ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「パブリックコメント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パブリックコメント」に関する情報が集まったページです。

石川温のスマホ業界新聞:
総務省が「モバイル市場の検討会」パブリックコメントを公開――国民の意見は総務省にとって単なる「校正作業」なのか
総務省の「モバイル市場の競争環境に関する研究会」と「ICTサービス安心・安全研究会 消費者保護ルールの検証に関するワーキンググループ」がまとめた「緊急提言案」に対するパブリックコメントが公表された。販売代理店からの悲痛な叫びなど、中には注目すべきコメントもあったが、総務省としては右から左に受け流しておしまいにするという姿勢のようだ。(2019/1/25)

製造マネジメントニュース:
経産省など、プラットフォーマー型ビジネスに関するパブコメを募集
経済産業省、公正取引委員会および総務省は「デジタル・プラットフォーマーを巡る取引環境整備に関する検討会」が取りまとめた中間論点整理(案)を公表した。同論点整理についての意見を、パブリックコメントを通して広く募集する。(2018/12/4)

総務省が「モバイルサービス・端末」と「MNP」のガイドライン改定案を公表 意見募集中
総務省が「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」「電気通信事業法の消費者保護ルールに関するガイドライン」「携帯電話・PHSの番号ポータビリティの実施に関するガイドライン」の改定案を公表。これに伴い、6月7日から各案について意見(パブリックコメント)を募集している。(2018/6/7)

プールへの飛び込みが禁止に? 高校の学習指導要領の改定案が公表される
3月15日までパブリックコメントを受付中。(2018/2/19)

総務省、ドローン撮影映像のネット公開ガイドライン案公開 意見募集
総務省は、ドローンで撮影した映像のネット上での取り扱いに関するガイドライン案を公開した。7月29日までパブリックコメントを募集する。(2015/6/29)

ドローン:
違法投棄の車をドローンで追跡、映像を公開したらどうなる? パブコメ募集
総務省がドローンで撮影した映像について、個人情報保護やネットでの公開に関したガイドライン案を公開した。「社会意義あるドローンの利用促進」を目指し、意見を募集する。(2015/6/29)

「パーソナルデータ」の利活用に何が必要か?
2015年に予定される個人情報保護法改正に関連して、政府では「パーソナルデータ」の利活用に向けた制度の整備が検討されている。6月に示された大綱での課題などについて、「パーソナルデータに関する検討会技術検討WG」メンバーでパブリックコメントを提出した日本HPに話を聞いた。(2014/7/28)

風営法クラブ規制、警察庁がパブリックコメント募集
クラブをめぐる風営法の規制緩和について警察庁がパブリックコメントを受け付けている。(2014/7/25)

法制度・規制:
スマートではない「エネルギー基本計画」、抽象的な内容で指針にならず
昨年末から2回目の修正を加えた「エネルギー基本計画」の原案が公表された。国民から寄せられた1万9000件にのぼるパブリックコメントを反映させたはずだが、当初の内容から大きな変更点はなく、原子力の位置づけを少し抑えた程度である。冒頭に掲げた真摯で崇高な宣言文だけが目を引く。(2014/2/26)

PHSにも番号ポータビリティ 来年10月に実現へ
携帯電話とPHS間の番号ポータビリティ実現に向けた省令改正案に対するパブリックコメントの募集を総務省が始めた。(2013/10/3)

周波数オークション、業界の反応さまざま
電波の帯域を競売によって事業者に割り当てる「周波数オークション」。総務省は導入検討のためにパブリックコメントを募集し、結果を紹介した。オークションの対象帯域に関して業界の意見はさまざまだ。(2011/5/11)

総務省、「光の道」パブコメ提出者の名前を誤って公開
「光の道」構想に関するパブリックコメント提出者の名前を総務省が誤って公開。Webサイトで謝罪した。(2010/9/9)

B-CAS見直し案、パブリックコメント募集スタート
B-CAS方式の見直し議論について、パブリックコメントの募集が始まった。(2009/7/13)

トップレベルドメインに「.日本」導入へ パブリックコメント募集
トップレベルドメイン(TLD)に、「.日本」が加わる見通しだ。情報通信審議会が報告書をまとめた。(2009/4/30)

補償金「文化庁に調整能力なし」「メーカーと権利者が直接取引を」 MIAUが意見
「補償金の規定を著作権法から外し、家電メーカーと権利者との契約上の取引にすべき」――MIAUがBD課金について文化庁に提出したパブリックコメントを公表した。(2009/3/10)

医薬品の通信販売規制、97%が「反対」意見――パブコメ結果
医薬品の通信販売規制について厚労省が募集したパブリックコメントで、寄せられた意見のうち97%が反対意見だったという。(2009/2/13)

BDへの補償金課金、パブリックコメント募集スタート
文化庁は、Blu-ray DiscとBDレコーダーに対する私的録画補償金の課金を盛り込んだ著作権法施行例の改正案を公開し、パブリックコメントの募集を始めた。(2009/2/3)

著作権保護期間延長「十分な合意得られず」 パブリックコメント募集へ
著作権保護期間の延長問題について、文化審議会の小委員会で結論が先送りに。パブリックコメントを募った上で議論を続ける。(2008/9/19)

「ダウンロード違法化」で606ページ 私的録音録画小委員会パブリックコメント公表
「私的録音録画小委員会」の「中間整理」に対するパブリックコメントが公表された。「違法録画・録音物のダウンロード違法化」に関する意見が606ページにわたってまとめられている。(2007/12/28)

私的録音録画小委員会:
反対意見多数でも「ダウンロード違法化」のなぜ
パブリックコメントでは大量の反対意見が寄せられた「違法コンテンツのダウンロード違法化」。それを踏まえてなお、「違法化は不可避」という方向で議論がまとまったのはなぜか。(2007/12/18)

私的録音録画小委員会:
「ダウンロード違法化」に反対意見集まるが…… 埋まらぬ「権利者」vs.「ユーザー」の溝
「違法サイトからのダウンロードは違法とすべきか」「補償金は必要なのか」――7500件も集まったパブリックコメントをベースに、小委員会で議論があった。ユーザーと権利者の深い溝は埋まらないが、一部で発展的な議論もあった。(2007/11/28)

補償金問題、パブコメで状況打開を――JEITAが呼びかけ
私的録音録画補償金問題について、抜本的な見直しを迫るJEITAが「パブコメでどれだけ意見が集まるかがカギ」とコメント。(2007/10/30)

ネットユーザー団体「MIAU」設立 まず「ダウンロード違法化」反対へ
ネットユーザーの声を集約し、政策提言などを行う団体が設立された。まずは「ダウンロード違法化」に反対するパブリックコメントを提出。「ダビング10」「著作権保護期間延長」についても、反対意見を訴えていく。(2007/10/18)

「ダウンロード違法化」「iPod課金」──録音録画補償金問題、意見募集始まる
違法サイトからダウンロードを違法とするかどうかや、私的録音録画補償金制度の必要性などを検討してきた委員会の「中間整理」について、パブリックコメントの募集が始まった。(2007/10/16)

“2.5GHz帯でWiMAX”は諦めない──KDDIの小野寺社長
KDDIの小野寺社長が定例会見で、総務省の2.5GHz帯割当方針案に対する考えを述べた。パブリックコメントで自社の考えを伝えるとともに、単独でWiMAXを展開できなかった場合に備えて準備も進めているという。(2007/6/13)

2.5GHz帯、既存の3Gキャリアには割り当てない方針──総務省
総務省が、2.5GHz帯の割り当てに関する方針案を発表し、パブリックコメントの募集を開始した。基本的には3Gを展開する通信キャリアには割り当てない方針だが、関与の余地も残された。(2007/5/15)

「人は石垣、人は城」となるか? 情報セキュリティ人材育成の方策案公開
政府の人材育成・資格制度体系化専門委員会は、情報セキュリティに関する人材育成に向けた方策案を公開。パブリックコメントの受け付けを開始した。(2006/11/30)

Googleが総務省に意見書、「インフラただ乗り論」に反論
「ネット企業からインフラ使用料を徴収するのはおかしい」――米Googleが、日本の総務省に対してパブリックコメントを提出し、「インフラただ乗り論」に反論した。(2006/5/19)

NISC、政府のセキュリティ対策統一基準に対するパブリックコメントを募集
内閣官房情報セキュリティセンター、12月をめどに策定予定の政府セキュリティ対策統一基準に追加すべき項目の案を公開し、パブリックコメントの募集を開始した。(2005/10/17)

「iPod課金」――実現したら1台あたり400円プラス?
法制問題小委員会が開催され、パブリックコメントの締め切りも迫る中間報告書についての議論が行われた。今回提出された資料の試算によれば、iPod課金は実現すれば400円強の上乗せになる可能性がある。(2005/9/30)

iPod課金へもの申す――パブコメ募集開始
文化庁は「iPod課金」などの問題について議論してきた文化審議会著作権分科会 法制問題小委員会から「審議の経過」が提出されたことを受け、パブリックコメントの募集を開始した。提出期限は10月7日。(2005/9/9)

孫社長「何のためのパブリックコメントか」
ソフトバンクの決算説明会で、孫正義社長が携帯電話の新規参入についてコメントした。今後の対応は明かしていない。(2005/2/9)

企業の疑問に答える? 経産省が個人情報保護法についての「ガイドライン」公表
個人情報保護法の完全施行に向け、企業側は具体的にどんな対応を取ればいいのか――経済産業省が各省庁に先駆け、その疑問に答えるガイドラインを公表し、パブリックコメントの募集を開始した。(2004/6/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。