ニュース
» 2010年09月21日 22時33分 UPDATE

Twitterの脆弱性突くコードが拡散 Webブラウザでのアクセス自粛呼び掛け

Twitterの脆弱性を突いたコードが急速に拡散し、意図しないツイートをしてしまうケースなどが多発。当面、WebブラウザからTwitterにアクセスしないなどの対策が必要だ。

[ITmedia]

21日23:10追記

Twitter公式ブログが脆弱性の修正を報告(英文)。だが全Twitterサーバに修正が反映されるまで時間がかかる可能性もあるため、当分は要注意。


 Twitterの脆弱性を使ったコードが急速に拡散し、意図しないツイートをしてしまうケースなどが多発している。当面の対策として、WebブラウザからTwitter公式ホーム画面にアクセスしないなどの対策をセキュリティーソフト会社やユーザー有志が呼び掛けている。

 Kaspersky Labのブログによると、Twitterに存在するクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が原因。ツイートにスクリプトを埋め込んだり、外部サイトからスクリプトを呼び出すなどしてユーザーに実行させることが可能になっている。ユーザーにツイートを連鎖させるコードも出回っており、急速に広がっているもようだ。

 コードによっては、ログイン状態でWebブラウザからTwitterにアクセスしてコードを表示させただけで自動的に実行されてしまうものもあるため、(1)ログアウトする、(2)WebブラウザのJavaScriptを無効にする、(3)WebブラウザでTwitter公式ホーム画面にアクセスしない(安全が確認されているTwitterクライアントソフトを使う)──といった対策が必要。Twitterが公式に脆弱性を修正したとアナウンスするまでは要警戒だ。

関連キーワード

Twitter | 脆弱性 | XSS | JavaScript


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -