ニュース
» 2010年10月12日 17時57分 UPDATE

格安デジタル家電販売のダイナコネクティブ、自己破産へ

4750円の地デジチューナーなど、格安デジタル家電で知られたダイナコネクティブが自己破産申し立てへ。

[ITmedia]

 帝国データバンクによると、格安の液晶テレビや地デジチューナーなどの販売で知られたダイナコネクティブが10月12日、東京地裁への自己破産申請の準備に入った。負債は約73億8000万円。

 2002年設立の映像機器メーカー。当初は海外製品の輸入を手がけていたが、2004年から自社ブランド「Dawin」などによる製品販売も展開。台湾、中国、韓国の協力工場で製造した低価格な液晶テレビなどで知られ、西友が昨年9月、同社製の4750円の地デジチューナーを発売して話題に。2008年5月期の売上高は約151億3000万円に上っていた。

 だが昨年8月からイオン各店舗で販売した18.5型液晶テレビの一部で、電源ボードに使用した部品に不具合品が混入して発煙する問題が発覚。返品が相次ぎ、資金繰りが急速に悪化していたという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -