ニュース
» 2010年09月16日 07時00分 UPDATE

エアネット、仮想化技術活用のプライベートクラウドサービス

エアネットが仮想化技術を活用した「AIRプライベートクラウド」を開始。運用管理とセットにしたフルマネージド型サービスで、、専用サーバとの連携も可能だ。

[ITmedia]

 エアネットは9月15日、仮想化技術を活用した「AIRプライベートクラウド」サービスの提供を始めたと発表した。

photo システム構成例

 顧客専用の仮想化サーバ環境を同社管理のデータセンター内に構築。24時間365日の監視や障害対応などの運用サービスとセットにしたフルマネージド型のプライベートクラウドサービスとして提供する。

 導入前の構成提案から構築、設定、導入後の運用まで対応するため、既存サーバ環境の統合によるコスト削減や、運用管理に必要な手間の削減といったメリットがあるとしている。

 また仮想化サーバと専用サーバとの連携にも対応。低負荷のWebサーバは仮想化、高負荷のデータベースは専用サーバで──といった柔軟な運用も可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -