ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「破産・倒産」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「破産・倒産」に関する情報が集まったページです。

洋菓子店の2024年倒産件数が過去最多ペース 原材料の価格高騰などが要因
帝国データバンクは2024年の洋菓子店の倒産発生状況について調査・分析を行い、その結果を発表した。5月までの倒産件数は18件だった。(2024/6/17)

農業関連業者の倒産が急増、過去最悪に コロナ禍の支援策が重荷になるケースも
帝国データバンクが調査結果を発表した。(2024/6/13)

未払賃金立替払制度の利用が急増 背景は物価高や人手不足などでの倒産増
勤務する会社が倒産し、賃金が支払われないまま退職した人の「未払賃金立替払制度」利用が急増していることが東京商工リサーチの調査で明らかになった。(2024/6/10)

ガイナックス破産で、庵野氏が代表務めるカラーがコメント発表 「残念でなりません」
「新世紀エヴァンゲリオン」などを世に送り出した、アニメーション制作会社「ガイナックス」の破産手続きについて、庵野秀明氏が代表を務めるカラーが6月7日、コメントを発表した。「40年弱の歴史を持つアニメーションスタジオがこのような最後を迎えてしまい、残念でなりません」としている。(2024/6/7)

「エヴァ」制作のガイナックス破産、経営幹部の「私物化」で多額の負債 カラーもコメント発表
アニメ制作会社のガイナックスは6月7日、公式ホームページを更新し、5月29日に会社破産の申し立てを行い、受理されたと発表した。カラーも公式ホームページでコメントを発表した。(2024/6/7)

エヴァなど手がけたアニメ制作会社「ガイナックス」破産 「幹部の会社を私物化したかのような運営で経営悪化」と内情つづる
(2024/6/7)

アニメ「エヴァンゲリオン」制作・ガイナックスが破産 40年の歴史に幕
アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」などを制作したガイナックスは、会社破産の申請が5月29日に受理されたと発表した。(2024/6/7)

広告業界の倒産、5年ぶりに「年間100件超」の可能性 コロナ関連支援の終了などで増加傾向に
東京商工リサーチが調査結果を発表した。(2024/5/20)

社保料や税滞納の倒産急増 なぜ?
税や社会保険料といった「公租公課」を滞納し、資金繰りに窮して倒産する企業が急増している。民間調査会社「帝国データバンク」のまとめでは、こうした倒産が令和5年度に全国で138件確認された。背景として新型コロナウイルス禍によって続いた納付猶予措置が縮小したことが挙げられる。同社は「滞納に苦しむ企業は今も多い」とし、今後も倒産が相次ぐとみている。(2024/5/18)

美容室の倒産、過去最悪のペースに 値上げした後の「顧客離れ」がリスクに
東京商工リサーチが調査結果を発表した。(2024/5/18)

ステーキ店の倒産、前年度比「5倍」で過去最多に 肉だけでなく野菜の価格高騰も痛手
帝国データバンクが調査結果を発表した。(2024/5/16)

「とび工事業」の倒産、過去10年の最多更新 職人不足やコスト増で相次ぐ業績不振
タワーマンションや高層ビルなど、高所での建設作業を支える「とび業界」が危機に見舞われている。東京商工リサーチの調査によると、2023年度のとび工事業の倒産は135件と過去10年間で最多だった。(2024/5/13)

2023年の芸能プロダクションの休業・倒産が前年の3倍に 原因は?
帝国データバンクは芸能プロダクションの倒産発生状況について調査・分析を行い、その結果を発表した。2023年の倒産件数は12件で、前年の3倍となった。(2024/5/13)

未来につなぐ中小製造業の在り方:
「情報の既得権益」を打破 倒産寸前の中小製造業がデジタル改革でどう変わったか
富士油圧精機というカードフィーダー製造を手掛ける企業をご存知だろうか。同社はデジタルツールを取り入れ、デジタライゼーションを進めていることで知られる中小製造業だ。好調な業績を記録している同社だが、実は一度、倒産目前にまで追い込まれた企業でもある。富士油圧精機が現在どのようにデジタルツールを活用しているのか紹介したい。(2024/5/13)

唐揚げ店の倒産が急増 過去最多を記録した要因は?
持ち帰りを中心とした唐揚げ店の倒産が急増している。帝国データバンクの調査によると、2023年は唐揚げ店経営業者の倒産が27件発生し、過去最多となった。(2024/5/12)

調査レポート:
2024年問題が直撃し「人手不足」関連倒産が急増、建設業は3.5倍に
東京商工リサーチは、2024年1〜4月の「人手不足」に関連する倒産件数は、前年同期比で2倍以上となり、調査開始依頼最高値となったと発表した。特に「2024年問題」の影響を受ける建設業では同3.5倍となっている。(2024/5/10)

芸能プロ倒産、前年比3倍の12件 YouTuber台頭、タレントへの影響力低下が背景か
帝国データバンクは、タレントらのマネジメントなどを行う芸能プロダクションの2023年の倒産が、前年比で3倍にあたる12件になったと発表した。過去5年間では最多となった。要因として、新型コロナウイルス禍の影響のほか、YouTuberなどとして活躍する個人が増えるなど、プロダクションの強みが生かしにくくなっていると分析した。(2024/5/9)

「後継者難」倒産、5年連続で過去最多を更新 最多要因は「代表者の死亡」
東京商工リサーチが調査結果を発表した。(2024/5/9)

“不穏な兆候”の4社 専門家「悪質な粉飾決算に金融機関は疑心暗鬼」
企業倒産が徐々に深刻化している。2023年度の倒産件数は9年ぶりの高水準だった。無利子・無担保融資(ゼロゼロ融資)の返済や物価高、人件費高騰などの要因に加え、不正発覚で経営破綻に追い込まれる「コンプライアンス(法令順守)違反倒産」も増えているという。(2024/5/8)

横浜銘菓「ハーバー」荒波を乗り越え70周年 航跡を関係者の証言から振り返る
横浜銘菓の「横濱ハーバー」が今年8月、発売70周年を迎える。製造会社の倒産で一時、姿を消したが、後継で名乗りを上げた「ありあけ」の藤木久三会長は息子の交通事故死などによる自身の失意とハーバーの状況を重ね合わせながら復活に力を注いだ。(2024/5/2)

「社保」や「税金」の滞納に起因する倒産が増加傾向 24年1月以降、過去最悪を更新中
帝国データバンクが調査結果を発表した。(2024/5/2)

「転職エージェントの倒産」急増のワケは?【転職の今を知る記事3選】
人材不足の状況は年々深刻化しています。各社は社員のキャリア意識の変化を把握し、離職防止につなげようと試行錯誤しています。一方で、転職エージェントの倒産は増加しているという、一見すると不思議な事態も起きています。(2024/5/1)

苦境のパン店を救え「冷凍×IT」 個人商店“味と物語”を全国へ定期便
地方を旅していると、田舎にこんなにおいしいパン屋さんが! と感動することがある。一方で、昨年度のパン屋さんの倒産は過去最多の37件(東京商工リサーチ調査)という苦境も……。(2024/4/30)

コンプラ違反企業の倒産、過去最悪の350件超に 最も多い違反内容とは
帝国データバンクが調査結果を発表した。(2024/4/30)

「食品業」の倒産、2年連続増加の653件 4年ぶりに600件超
東京商工リサーチが調査結果を発表した。(2024/4/24)

「人手不足」関連の倒産が過去最多 「運輸業」「建設業」を抑え一番苦しんだ業界は……?
2023年度(23年4月〜24年3月)の「人手不足」関連による倒産は191件(前年度比141.7%増)と前年度の2.4倍に急増。2019年度の160件を大幅に上回り最多を更新したことが東京商工リサーチ(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。「運輸業」「建設業」を抑え一番「人手不足」に苦しんだ業界とは。(2024/4/18)

米レッドロブスターに「破産法適用申請を検討」の報道 日本のレッドロブスター運営会社「影響ない」とコメント
日本の経営母体は別で、影響はないとしています。(2024/4/17)

エステサロンの倒産が過去最悪に 23年度は前年比1.7倍の95件が発生
コロナ禍の支援策により、20年度以降は倒産数が落ち着いていたが、23年度は大幅に増加した。(2024/4/12)

「パン屋」の倒産が急増、前年度の2倍で過去最多を更新 物価高も利益を圧迫
「パン屋」の倒産が急増している。東京商工リサーチの調査によると、2023年度の「パン製造小売」の倒産件数は37件で、前年度の約2倍に急増し、年度では過去最多を記録した。(2024/4/11)

調査レポート:
建設業の倒産件数は前年度比35%増の1749件、人手不足/物価高倒産は過去最高に TDB全国調査
2023年度の企業倒産件数は前年度比30.6%増の8881件で、9年ぶりの高水準となった。負債総額は2兆4344億7400万円と、10年ぶりに2年連続で2兆円を超えた。建設業の倒産件数は前年度比35.5%増の1749件で、負債総額は47.1%増の1907億300万円といずれも大幅に増加した。人手不足や物価高を要因とする倒産も増加している。(2024/4/11)

ラーメン店の倒産が過去最悪に 値上げラッシュで「1000円の壁」が足かせ?
東京商工リサーチが調査結果を発表した。(2024/4/11)

「街のゲーセン」に試練 100円当たり利益はわずか「6円」、倒産が過去最多に
帝国データバンクが調査結果を発表した。(2024/4/11)

2023年度の飲食店倒産件数が過去最多に 経営課題噴出で採算とれず
2023年度の「飲食店」の倒産件数は802件──帝国データバンクは、こんな調査結果を発表した。23年度(23年4月〜24年3月)の飲食店の倒産は前年度比56.0%増となり、19年度の784件を上回り、過去最多となった。(2024/4/9)

新聞販売店の倒産が過去30年で最多に ネット広告へのシフトや人件費増加が原因
東京商工リサーチの調査で、23年度の新聞販売店の倒産は39件と前年度と比べ56.0%も増加し、過去30年間で最多を記録したことが分かった。(2024/4/9)

パン店の倒産過去最多 一方、出店が増えたのは?
「パンからおにぎりへ」と食のトレンドのシフトが顕著になっている。(2024/4/6)

タクシー業界、倒産件数が2年連続で増加 「過去最悪」に迫る水準に
帝国データバンクが調査結果を明らかにした。(2024/4/5)

「転職エージェントの倒産」が急増 人手不足なのに“4年で4倍”に、なぜ?
コロナ禍前の2019年と比べ、23年の転職エージェントの倒産数は4倍に跳ね上がりました。各社、人手不足を嘆いているのに、なぜなのでしょうか?(2024/4/4)

新電力会社の撤退・倒産数が2年前の7倍に急増 大手の5月値上げが分岐点に
帝国データバンクによる「新電力会社」(登録小売電気事業者)についての調査で、2024年3月時点で「撤退」もしくは「倒産・廃業」した新電力会社は119社にのぼることが分かった。(2024/4/1)

破綻した暗号資産取引所FTXの創業者SBFに禁錮25年の判決
2022年に経営破綻した暗号資産取引所大手、FTXの創業者のサム・バンクマン=フリード被告(32)に禁錮25年の判決が下された。判事は110億ドルの資産没収も命じ、これを被害者補償に使う権限を政府に与えた。(2024/3/29)

壇蜜や吉木りさ所属の芸能事務所フィットが破産 “ウルトラマン”俳優は「突然のことで驚きました」
所属していた芸能人たちがコメントを発表。(2024/3/28)

「牛乳販売店」、今後は倒産ラッシュのリスクも 原乳価格の上昇も逆風
東京商工リサーチが調査結果を発表し、2023年は、過去最多だった2017年を超える休廃業・解散があったと分かった。(2024/3/25)

経産省も動き出した「書店危機」 10年で764社が倒産・休廃業
東京商工リサーチが書店運営会社を対象に実施した調査結果を発表し、ここ10年間で、764社が市場から退出したことが分かった。(2024/3/16)

「健康ブーム」なのに、フィットネスクラブの倒産が過去最悪なワケ
東京商工リサーチが調査結果を発表し、2023年度は2月までで過去最悪の件数となっていることが分かった。背景に何があるのか。(2024/3/14)

スキー場の倒産件数が過去10年で最多に 原因は暖冬と雪不足
帝国データバンクは、スキー場の倒産発生状況について調査・分析した結果を発表した。2023年の倒産件数は7件で、主な原因としては「雪不足」が挙げられた。(2024/3/12)

不動産仲介業の倒産が急増 「物件紹介数」コロナ前から8割前後にとどまる、なぜ?
不動産仲介業の倒産が急増している。帝国データバンクの調査によると、2023年の倒産件数は120件と、2022年(69件)から7割増となり、年間の倒産件数としても過去最高を更新したことが分かった。(2024/3/6)

「2024年問題」が迫る運送業者、業績は回復も23年の倒産・休廃業件数が過去最多に
東京商工リサーチの調査で、宅配を担う「軽貨物運送業(貨物軽自動車運送業)」の2023年の倒産と休廃業・解散の合計が過去最多の123件に達したことが分かった。(2024/3/2)

2023年の倒産、8479件でバブル後の最多を更新 「飲食店」など3業種で急増
2023年の倒産件数は8497件で、バブル崩壊後で最も多かった。そんな結果が帝国データバンクが実施した調査で分かった。(2024/3/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
復活できなかったオーサムストア フライング タイガーとどこで差がついたのか
オーサムストアを運営する企業が、破たんした。これまで、オーサムストアを立ち上げたオーサムも2023年に自己破産をしており、今や都心の一等地に出店を重ねてきた勢いは見る影もない。ライバルのフライング タイガーと、どこで差がついたのか。(2024/2/27)

学習塾の倒産件数、直近20年で最悪に コロナ関連も増加
東京商工リサーチが学習塾の倒産に関する調査結果を発表した。ニーズの変化にも直面する中で、特に中小・零細の学習塾は厳しい時代にあるようだ。(2024/2/20)

唐揚げ専門店の倒産が相次ぐのに、増え続ける「コンビニ唐揚げ」 ファミチキ、からあげクンと並ぶ存在に育つか
コロナ禍でブームとなった唐揚げ。専門店も乱立したが、昨今は倒産するケースも増えている。一方で商品が増えているのがコンビニ唐揚げだ。両者の違いはどこにあるのだろうか。(2024/2/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。