ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「破産・倒産」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「破産・倒産」に関する情報が集まったページです。

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(10):
大手金融機関の誘いに乗って「金融デリバティブ商品」に手を出した食品卸会社の末路
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/11/6)

1964年から2020年へ:
「無駄なことをやり続ける」 喫茶店不況の中、創業55年のレトロ喫茶が人気のわけ
喫茶店の倒産が相次いでいる。東京商工リサーチによると、2019年1〜8月の期間で倒産した喫茶店は42件。過去20年の中で最多ペースに並ぶ勢いだ。こうした中で、新宿にあるレトロな“純喫茶”が9月、新たな店を西新宿に出店した。店名は「珈琲西武」。新宿三丁目にある1号店は1964年にオープンし、今年で55年目を数えるほどの老舗純喫茶だ。喫茶店チェーンでは、200円台からコーヒーが飲める店も増えている中、珈琲西武のコーヒーは最低でも600円。それでも、平日や休日を問わず入店待ちの行列ができるほどの人気ぶりだという。(2019/10/28)

太陽光:
太陽光関連の倒産件数、2019年度は6年ぶりの減少か
帝国データバンクの調査によると、増加が続いていた日本の太陽光関連業者の倒産件数が減少傾向にシフト。2019年度は通年でも6年ぶりの減少に転じる可能性が高いとしている。(2019/10/23)

美少女ゲームレーベル「feng」運営のホワイトローズが破産 「あかね色に染まる坂」など人気
ゲームメーカーのホワイトローズが、9月30日に千葉地裁から破産開始決定を受けた。同社は「feng」(フォン)のレーベル名で美少女ゲームを開発していた。「あかね色に染まる坂」などがアニメ化され話題となったが、近年は業績が低迷していた。(2019/10/18)

美少女ゲームレーベル「feng」運営会社が破産 「あかね色に染まる坂」など制作
近年は厳しい経営が続いていたとのことです。(2019/10/17)

医療データは攻撃者にとっても価値が高い
病院がセキュリティ対策に手を抜いてはいけない納得の理由
米医療費回収機関AMCAの医療データ流出は、同社の破産のきっかけとなった。医療データの保護は病院にとっても不可欠だ。それはなぜなのか。(2019/10/11)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(2):
ITを無視していては、経営が破綻します――業績傾き掛けのオレンジ
時代に取り残されつつある老舗高級スーパーマーケットチェーンを引き継いだ47歳の新社長は、観光客誘致、キャッシュレス決済導入、と施策を次々に繰り出した。次に着手するのは……ITだ!(2019/10/10)

IT基礎英語:
老舗トーマス・クック破綻にも便乗、crookの歪んだ手口
古くからの旅行ファンにはショックな出来事だったトーマス・クックの経営破綻。だが問題はそれだけではなかった。(2019/10/7)

「経済的に破綻するまでYouTubeに挑戦する」 “魂のこもった猫動画”を投稿し続けるCaTuberとは
動画が増えるのが楽しみです。(2019/10/5)

「白鳥エステ」運営のアキュートリリーが破産 半年にわたる賃金未払い、社保滞納、口座凍結のうえ、社長は連絡つかず
賃金未払いがかねて問題になっていました。(2019/10/2)

グッチを日本で初めて紹介 老舗セレクトショップ「サンモトヤマ」破産
セレショの元祖的存在でした。(2019/10/1)

米FOREVER 21が破産申請 店舗数を減らして事業を継続
現地の予想通りチャプター11を申請。(2019/9/30)

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」など手がけた映像加工のピクチャーエレメントが破産
数々の話題作に参加していました。(2019/9/26)

映像加工のピクチャーエレメントが破産 「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」など手掛ける
映画やドラマなどの映像加工を手掛けるピクチャーエレメントが破産。直近では、8月に公開された映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」も手掛けていた。(2019/9/25)

スピン経済の歩き方:
「自然災害→経済破綻」その後どうなるのか 最悪のシナリオ
台風15号の発生から、2週間が経過した。千葉県に甚大な被害をもたらしたわけだが、「自然災害で日本経済が破綻する」という最悪のシナリオは本当に起きるのか。何もテキトーなことを言っているわけではなく……。(2019/9/24)

ファストファッションのFOREVER 21が破産準備? 米国で報道
日本でも規模は縮小しています。(2019/8/29)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(9):
主要取引先に依存する経営への“警鐘” そごう倒産で破綻に追い込まれたアパレル企業に学ぶ
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/9/3)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(8):
借り入れ依存度9割弱 金融機関の支援で「延命」されていた長野県有数の中小企業がたどった末路
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/17)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(7):
信用失墜が企業の「死」――親密取引先の破綻で連鎖倒産した“建機レンタル業界の異端児”
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/16)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(6):
トラックレンタル業界の“異端児”が繰り広げた「違法すれすれの錬金術」――見せかけの急成長が招いた倒産事件
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/15)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(5):
「経営陣の交代・奪還劇」が招いた倒産 “反社”関与もささやかれたエステ企業の粉飾決算
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/14)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(4):
太陽光ベンチャーを倒産に追い込んだ“制度の壁”――急成長企業の未熟さも足かせに
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/13)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(3):
スルガ銀と結託 “情弱”狙った「かぼちゃの馬車」運営会社の「詐欺まがいの手口」
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/9)

年間で過去最多になる可能性も:
人手不足倒産、7月時点で200件超え 「よりよい待遇」求め転職増加か
東京商工リサーチが2019年1月〜7月の人手不足関連倒産の調査結果を発表した。倒産件数は、年間調査で過去最悪を記録した2018年と同じく、7月時点で227件に上った。(2019/8/8)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(2):
晴れの日を曇らせた着物レンタル「はれのひ」元社長の詐欺と粉飾決算――「成人の日に営業停止」の衝撃
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/8)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(1):
格安旅行会社「てるみくらぶ」倒産の裏側に“キックバック依存経営”――多額の粉飾決算、社長らの詐欺
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/7)

販売終了のスクリーントーン「Jトーン」をアイシーが復刻へ 人気投票で上位30種を発売
倒産したジェイの「Jトーン」が復刻発売されます。(2019/8/3)

成人誌が主力の出版取次・日本雑誌販売が破産申請
東京商工リサーチによると、成人誌が主力の出版取次・日本雑誌販売が7月31日、東京地裁に破産を申請した。出版不況などにより、売上高はピーク時の3分の1近くにまで減少。事業継続が困難になり、今年6月、破産手続きを弁護士に依頼していた。(2019/8/1)

子ども服「motherways」運営会社が破産へ 競合激化で不振に
リーズナブルな自社企画商品で知られています。(2019/7/1)

キャンペーンも展開中:
新生Mad Catzが日本で復活を宣言 ヨドバシカメラで先行販売
2017年に倒産した「Mad Catz」が、香港に本拠を置く「Mad Catz Global」として復活を果たし、日本市場に再上陸してきた。6月27日行われた記者発表会の模様をレポートしよう。(2019/7/1)

倒産したAnkiのCEOとそのチーム、Waymoの自動運転トラック部門入り
倒産したかわいいAIロボット「COZMO」のメーカーAnkiの共同創業者、ボリス・ソフマン氏と12人の元従業員が、米Alphabet傘下の自動運転技術企業Waymoに入社した。ソフマン氏はWaymoの自動運転トラック部門の責任者に就任した。(2019/6/28)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
異例のトップ交代、ルネサスは「一歩踏み外せば“即、倒産”」に逆戻りか
成長を期待したいですが……。(2019/6/27)

名作「CROSS CHANNEL」など制作 「フライングシャイン」が破産
近年は事業を縮小していたとのこと。(2019/6/26)

アダルトゲーム「CROSS CHANNEL」制作のフライングシャインが破産
「CROSS CHANNEL」などで知られるアダルトゲーム制作会社「フライングシャイン」がこのほど、東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。(2019/6/26)

観客動員の伸び悩みが原因:
上川隆也が所属していた劇団「演劇集団キャラメルボックス」の運営会社が破産開始決定、負債総額5億2071万円
上川隆也さんが所属していた劇団「演劇集団キャラメルボックス」の運営会社ネビュラプロジェクト(東京都中野区)が6月19日、東京地裁から破産開始決定を受けた(2019/6/25)

自作PCパーツの商社「マスタードシード」が破産
販売量が鈍化していたとのこと。(2019/6/13)

人気劇団「キャラメルボックス」運営会社が破産申し立てへ 突然の活動休止発表
突然の活動休止を発表していました。(2019/6/4)

アパレルブランド「J.FERRY」運営会社が民事再生を申請
ドラマなどに衣装を提供していることでも知られています。(2019/5/30)

アクセサリー、ジュエリー販売の「レモンツリー」が破産 
近年は店舗数が大幅に減っていたとのこと。(2019/5/28)

本気で社員を幸せにする会社:
「好きな日に働き、嫌いな仕事はやらなくていい」――“自由すぎるエビ工場”が破綻しない理由
「好きな日に連絡なしで出勤・欠勤できる」「嫌いな作業はやらなくてよい」――工場のパート従業員にそんなユニークなルールを導入したところ、働く人の熟練度や連携が向上し、仕事の効率や品質が向上、採用や教育のコスト低減も実現したというパプアニューギニア海産。その秘訣とは?(2019/5/27)

「逃げ恥」「三匹のおっさん」など人気ドラマ制作のイメージフィールドが民事再生申し立て
数々の人気ドラマを手がける映像制作会社が民事再生。(2019/5/16)

「会社ほぼ倒産で即日解雇」元スタッフの投稿が話題になった「アルフリードゲームス」破産
「給与未払いのまま即日解雇になった」といった投稿が相次いでいました。(2019/5/15)

「即日解雇された」と複数の社員がTwitter投稿したゲーム会社・アルフリードゲームスが破産
ソーシャルゲームメーカーのアルフリードゲームスが破産。今年2月下旬、同社の複数の従業員が、社名を伏せた上で「社員全員が即日解雇された」とTwitterに投稿し、話題になっていた。(2019/5/15)

かわいいAIロボット「COZMO」のAnki、倒産か──Recode報道
AI搭載で表情豊かな小型ロボット「COZMO」で知られる米Ankiが全従業員を解雇し、廃業すると米Recodeが報じた。COZMOは成功していたが、資金調達で投資家と合意できなかったとしている。(2019/4/30)

平成の上場企業倒産、負債額ランキング 最大は1兆6000億円の総合スーパー
「平成は上場企業の『不倒神話』が崩れ去った時代」。(2019/4/30)

オープンソースとクラウドプロバイダー(後編)
Redis Labsの2度のライセンス変更はフリーライドを防げるか
クラウドプロバイダーがオープンソースベースのサービスを展開すると、開発企業のサポートビジネスは破綻する。オープンソースビジネスは転換点を迎えているのかもしれない。(2019/4/24)

全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」開発元破産 赤字続きで発売に至らず
全自動で洗濯物を畳むロボット「ランドロイド」の開発会社が破産手続きを開始した。負債額は22億5000万円。(2019/4/23)

全自動衣類折り畳み洗濯機「ランドロイド」開発企業が倒産 開発費負担が重く
人類の夢でしたが……。(2019/4/23)

「凍天」で知られる福島県の「木乃幡」が自己破産へ 震災・原発事故で苦境、東電の補償はわずか……「苦渋の決断」
「実損8億円に対して、東電の和解額は1600万円」だったとのことです。(2019/4/22)

PR:売上が伸びても「成長できない」のはなぜ? 会社のお金が見える「キャッシュフロー」の考え方
売上も利益も順調に伸びているはずなのに、支払いや投資の資金がない……。“黒字倒産”の危機が迫る前に、頭に入れておかなければならないのが「キャッシュフロー」だ。どのように経営に役立てればいいのだろうか。(2019/4/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。