ニュース
» 2010年09月09日 20時09分 UPDATE

総務省、「光の道」パブコメ提出者の名前を誤って公開

「光の道」構想に関するパブリックコメント提出者の名前を総務省が誤って公開。Webサイトで謝罪した。

[ITmedia]

 総務省は9月9日、8日にWebサイトで公開した「光の道」構想に関するパブリックコメントをまとめたPDFファイルに、提出者535人(法人1件含む)の名前が含まれていたとし、Webサイトで謝罪した。現在はファイルごと削除している。

 「『光の道』構想に関する再意見募集の結果」(8日午後2時公開)というページからリンクを張っていた、提出意見をまとめた2種類のPDFファイルで、閲覧ソフトの「しおり」機能を使うと、提出者名が見える状態になっていた。

 8日午後7時半ごろに、外部からの問い合わせで発覚し、すぐにファイルから名前を削除。その後、ファイルそのものを削除した。9日に経緯をWebサイトで報告。関係者に報告・謝罪を行っているという。

 今後は、公開する文書に個人情報が含まれていないかを再確認するなど、「厳重かつ適正な管理を徹底する」としている。

 光の道構想は、2015年までに国内の4900万世帯にブロードバンドを普及させるというアイデアで、原口一博総務大臣が提唱している。

関連キーワード

総務省 | 謝罪 | パブリックコメント


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -