ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2010年10月27日 11時01分 UPDATE

電子書籍リーダー「NOOK」にカラーモデル登場

NOOKのカラー版「NOOKcolor」は電子ペーパーではなく、iPadと同じIPS液晶を使ったフルカラーのタッチスクリーンを搭載している。

[ITmedia]

 米大手書店Barnes & Nobleは10月26日、電子書籍リーダーNOOKの新モデル「NOOKcolor」を発表した。フルカラーのタッチスクリーン搭載で、249ドル。11月19日に発売する。

ah_nook.jpg

 オリジナルのNOOKはモノクロ電子ペーパーディスプレイと小さなカラーディスプレイを搭載しているが、NOOKcolorは「VividView」という7インチのタッチ対応IPS液晶ディスプレイを搭載する。約6000冊の電子書籍を保存できる8Gバイトのストレージ、microSDカードスロット、Wi-Fiを備え、サイズは20.6×12.7×1.2センチ、重さは448グラム。

 NOOKと同様に、電子書籍の貸し借りができる「LendMe」機能や実店舗内で電子書籍を立ち読みできる「Read In Store」機能のほか、FacebookやTwitter、電子メールで簡単に友人と電子書籍を共有できる「NOOKfriends」機能も備える。Microsoft Officeファイルの閲覧、パズルや数独などのゲームもできる。MP3、AAC楽曲の再生やWi-Fiを介したPandoraからの音楽ストリーミングで、音楽を聴きながらの読書も可能だ。

 また11月にはNOOKのファームウェアをアップデートし、NOOKアプリ搭載端末やNOOKcolorとの同期、パスワード保護などを加え、検索機能の改善などを図る予定だ。

 Barnes & NobleはNOOKcolor発表にあわせ、電子書籍ストアに新聞や雑誌などの定期刊行物を購入できる「NOOKnewsstand」セクションと、子供向けの絵本などを扱う「NOOK kids」セクションも設けた。サードパーティーがNOOKcolor向けのコンテンツやアプリケーションを販売できる「NOOKdeveloper」プログラムも立ち上げた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.