ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2010年10月22日 07時46分 UPDATE

「Microsoft Windows 7」が1周年 累計2億4000万本販売

2009年10月21日にコンシューマー向けに発売された「Windows 7」は、累計で2億4000万本売れた。シェア60%のXPにはまだ届かないが、着実に伸びている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftの「Windows 7」が10月22日(現地時間)で発売1周年を迎える。Microsoftの21日の発表によると、同OSのライセンス販売数は、2億4000万本以上になるという。7月の業績発表時から約3カ月で6500万本売れたことになる。

 Windows 7は2009年9月1日に企業向けに、10月22日に一般向けに発売された。Microsoftによると、これまでの同社のOSの中で最速のペースで売れているという。米Net Applicationsによると、世界のOS市場における9月のWindows 7のシェアは17%。依然としてシェア60%のWindows XPには届かないが、Windows Vista(13%)は上回った。現在世界には12億台のWindows搭載PCが存在し、9月時点でのコンシューマー向けPCの93%はWindows 7を搭載している。

 Microsoftは今後、企業ユーザーによるWindows 7へのアップデートを促進していくとしている。米Computer Economicsの調査によると、2010年初頭の時点で米企業の約3割が同OSへのアップデート予算を計上しているという。いまだに多くの企業が利用しているWindows XPのサポートは、2014年に打ち切られる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

Windows 7 | Microsoft | Windows XP | Windows Vista


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.