ニュース
» 2010年11月04日 16時38分 UPDATE

ソフトバンク、電子書籍ストアを開設へ 開始時に大手出版社から10万点以上

ソフトバンクモバイルが「ソフトバンク ブックストア」で電子書籍を販売。講談社、集英社、小学館、角川書店などがコンテンツを提供し、人気コミックも配信されるようだ。

[ITmedia]
photo 発表会のスライドでは「ONE PIECE」や吉川英治の「宮本武蔵」が

 ソフトバンクモバイルは11月4日、電子書籍ストア「ソフトバンク ブックストア」を12月上旬以降開設すると発表した。講談社、集英社、小学館、角川書店などがコンテンツ提供を予定し、開始時に人気コミックなど10万点以上をそろえるという。

 シャープのAndroid端末「GALAPAGOS 003SH」「GALAPAGOS 005SH」に専用アプリがプリインストールされ、003SH発売に合わせてオープンする。対応機種は今後拡大し、デルのAndroidタブレット「STREAK 001DL」も対応を予定している。

 コンテンツの詳細は明らかにしていないが、ニュースリリースと発表会資料では「ONE PIECE」「NARUTO」「のだめカンタービレ」「ああっ女神さまっ」「沈黙の艦隊」といった人気コミックがイメージ画像に掲載されている。

photo ニュースリリースより

 電子書籍の購入代金は、毎月の携帯電話料金とまとめて支払う形のため、クレジットカード番号の登録などは不要で利用できるとしている。ただ、購入可能額に制限が設けられており、ソフトバンク携帯加入日から3カ月以内のユーザーは月額3000円まで、3カ月超のユーザーは月額1万円までになっている。

 NTTドコモは大日本印刷と、KDDIは凸版印刷らと提携してストアを運営する計画。ソフトバンクモバイルの孫正義社長は同日の発表会で、電子書籍ストアの運営について「提携の検討は水面下では進めているが、発表したもの以外はコメントできない」とした上で、「(コンテンツ数の)『10万点以上』という数は目標ではなく、確定だ。ソフトバンクの意気込みだ」と話した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -