多件数を更新した。倒産が多かった業種とは?(2020/1/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。