ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2010年11月24日 17時35分 UPDATE

Opera 11β公開 タブをまとめる「タブスタッキング」導入

Opera 11では、複数のタブをグループ化できるタブスタッキングや拡張機能サポートなどの新機能が加わっている。

[ITmedia]

 Opera Softwareは11月23日、「Opera 11」のβ版をリリースした。「タブスタッキング」などの新機能を導入している。

 タブスタッキングは、複数のタブをグループ化できる機能。1つのタブをほかのタブにドラッグするだけでグループ化でき、グループ化されたタブはスタックされて(縦に重ねて)表示される。タブスタックにカーソルを当てると、グループ内のタブをプレビューできる。多数のタブを開いてタブバーが雑然とした場合に、この機能を使ってタブを整理できる。

ah_opera1.jpg

 さらにOpera 11は拡張機能(アドオン)に対応。α版の公開以来、50万の拡張機能がダウンロードされているという。そのほか、マウスの軌跡をハイライト表示してマウスジェスチャーを分かりやすくする「ビジュアルマウスジェスチャー」、HTML5サポート強化なども盛り込んでいる。またアドレスバーでは、不要な情報を非表示にしてどのページにアクセスしているのか分かりやすくし、サイトの安全度を示す「バッジ」を表示する。

 Windows版Opera 11βはOperaのサイトからダウンロードできる。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.