ニュース
» 2010年10月01日 15時58分 UPDATE

Microsoft、「Windows Live Essentials 2011」をリリース

Windows Live Messengerやフォトギャラリー、Live Meshなどの無料サービスをパッケージにしたサービススイート「Windows Live Essentials 2011」がWindows Vista SP2以上のユーザー向けに公開された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは9月30日(現地時間)、オンラインサービススイートの最新版「Windows Live Essentials 2011」を公開したと発表した。日本語を含む48カ国語版がWindows Liveのページからダウンロードできる。対応するOSはWindows 7、Windows Vista SP2、Windows Server 2008 SP2、Windows Server 2008 R2で、Windows XPにはインストールできない(旧版がダウンロード可能)。

 Windows Live Essentials 2011は、Messenger、フォトギャラリー、ムービーメーカー、メール、ブログツールのWriter、ファミリーセーフティ、Windows Live Mesh、Messenger Companion、Bingバー、Outlook Connector Pack、Microsoft Sliverlightで構成されている。

 正式版では、6月に公開したβ版に対するフィードバックに基づいて、バグの95%を解決したほか、幾つかの新機能を追加したという。例えばフォトギャラリーでは、フィルターをかける前にマウスを置くだけで効果をプレビューできるようになり、Bing Mapsとの統合でギャラリー内の写真を撮影した場所のロケーションタグを追加できる。Messengerの起動やアニメーション表示が速くなり、ビデオチャットでGPUを利用することでCPU負荷が従来より30%減ったという。

messenger FacebookやMySpaceのアクティビティも一覧できるMessengerの画面

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -