ニュース
» 2010年10月15日 14時57分 UPDATE

Opera、「Opera 11」での拡張機能対応と「Opera Mobile for Android」を発表

次期版Operaでは拡張機能が利用できるようになり、Android版Opera Mobileはピンチ&ズームとハードウェアアクセラレーションに対応する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ノルウェーのOperaは10月14日、次期Webブラウザ「Opera 11」が拡張機能に対応すると発表した。Opera 11のα版は、間もなく特設サイトで公開するという。

 Operaの拡張機能は、先行するMozillaのFirefoxや米GoogleのChrome向けのものと同様の機能を持つ。開発者は、HTML5、CSS、JavaScriptおよび同日公開されたAPIを使って拡張機能を開発できる。また、ほかのWebブラウザ向けに作成された拡張機能を極力簡単にインポートできるよう設計したとしている。

 Operaは同日、「Opera Mobile for Android」のβ版を1カ月以内にリリースすることも発表した。ピンチ&ズームとハードウェアアクセラレーション機能が搭載される。従来のモバイル版Opera(Opera MobileおよびOpera Mini)では、画面を2段階でしか拡大できなかった。

 Operaのモバイル版には、Operaのサーバでレンダリングし、コンテンツダウンロード前に圧縮する低スペック端末向け「Mini」と、レンダリングエンジン「Opera Presto」を搭載する「Mobile」の2種類あり、 Android向けには既に「Opera Mini 5.1」がリリースされている。

 Opera Mobile for Androidは向こう1カ月以内にオペラのサイトおよびAndroid Marketからダウンロードできるようになる見込みだ。

 Android向けのWebブラウザとしては、標準のブラウザのほかにMozillaがFirefox 4のβ版をリリースしている

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -